好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

★山下勝弘

契約ガイド企画 西穂高岳その2

詳細は井坂ガイドの記事で。 guide-column.hatenablog.com 初日は少しだけ歩行訓練。 Kカメラマンが撮影した独標直下の我々好日山荘組。

好日山荘企画 赤岳〜硫黄岳縦走

3月最終週末の八ヶ岳は空いていました。 天気もマイルドで無事縦走完です。 八ヶ岳のいいところは360度の展望ですね。富士山にはじまり南・中央・北アルプス、御嶽山、妙高、浅間山と、これだけ沢山見える山はあるのでしょうか。 上は左から北岳、甲斐駒ケ岳…

奥穂高岳(冬山の危険性)

3連休は奥穂高岳に登ってきました。 積雪期は涸沢岳西尾根という尾根沿いのルートからです。 入山日は雨で暖かく、何回か雪崩の轟音が響いてました。 これは蒲田富士の稜線。小さいですが雪庇の縁を歩きます。そして右側の滝谷側は多分前日でしょうね、雪崩…

GPS

スマートフォンのアプリケーションとハンディGPS どちらがいいの?と聞かれますが、私の感じでは ■ スマートフォン長所 画面が大きく見やすい。 電波が入らなてもGPSとして使える。 海外(海外アプリが必要です)でも使用できる。(今回カナダでルート探しで…

雪稜

これからは雪稜のシーズン 気付くと雪庇の上を歩いていること、また歩かなければいけない場合があります。 こつは ・ルートをよく観察すること。 違う方向から覗いてみることもよく行います。 他にルートがとれないか観察します。 色々な山にいくと経験によ…

カナダアイスクライミングツアー

今度は9日間ほど出かけてきました。 カナダのバンフからジャスパーの周辺には巨大な氷の滝が沢山あり、世界中からクライマーがやってきます。 気温は?今年北半球は皆暖かいです。バンフ周辺も同様です。また海が近くにないので降雪量も少なく、乾燥している…

北海道アイスクライミングツアー

に10日間ほど出かけていました。 素晴らしい北の大地の景色、アイスクライミング、食べ物を堪能できました。 網走郊外の海岸からのぞむ知床半島の山々は素晴らしい。積雪期の知床岳や羅臼岳は本州の山とは一味違った経験、景色が味わえそうです。

好日山荘登山学校契約ガイド実践編-わかん歩行と硫黄岳登頂

夏沢鉱泉泊で行ってきました。 この小屋は全てにおいて快適です。お湯、お風呂、湯たんぽ有りと里の宿と変わりない。 ワカン体験、歩行をしたあと、簡単な氷壁登りをやってみました。 来冬は「体験アイスクライミングと登頂」がいいかなあ。 翌日は最強寒波…

今の雪量

今冬は異常高温続きで、寒波も少なく、短いので 積雪量が12月中頃より減っています。 雪山も行きやすいのでしょうか、人多いです。 これは甲斐駒ヶ岳黒戸尾根八合目手前(20160109)。 もちろん今の所なので今後どうなるかわかりません。 山は一瞬で様相が変…

北岳登頂

今冬は積雪少な目で気温も高めですが、 山は一瞬で様相が変わります。やはりいつもとおりの装備、対策が必要です。 ネットの情報や人のトレースは参考になりますが、 山本来の楽しみ(色々な場面や状況に、自分の考えや力で対応していくもの=防御力)を失っ…

雪上歩行

先日銀座店で行った「雪山基礎コース 歩行技術」講座のおまけ(詳細)です。 言葉で説明するとこんな感じになります。 ■ クランポンなしウォーキング(歩く)→ダックウオーク(逆八の字)→ キックステップ(足で蹴って棚を作る)→ステップカッティング(アッ…

11月最終週末の八ヶ岳

前日は結構な雪だったようです。 日曜日の朝鉱泉小屋は-5度、小屋前の積雪は10cmくらい。稜線に行くまで雪が増え、踝から脛くらいまでありました。この時期はまだ根雪ではないのでアイゼンがガツガツ地面にあたり疲れます。 また少ない雪が氷結しているので2…

好日山荘契約ガイドといくバリエーション 「六百山」の巻

「新雪の穂高を見よう!」でした。 新雪は少ないですが、日陰には以外と残ってます。 この時期の雪はとても扱いづらいです。・アイゼンを履かないと滑る。しかし雪の量が少ないのでアイゼンが岩 にぶつかり疲れ、バランスも崩れる。・ピッケルも同様です。手…

秋の北アルプス

山の紅葉が始まっています。 次の連休に3000m近辺の山に行かれる方へ。 朝晩冷えます。しかし晴れた日中は快適気温です。その気温差、乾燥度に対応した装備が必要です。 以下はここ2週間ほど劔岳方面で過ごした装備(テント、小屋)です。 ・防寒着(フリー…

雨対策 ザック編

秋雨前線活躍中です。 ザックのサイズと同じくらいの防水スタッフバックを用意します。 スタッフバッグは裏返しで使うと荷物の出し入れがスムーズになりますし。 このザックは45リットルくらい。スタッフバックは50リットルくらいかな。 (追記) スタッフバ…

スイスの山小屋の紹介

今夏新築オープンしたツエルマット ヘルンリ小屋。 マッターホルン登頂のベースになります。 新築なので古い小屋とは違い、広く設備が違いますが、 とりあえず一例を。 小屋の裏手から4000mの山々を眺めます。 テラスでお茶をしに来る日帰りの人も多いです …

山の楽しみ

スイスアルプスの楽しみは高山だけではありません。 それはハイキング。 ロープウエイやケーブルカーに乗って3000m近辺まであがり。 素晴らしい景色を見ながらゆっくり下山。 ところどころにある山小屋でゆっくりランチとったりティータイム。 こんな看板が…

ツエルマットより

私見ですが日本が暑(寒い)時は北半球も同様に暑(寒い)と感じます。 フランス シャモニ、スイス ツエルマットも同様に暑い夏です。 しかし乾燥しているので、日陰や朝晩は涼しく快適に睡眠できます。 ヨーロッパの高山も暑さの為、雪融けが進み氷や岩の面…

水分補給

今夏は猛暑が続きます。 こんな時重要なのが水分補給で、ハイドレーションの出番です。 手が離せない岩場、頻繁に止まると却って疲れる登山道ではとても有効です。 水を飲みすぎるとか、飲んだ量がわからないと言われますが、水分を十分に取ること、少し余る…

北米ガス事情

6月後半から7月は主にクラッククライミング講習を行ってまして、7月はカナダバンクーバー近くのスコーミッシュという岩場へ行ってきました。 現地ではテント生活です。ここ数年北米もやっとガス缶が入手しやすくなりました。実はガスコンロは日本が一番充実…

好日山荘契約ガイドといくバリエーション 「前穂高岳〜明神岳」の巻

雪のある時期のみ登れるルートで前穂高岳へ。 急な雪面と岩。ロープをつないで確実にもぼります。 明神岳頂上へあと2ー3歩。偶然同じ色の服に同じポーズ!バックは先ほど登った前穂高岳。 この時期ならではのんびりした雰囲気です。 沢の雪を使いスピーディ…

明神岳周辺の紹介 

■ 予告編 明神岳主脈縦走(右から1峰(頂上)、2峰、3峰)2016年の好日山荘山荘ガイド企画候補としましょう。岳沢から奥明神沢をあがり1峰〜5峰を縦走し急な前明神沢を下ります。 明神東稜から継続だと少し岩登りと体力が必要です。 前穂高岳 北尾根から継続…

行動食 その2

自分の好みの物でミックスナッツ作成です。 ドライフルーツも必須です。 冬は寒く食感がいまいちなのと、手袋をしていて食べづらいので使用しませんが、これから秋にかけて時々登場。ついついつまんでしまいますが、適量食べられるのがいいです。 左側のジッ…

クライミングテクノロジーのクランポンとアックス

クランポン アックス 今冬雪稜や雪山の時はクライミングテクノロジーのクランポン ヌプツェ EVO セミオートと、アックスはハウンドG(50cm)を使いました。 アックス ハウンドG 一見重そうだが、軽い。団子になったクランポンの雪を叩いてもシャフトのゴムが…

残雪期のテント泊 - 水作り

この時期の雪はとても汚れています。 いくら深く掘っても色々なもの(葉、虫、埃)が入っています。 晴れるととても喉が乾くので長い行程の時はテルモス1本と水1リットル用意したいです。行動中にザラザラしたお湯、水を飲むといまいち爽快感がないです。 ■ …

雪上登攀技術

残雪期の雪稜(雪山)は雪の質、形状に合わせてアックス、クランポン技術を駆使して登ります。この時期の雪上歩行、登攀技術講習やってみたいですね。可能なら簡単な雪稜ルートを登りながら。 白馬岳主稜を登ると剣岳がどどーんと。

残雪量

以前のブログで雪多いと書きましたが訂正です。 4月に入り気温高く、雨が降ったので雪がどんどん減り 例年より1m以上少ない模様です。室堂周辺は5月初という感じです。 しかし沢沿いにはたっぷりと雪があるので滑落に関する注意は変わりありませんし、 荒れ…

登山学校 『谷川岳天神尾根 残雪期幕営山行』

残雪期は日本の山の最高の時期の一つです。 上は白い山並み、下界は新緑と花。この変化が素晴らしい。 しかし危険も沢山あります。スリップやブロック雪崩、荒れると冬山に戻ります。 比較的安全な谷川岳 天神尾根で残雪期の山を楽しみつつ残雪期の幕営体験…

残雪量

エリアによってかなり違います。 これからは日向の岩場の上の雪は溶け、日陰は氷、沢沿いは豊富な雪という状態です。 雪が腐ったり、固くなったり、岩場を歩いたりと厳冬期の山より一層雪登下降の技術が要求されます。 暖かいからといっても山は甘い顔を見せ…

春の顔

3/21の昼の上高地です。 現在のところ残雪量は例年より多いです。先週の谷川岳でもそう感じました。 また日差しが強くなってます。1日中日陰でアイスクライミングしていても日焼けしました。 しっかりした対策が必要ですね。またサングラスも必携です。