好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山技術

伯耆大山で見つけた霰層

1/21-22 に好日山荘若手社員向けに伯耆大山で雪山研修を実施しました。 今年の大山は積雪が多く、積雪の下層にはビーズのような霰の弱層が残っていました。 ツボ足、アイゼン歩行、ワカン歩行、スノーシューと雪深い様々な斜面を各自体験してきました。トレ…

山の条件

富士山と日の出。 今年の冬山は寒波が頻繁にやって来て、なかなか厳しい時が多いです。 1/6の甲斐駒ケ岳 黒戸尾根 七合目はマイナス14度でした。しかし風がなく動いていればそれほど寒さを感じません。とても好条件の中登頂できてしまいました。 標高が違っ…

山で役立つ高度計

GPS が個人の持ち物になり、アウトドア系腕時計にも高度計がつく時代なので、今回は高度計の仕組みを調べることにしました。 高度計の用途として、時間当たり標高差がどれくらいで登っているか。冬、視界が悪い中を下降しているとき、あと何百mで地形や尾根…

ラッセル

毎年12月になるとクリスマス寒波と年末寒波が順番にやってきて、ぐっと冷え降雪が増えます。 今年はクリスマス寒波の前に南岸低気圧が通過したので、八ヶ岳や南アルプスには結構な降雪がありました。 そんな後は沢沿いのルートは雪崩に注意が必要です。 人が…

新雪のラッセル

2013年も年末が近づいてきました。先日の16.17日に中央アルプス越百岳へ登ろうと出かけたのですが、新雪のラッセルに手間取り途中で戻ってしまいました。 表示 右から越百岳、仙涯嶺、南駒ケ岳 今年のこの時期、この中央アルプスの南部にあたりは、斜面の向…

コンパスの磁針が反転してしまいました。

私たちが普段使うコンパスですが、もう少し丁寧にいうと「方位磁石とか磁気コンパス」とも言います。両端がN極とS極となるように着磁されている「方位磁針」は地磁気に反応します。 表示 磁気の影響を受けるわけですから、強い磁力を発生する鉄製品やスピー…

木枯らし一号はいつ?

気象庁では木枯らしについて、このような気象条件になったときに認定しているそうです。 10月半ばから11月末の間に近畿と関東地方で、気圧配置が西高東低となり、風速8m/s以上の北西から北寄りの風が吹いた最初の日に「木枯らし一号」を発表する様です。 201…

樹の形から風を想像してみましょう

登山で気になることといえば天候です。どんなに装備が良くても体を鍛えていても天気に打ち勝つことはできません。私たちは山の機嫌が良い時に遊ばせてもらっているのです。 日本列島は中緯度に位置し、偏西風と呼ばれる西風が流れています。冬期、ヒマラヤ山…

結露を極めて、快適に!

10月に入っても真夏日が出るほど異様な気候ですが、標高の高い山からは素敵な紅葉の写真が届いています。 1000mほどの低山の紅葉は11月に本番を迎えます。 気温が下がってきたので今回は「結露」のお話です。 気温が低い朝、アルミサッシの内側に水滴がたく…

日が短い季節、ヘッドランプについて

先日、素晴らしい満月を見ることが出来ました。 拡大表示 ヘッドランプ、の私流使い方:をご紹介します。 まず、電源を入れてから弱い光に変更します。私たち動物の目は慣らすことで、少ない光でも見ることが可能になります。明るさに応じて瞳孔径が変化する…

公益社団法人日本山岳ガイド協会公開講座 名古屋会場10/2 開催です。

公益社団法人日本山岳ガイド協会が行っている「百万人の山と自然 安全のための知識と技術」 秋の公開講座が開催されます。 10月尾瀬 名古屋会場は次の通りです。 2013名古屋秋のご案内はこちら。 日時: 2013年10月2日(水)PM6:30開場 開講PM7:00~終…

初秋の高山は種がいっぱい。

各地に大きな被害をもたらしながら北上する台風18号。今回の台風一過は秋晴れ予想ですが、被害が小さいことを祈るばかりです。 3000mの高山は既に草は黄色味を帯びだしてきました。気の早いナナカマドは実が一足先に色づきました。 拡大表示 花 拡大表示 皆…

標高と水の沸騰の関係

美味しい食事jは山の楽しみのひとつですが、標高が高くなると100度で沸騰する水が低い温度で沸騰してしまうため、いつもより硬く仕上がってしまうことがあります。まあ、食べられないほどではないけれどもちょっと残念ですね。 平地では1013hPa(1気圧)で…

好日山荘登山学校 秋から冬(基礎編> の募集が始まりました。

4月から6月に開催した 春から秋<基礎編>に引き続き、9月26日からは 秋から冬<基礎>講座が始まります。会場は4か所です。夏山に向けて気持ちが弾む時期ですが、秋から冬にかけての基礎を学ぶ良い機会です。 新宿三丁目会議室会場 池袋西口店会場 名古屋栄…

もうすぐ夏山シーズンです。

気象庁の発表ではきわめて速い甲信越の梅雨明けです。梅雨前線は北上してすっきりしない天気の山岳地帯も多いと思います。南西からの湿った空気が吹き込む気象条件です。 昨日は好日山荘登山学校で奥三河の宇連山に行きました。中央構造線に位置する山々は地…

梅雨前線を山から見てみたら

梅雨前線が北上したり、南下したりしていた6/19~6/21 に南アルプス鳳凰三山に行ってみました。 6/19 は前線が北上して山岳地帯が雨雲の覆われていると考え入山するのをやめました。 6/20 は前線が南下するとの予想が出ていたので入山しました。 鳳凰三山稜…

沢登り社員研修に行って来ました。

講師は、好日山荘契約ガイドでおなじみの島田和昭ガイドです。 写真:入渓ポイントを間違えない様、地形図を見て現在位置の確認。 「現在位置は”この辺”じゃあかんねん。”ここ”ってピンポイントで分からなあかんで。」 雨が降ると沢登りのリスクは、当然高ま…

「山の地形図」昭和18年10月1日初版

地図読みに関しての講座は大変賑わっています。現在はGPSを利用するなど地図の活用方法にも変化してきました。地図読み講座をさせていただく中で先人がどのように地図が作られてきたのか興味が高まってきました。そんな気持ちで神田の古書街を歩いていたら、…

山下ガイドが松本パルコ店で机上講座を行いました。

長野にお住いの国際ガイド、山下勝弘ガイドによる机上講座が昨日5/24 好日山荘松本パルコ店で開催されました。これからテント泊の山行を考えている方や興味をもっている方がお越しになりました。 テント泊とキャンプ講座 次回の講座は 6/14(金)の開催です…

昨年4月に来ていました「爆弾低気圧」

昨年、4月にの日本列島を襲った「爆弾低気圧」が2013年4月6日に再び発生しています。この低気圧は4/2 21時から4/3 21時までの24時間に42hPa低下しました。4/4 15時にはオホーツク海にある低気圧は950hPaまで下がりました。日本付近は冬型の気圧配置となり各…

公益社団法人 日本山岳ガイド協会発行の「講座 登山 基礎」が 4/1 から店頭で販売されます。

山登りをこれから始める方、もう一度基本を確認したい方、指導的立場から初心者に接することが多い方にわかりやすい教科書が来る 4/1 に出版されます。 書籍の名前は【百万人の山と自然 「講座 登山 基礎」 安全のための知識と技術 】といいます。少々長いの…

想像する vol.1

「山で遭難したくない!」 誰もがそう思いながらも起こってしまう遭難事故。 使える知識・技術を学び 自分の体力を知り 当日の自然のご機嫌を伺い 想像し考え冷静に行動すれば ほとんどのケースは防ぐことができます。 今回は想像する大切さをお伝えします。…

アイゼン・クランポンのフィット感

好日山荘社員雪山研修を 1/30~31 八ヶ岳で行いました。 みんな楽しそうですね。 研修の一部ですがご紹介します。アイゼンの装着感に関してです。アイゼンは登山靴との相性、登山のタイプによってできれば使い分けるのが良いでしょう。 前後とも樹脂ハーネス…

スノーシューで山を楽しもう!

今の季節、日本の山々には雪が降り続いています。3000m級の山々は容易に私たちが容易に近づけない厳しさがありますが、1000m級の山々ならしっかりとした装備で日帰り登山が可能です。 スノーシューを使ってブナやミズナラの林を歩くスノーハイクは楽しいも…

冬期ハイキング

1月14日(祝)南岸低気圧が通過するとみて 六甲山上に場所を変更し冬期ハイキングの実践 穂高湖はご覧の通り こちらでの雪上歩行での皆さんの感想は 「この湿った新雪ではアイゼンがなくても歩ける」 でも登山路をわざと踏み固めると 「圧雪されると滑り…

国立登山研修所友の会 平成24年度研究会 が開催されます。

平成24年11月11日(日)に 国立登山研修所友の会 平成24年度研究会が名古屋駅前の「ウインクあいち」で開催されます。魅力的な講演が三つ、是非お越しください。 講演1:「沢ヤの本懐は未知の渓の解明にあり! 立ちはだかる未踏の滝の向こうにあり!」 成瀬…

寒くなるこの時期、小物を使ってお手軽保温!

10月に入りました。3000m級の山々の紅葉も里に向かって急いで下りはじめ、稜線には初雪、冬の訪れです。 里山なら11月末まで様々な紅葉を楽しめるので、山の幸を堪能できるハイキングシーズンでもありますね。。 栗 夏の猛暑に慣れた体にとって、これからの…

標高を上げると気温が下がります。

好日山荘登山学校では「山に行き標高100m上がる毎に凡そ0.65℃気温が下がる」と話します。様々な気象に関する書籍などから仕入れて一般化しているわけですが、自分自身は簡便に測って「大体そんなものかな」という程度でした。 このたび、最新鋭旅客機のボー…

百万人の山と自然 「安全のための知識と技術」が開催されます。

公益社団法人 日本山岳ガイド協会 が主催する講座が開催されます。ぜひ、お越しください。 10/3(水) 名古屋会 安全のための知識と技術2012.pdf ウインクあいち 大ホール で行います。事前申し込みは必要ありませんので直接会場にお越しください。 午後6時…

国立登山研修所友の会のホームページが更新されました。

私も1988年来、講師として協力させていただいている国立登山研修所では毎年「登山研修」を発行しています。今年で VOL.27 となります。 友の会ではVOL.1 からVOL.26 まで、執筆者別に PDF で読むことができるようにしていますので、ぜひ活用してみてください…