好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

★山下勝弘

シャモニ周辺の山

6月末から7月初めまでシャモニ周辺の山へ行ってました。ヨーロッパも今夏暑いです。しかし4000m近辺は悪天だと雪降りますが。 標高の高い山は氷河があるので、単独行はありえなく、クレバスに落ちた時救助できるようにロープを繋いで歩きます。 底が見えない…

好日山荘 2017年度前期 私の担当分机上講義

担当分終了しました。受講していただいた方、ありがとうございました。 これは「地図と天気を学ぼう」ですが、主に地図に特化した時の講座です。やはり皆さん興味あるのは「読図」、「ロープワーク」系のようです。あとターゲットを絞った内容「○○を登るため…

週末の西穂高岳登頂

土日共雨予報なので、駐車場や小屋は空いていてのんびりで過ごせましたが。 これからの時期、前線の微妙な位置により天気予報は変わるので、 日曜日は5時起きで準備しましたが、やはり雨の為丸山までで終了しました。 どこもそうですが今年の山は積雪多いで…

冬後半

11月になると長い冬が始まるな、と思いますが、 3月になるとあっという間に過ぎた、と毎年感じます。勿論まだ冬は終わってないですけどね。これからは晴れた昼は春、一旦荒れたら真冬です。 写真は3/12の鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳(左から) 私の冬のガイ…

登山学校実践編 八ヶ岳 赤岳-阿弥陀岳-御小屋尾根下降

時期的には厳冬期真っ只中。 美濃戸口から行者小屋手前まで道は氷結してツルツルでした 近年の冬は寒暖差が激しく、雨が降って溶けて凍ったり、こんなことに。 以前まで冬は安定して冷えていたので雪だけでした。 こんな時チェーンアイゼンが役立ちます。 意…

好日山荘登山学校「雪山ギアの使い方と歩行技術」 

14日は谷川岳。大雪で深雪、ラッセルがメインとなりました。 深い所は胸まで。 自分で道を開拓する樂しみ、雪山の真髄です。 谷川岳の雪は湿気ってるんです。 15日は北八ヶ岳北横岳。こちらは雪少ないのでアイゼンが良く効きました。 寒波で寒い! 帰り少し…

あけましておめでとうございます。

まだ北・南アルプス、八ヶ岳は雪少なめで 冷え込んだ日があまり続きません。 急に気温が上がる日もあったので、 稜線等は一部氷結してかなり固い部分があります。 年末は槍ヶ岳、年始はアイスクライミングに出かけてきました。 通常は雪崩で危険ですが、状況…

2016年12月 八ヶ岳

(2016/12/19の赤岳、中岳、阿弥陀岳) 2000mあたりまでは雪ないですが、稜線2300m位から急激に増えます。 この3連休は高い山は天気荒れそうです。大雪の後の雪崩も怖いです。 冬山は一瞬で様相が変わるので、悩んだら止めておいた方がいいです。

2016年12月5日の南八ヶ岳西面

赤岳鉱泉から稜線に上がってきました。 11月の大雪とその後2-3回程雪が降り、完全な冬山になりました。美濃戸口は雪はほとんどないですが、2000m近辺から急に増えます。 前刃のある鉄爪カンジキ(クランポン)、氷斧(アイスアックス)、 冬靴が必携です。 …

机上講義「雪山ギアの使い方と歩行技術」

先週本年最後の講義行ってきました。 言葉と写真での説明だと難しそうになりますが、実際に山で実習すると理解しやすいと思います。 2017/1/14(土)谷川岳(登頂はしません)2017/1/15(日) 北八ヶ岳 横岳で実技講習します。 これは2016年4月西穂高岳登頂の初…

南でクライミング

11月になると信州はかなり寒くなります。 こんな時は南の方へクライミング、標高の低い山が適です。11月は香川県小豆島、高知県大堂海岸、三重県楯ケ崎 と暖かい所へクライミングに行って来ました。 全てクラック(岩の割れ目)クライミングです。気温は松本…

読図実践と危急時対策実践

先週末は丹沢大山にて読図山行、湘南鷹取山にて危急時対策の実技講習を行ってきました。 ■ 丹沢大山 読図山行 土曜日は雨でしたが、それほど降らずなんと催行できました。基本の「等高線を読む」、「コンパス1-2-3」で地形、道を確認しながら登頂しました。 …

今年も素晴らしい紅葉に会えました

秋の錫杖岳のクライミングは紅葉が綺麗なんです。 今北アルプスは1500m近辺がピークでしょうか。 山は萌え、やる気も燃えます。 穂高もよく見えます。 年によっては、雪を薄く被っている時もあります。あと少しもすれば白くなるでしょうね。

2016年10月18日の机上講義は

「ロープワーク」と「リスクマネジメント」について講義させていただきました。 ちょっとだけ紹介を。 「ロープワーク」は1.5hという短い時間なので、山で役に立つだろう思われる4種類くらいを練習しました。皆さん名称でも戸惑われるみたいです。 基本英語…

秋冬服の出番

冷えて来ました。 山も夏向けの服から冬向けの服に変える頃です。 山の道具と共に服も年々進化していて、軽量化、快適さが増してます。 これから私の中で出番が多くなる服のひとつに ・ソフトシェルジャケット フリースだと風を通す、雨具だとゴワゴワして動…

登山学校 机上講習 「地図とコンパスに親しもう I・II」

読図は難しそうだ、と思われていませんか。 雑誌や本だと盛沢山に書かれているのでそれを読むのが大変、理解するのが難しい思われているようです。 私見ですが、全てを完璧に習得する必要はないと思っています。実際ガイド達も必要最小限で活動しています。 …

私の山食2

日清のカレーメシ(左)。電子レンジまたは煮込み用なんですが、 熱湯で5分位煮れば(山では3分煮て3分蒸す)食べられます。そこそこ美味しく値段も手頃なので山に重宝してます。 今夏お湯で作れるカレーメシ(右)が新発売となったみたいです。山に持って行…

ヨセミテ国立公園

アメリカのカリフォルニア州にある国立公園です。 クラッククライミング、ビッグウオールクライミングの聖地です。 シルバーウイークを挟んで行ってきました。 世界で一番大きい花崗岩の塊エルキャピタン。 造形が素晴らしいハーフドーム。 基本毎日晴れでク…

山岳書

「黒部の山賊」と「源流の記憶」前者は以前読んではいましたが、「源流の記憶」と一緒に蔵書に加えました。山の本は絶版になりやすいので、あるうちに購入しないと。 それにしても北アルプス開拓時の山小屋を作った人々の話は凄いです。100Kgを担ぐとか、今…

私の山食

山での長い生活なら食事は楽しみであり重要ですが、1-4泊程度なら軽量化、好み、我慢で簡素化できます。 ■ 夜の例として・3分パスタとパスタソース燃料節約の為パスタは沸騰したら蒸します。 ・アルファ米+ドライフーズドライフーズは量が少ないので2つ(親…

北穂高岳 滝谷出合からのクライミング

有名な北穂高高岳 滝谷は一般的には稜線から下降して岩場に取り付きますが、 末端である沢の出合から登ると、より困難さと面白さがあります。 滝、雪渓、ガレ場を弱点をついて越えていきます。 この滝の上には50mの滑滝が待ち構えてます。 アイゼン、ピッケ…

立山室堂-新穂高縦走

北アルプスで人気コースのひとつ室堂〜薬師岳〜雲ノ平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高をテント泊で縦走してきました。 毎日素晴らしい景色を眺めながらの歩きと、水が豊富幕営場で日本の夏縦走満喫しました。 五色ケ原からの獅子岳の夕暮れ。 アップダ…

ロシア エルブルス山(5,642m)

へガイドで行ってきました。 一応七大陸最高峰の一つで、ヨーロッパ大陸の最高峰とされています。緩傾斜の長い登りなので困難さはないです。日焼け対策、高度順化、食生活ができれば比較的登りやすい山です。 初めてのロシアなので、少しだけロシアの土地、…

下山後の楽しみ

山から下山した後は、お気に入り・定番へ行くことが多いですね。 例えば私の一例として 夏穂高 ・徳沢園のソフトクリーム(横尾から下山の場合)・竜島温泉のお風呂 夏劔・薬師の湯のお風呂・松本 麓庵かつ玄のとんかつ これは廻り目平でのクライミングの後、…

6月初めの劔岳

劔沢〜八ツ峰下〜上〜劔岳〜劔沢を周回して来ました。 雪は例年よりかなり少ないですが、それでもさすが劔です。 沢筋や稜線の日陰にはたっぷりと残っています。 まだまだこちらはピッケル、アイゼンが必須です。 登攀日は雪も降り寒い1日となりました。 別…

この時期いやされる花

加藤ガイドのように綺麗に撮れませんが、 今瑞牆山方面は じゃくなげ ツツジが満開です。 クライミングのアプローチ途中に出会うと癒されます。

GWからの北アルプス

日本の山のいい時期の一つ。 そんな一コマ。 小さいですが雪庇。朝早く硬いのでまあ大丈夫です…。 北穂小屋からの定番景色。 小屋前テラスでこの景色を眺めながら飲むコーヒーは格別です。 冬厳しい滝谷も春は少しだけ笑顔を見せます。 北アルプスらしい雄大…

GW前の穂高

上高地から。 例年の1ヶ月先の残雪量です。雪が少なくても急な斜面は急なままです。悪天になると冬に戻ります。天気予報と自分の体力・技術を確認して山へ。 スキーで西穂、前穂周辺滑りましたが。 核心はその前後のブッシュ突破となりました。

契約ガイド企画 西穂高岳その2

詳細は井坂ガイドの記事で。 guide-column.hatenablog.com 初日は少しだけ歩行訓練。 Kカメラマンが撮影した独標直下の我々好日山荘組。

好日山荘企画 赤岳〜硫黄岳縦走

3月最終週末の八ヶ岳は空いていました。 天気もマイルドで無事縦走完です。 八ヶ岳のいいところは360度の展望ですね。富士山にはじまり南・中央・北アルプス、御嶽山、妙高、浅間山と、これだけ沢山見える山はあるのでしょうか。 上は左から北岳、甲斐駒ケ岳…

奥穂高岳(冬山の危険性)

3連休は奥穂高岳に登ってきました。 積雪期は涸沢岳西尾根という尾根沿いのルートからです。 入山日は雨で暖かく、何回か雪崩の轟音が響いてました。 これは蒲田富士の稜線。小さいですが雪庇の縁を歩きます。そして右側の滝谷側は多分前日でしょうね、雪崩…

GPS

スマートフォンのアプリケーションとハンディGPS どちらがいいの?と聞かれますが、私の感じでは ■ スマートフォン長所 画面が大きく見やすい。 電波が入らなてもGPSとして使える。 海外(海外アプリが必要です)でも使用できる。(今回カナダでルート探しで…

雪稜

これからは雪稜のシーズン 気付くと雪庇の上を歩いていること、また歩かなければいけない場合があります。 こつは ・ルートをよく観察すること。 違う方向から覗いてみることもよく行います。 他にルートがとれないか観察します。 色々な山にいくと経験によ…

カナダアイスクライミングツアー

今度は9日間ほど出かけてきました。 カナダのバンフからジャスパーの周辺には巨大な氷の滝が沢山あり、世界中からクライマーがやってきます。 気温は?今年北半球は皆暖かいです。バンフ周辺も同様です。また海が近くにないので降雪量も少なく、乾燥している…

北海道アイスクライミングツアー

に10日間ほど出かけていました。 素晴らしい北の大地の景色、アイスクライミング、食べ物を堪能できました。 網走郊外の海岸からのぞむ知床半島の山々は素晴らしい。積雪期の知床岳や羅臼岳は本州の山とは一味違った経験、景色が味わえそうです。

好日山荘登山学校契約ガイド実践編-わかん歩行と硫黄岳登頂

夏沢鉱泉泊で行ってきました。 この小屋は全てにおいて快適です。お湯、お風呂、湯たんぽ有りと里の宿と変わりない。 ワカン体験、歩行をしたあと、簡単な氷壁登りをやってみました。 来冬は「体験アイスクライミングと登頂」がいいかなあ。 翌日は最強寒波…

今の雪量

今冬は異常高温続きで、寒波も少なく、短いので 積雪量が12月中頃より減っています。 雪山も行きやすいのでしょうか、人多いです。 これは甲斐駒ヶ岳黒戸尾根八合目手前(20160109)。 もちろん今の所なので今後どうなるかわかりません。 山は一瞬で様相が変…

北岳登頂

今冬は積雪少な目で気温も高めですが、 山は一瞬で様相が変わります。やはりいつもとおりの装備、対策が必要です。 ネットの情報や人のトレースは参考になりますが、 山本来の楽しみ(色々な場面や状況に、自分の考えや力で対応していくもの=防御力)を失っ…

雪上歩行

先日銀座店で行った「雪山基礎コース 歩行技術」講座のおまけ(詳細)です。 言葉で説明するとこんな感じになります。 ■ クランポンなしウォーキング(歩く)→ダックウオーク(逆八の字)→ キックステップ(足で蹴って棚を作る)→ステップカッティング(アッ…

11月最終週末の八ヶ岳

前日は結構な雪だったようです。 日曜日の朝鉱泉小屋は-5度、小屋前の積雪は10cmくらい。稜線に行くまで雪が増え、踝から脛くらいまでありました。この時期はまだ根雪ではないのでアイゼンがガツガツ地面にあたり疲れます。 また少ない雪が氷結しているので2…

好日山荘契約ガイドといくバリエーション 「六百山」の巻

「新雪の穂高を見よう!」でした。 新雪は少ないですが、日陰には以外と残ってます。 この時期の雪はとても扱いづらいです。・アイゼンを履かないと滑る。しかし雪の量が少ないのでアイゼンが岩 にぶつかり疲れ、バランスも崩れる。・ピッケルも同様です。手…

秋の北アルプス

山の紅葉が始まっています。 次の連休に3000m近辺の山に行かれる方へ。 朝晩冷えます。しかし晴れた日中は快適気温です。その気温差、乾燥度に対応した装備が必要です。 以下はここ2週間ほど劔岳方面で過ごした装備(テント、小屋)です。 ・防寒着(フリー…

雨対策 ザック編

秋雨前線活躍中です。 ザックのサイズと同じくらいの防水スタッフバックを用意します。 スタッフバッグは裏返しで使うと荷物の出し入れがスムーズになりますし。 このザックは45リットルくらい。スタッフバックは50リットルくらいかな。 (追記) スタッフバ…

スイスの山小屋の紹介

今夏新築オープンしたツエルマット ヘルンリ小屋。 マッターホルン登頂のベースになります。 新築なので古い小屋とは違い、広く設備が違いますが、 とりあえず一例を。 小屋の裏手から4000mの山々を眺めます。 テラスでお茶をしに来る日帰りの人も多いです …

山の楽しみ

スイスアルプスの楽しみは高山だけではありません。 それはハイキング。 ロープウエイやケーブルカーに乗って3000m近辺まであがり。 素晴らしい景色を見ながらゆっくり下山。 ところどころにある山小屋でゆっくりランチとったりティータイム。 こんな看板が…

ツエルマットより

私見ですが日本が暑(寒い)時は北半球も同様に暑(寒い)と感じます。 フランス シャモニ、スイス ツエルマットも同様に暑い夏です。 しかし乾燥しているので、日陰や朝晩は涼しく快適に睡眠できます。 ヨーロッパの高山も暑さの為、雪融けが進み氷や岩の面…

水分補給

今夏は猛暑が続きます。 こんな時重要なのが水分補給で、ハイドレーションの出番です。 手が離せない岩場、頻繁に止まると却って疲れる登山道ではとても有効です。 水を飲みすぎるとか、飲んだ量がわからないと言われますが、水分を十分に取ること、少し余る…

北米ガス事情

6月後半から7月は主にクラッククライミング講習を行ってまして、7月はカナダバンクーバー近くのスコーミッシュという岩場へ行ってきました。 現地ではテント生活です。ここ数年北米もやっとガス缶が入手しやすくなりました。実はガスコンロは日本が一番充実…

好日山荘契約ガイドといくバリエーション 「前穂高岳〜明神岳」の巻

雪のある時期のみ登れるルートで前穂高岳へ。 急な雪面と岩。ロープをつないで確実にもぼります。 明神岳頂上へあと2ー3歩。偶然同じ色の服に同じポーズ!バックは先ほど登った前穂高岳。 この時期ならではのんびりした雰囲気です。 沢の雪を使いスピーディ…

明神岳周辺の紹介 

■ 予告編 明神岳主脈縦走(右から1峰(頂上)、2峰、3峰)2016年の好日山荘山荘ガイド企画候補としましょう。岳沢から奥明神沢をあがり1峰〜5峰を縦走し急な前明神沢を下ります。 明神東稜から継続だと少し岩登りと体力が必要です。 前穂高岳 北尾根から継続…