読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ご近所偵察&宣伝

徐々に暖かくなってきて花粉も飛び始めました。

山も天気が良い日が多くなってくるこの時期は雪山にも少し入りやすくなってきます。

 

先日近所の山に来年のガイドルートの偵察に行って来ました。

尾根を忠実に辿っていきます。f:id:isakamichihiko:20170311102018j:plain

 

クランポンのフロントポイントを岩に引っかけて登ります。楽しいピッチ!!f:id:isakamichihiko:20170311103043j:plain

 

振り返るとこんな感じ。勘の良い方はこれでどこか分かるハズ……f:id:isakamichihiko:20170311102845j:plain

 

今回の装備ではこのハングはパスしました。面白そう!!f:id:isakamichihiko:20170311102949j:plain

 

終了点への抜け口にて。ヒョコっと出てきます。f:id:isakamichihiko:20170311103140j:plain

 

雪稜、岩稜、草付きが30m×6ピッチの好ルートでした。ルートの情報が少ないと先に何が出てくるか分からないので登っていてもワクワクしますね。

これからの時期は雪稜登攀が楽しい季節です。
私、井坂がガイドを務める穂高岳でのバリエーション、登頂プランが募集中ですのでご検討いただければと思います。

 -------------------------------------

①北穂高岳東稜3日間
残雪期の北穂東稜を登ります。『ゴジラの背』を登攀して北穂高岳へ登る爽快な雪稜です。
http://www.kojitusanso.jp/school/practical/detail/?p=906

 

②前穂登頂2日間
夏道の重太郎新道ではなく、奥明神沢を経て前穂高岳を目指します。2日間で穂高のピークに立て、山頂からの眺めも壮大です。http://www.kojitusanso.jp/school/practical/detail/?p=905

 

3月!好日山荘登山学校「木曽駒ヶ岳」は素晴らしい景色を堪能できました。

2017/3/4から3/5にかけて、木曽駒ヶ岳に行ってきました。標高2612mの千畳敷ホテルに泊まっての企画で多くのお客様にご参加いただきました。

f:id:katomoji:20170306123421j:plain

出発時点では視界が乏しい状態でしたが、浄土乗越に到達する頃には雲も薄くなり、風の流れ間に宝剣岳が顔を見せてくれました。

f:id:katomoji:20170306123641j:plain

ガスが吹き飛ばされ、刻々と表情を変える様を見ることができるのが、登山の醍醐味ですね。

f:id:katomoji:20170306125641j:plain

ご参加いただいた皆様へのアルバムが完成しました。素晴らしい冬の木曽駒ヶ岳を温かい部屋でお楽しみください。

アルバムのタイトル: 2017/03/04-05 木曽駒ヶ岳
アルバムのURL: http://30d.jp/katomoji/15

日本の中部山岳地帯の山々は5月はまだまだ雪深いです。里の春を味わい、高嶺で冬を感じられる山の企画はいかがでしょうか。

 

雪山歩き 「敦賀三山 野坂岳」へのご参加ありがとうございました。

2月18日(土)に好日山荘登山学校で行ってまいりました。遮るものなく琵琶湖と日本海を望むことができる展望の山です。敦賀市街地は白く雪が目立ち、西方ヶ岳が敦賀湾を見下ろしています。

f:id:katomoji:20170221141607j:plain

敦賀三山岩籠山の右方、赤坂山の峰々と琵琶湖が望めます。

f:id:katomoji:20170221141906j:plain

雲が多かったですが、まずまず登山日和だったと思います。

アルバムのタイトル:2017/02/18 敦賀 野坂岳
アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/14

六甲山縦走路と周辺の魅力的な山道を辿る5回シリーズも2017年5月16日から「シーズン6」開始です。今回は月一回、平日火曜日の開催です。六甲山の地質や歴史、植物や写真撮影、ゆっくり歩きますが、長時間歩くための水分・栄養補給など登山の基本が身につきます。

「加藤校長と行くシリーズ」はこちらから。

トレッキングポールを上手に使おう! 滑らない歩き方を身につけよう!

御岳登山鉄道株式会社さんのご協力の元、御岳山で登山学校実技講座を開催しました。

 

講習内容は

「トレッキングポールを上手に使おう!

        滑らない歩き方を身につけよう!」

 f:id:saruatsushi:20170220174451j:plain

まずは表参道の階段を使わせて頂いて登る際の歩幅、体重移動の話を

 

 

f:id:saruatsushi:20170220174651j:plain

次は下りで滑らないように歩くには。 脱へっぴり腰!!!

 

 

トレッキングポールについて少し

私は20年以上トレッキングポールを使っていますが、使い始めた頃(まだ20世紀)は「何で夏なのにスキーのストック持ってるの?」って目で見られた時代でしたが、今は登山、トレッキング愛好家のほとんどが使用しています。今回はせっかく持っているのであれば効果的に使って頂くために使用のポイントの解説と使用時、未使用時の違いを体感してもらいました。

 

使用のポイントを簡単に書くと。

①バランス保持: 人間は歩く際に必ず一本足になる瞬間があります。一本足で立っている瞬間は進む、登る(体を持ち上げる)、降りる(落下していく体を止める)、という動作と共に前後左右に傾こうとする体を保持する動作を行っています。トレッキングポールを突くと傾き保持の動作が容易になり、進む、登る、降りるという動作に集中できるため体が安定して「安全」「疲労軽減」に繋がります。

 

②推進力: トレッキングポールをバランス保持だけの為に使っている方が多いですが、推進力を得るために使って頂けると足の疲労軽減とスピードアップに繋がります。

トレッキングポールを地面に突いてバランスを取って終わり、ではなく、後(登っている際は下方向)に押してあげるイメージを持って使用してみてください。

 

③持ってるだけ=おもり: 「下りが苦手なので、トレッキングポールを下りで使う。膝が痛くならないように」という方が多いです。が、考えてみてください。最近は大変軽量になったとはいえ登りや平坦な部分で使用しないという事は、バックパックに数百グラムの重りが取り付けられているという事になります。山頂に着くまでにトレッキングポールの重り分足への負担が増えることになります。負担を増やしてから下り始めるという事は、既に筋肉疲労、膝へ負担がかかっていることに・・・。登り、平坦部で上手に使う事で①、②の様に足への負担を軽減できている方と、負担を増やしてから下りで使い始める方では、下山を開始する時点で既に足の疲労度が大きく異なっていることに??

 

とは言ってもいきなり上手には使えず、説明後に実践してみると手と足が同時に動いてしまったり。(笑) そんな時は初めから両手で使わず利き手のみトレッキングポールを使って持っている手と反対の足と連動(松葉杖と同じ)させてあげると簡単に正しい動きになります。練習してみましょう。

 

田中が使用しているトレッキングポール 軽量でスイングバランスも良くお勧めです。

軽量、コンパクトなZ型ポールならこちら

 

f:id:saruatsushi:20170220174904j:plain

講座ご参加の皆様お疲れ様でした。田中の長くてくどい話にお付き合いいただきましてありがとうございました。

冬の自然現象をチェック!  「吹き溜まり雪・雪庇」

2017年2月19日、滋賀県比良山系の最高峰 武奈ヶ岳。今年は雪に恵まれ雪山登山を楽しむことができました。登山学校にご参加いただいた皆様、楽しんでいただけたでしょうか。アルバムも作りました。2017/02/19_武奈ヶ岳 アルバムのURLhttp://30d.jp/katomoji/13 さて、合言葉は?

f:id:katomoji:20170220100548j:plain

降る雪粒や積雪は風に流され、地形などによる気流で様々な積雪地形を形作ります。積雪が多い日本海側気象の山岳で見られるのが吹き溜まり雪=雪庇です。

f:id:katomoji:20170220101627j:plain

一粒一粒は軽い雪粒ですが、風に乗って風下に移動させられます。どれだけ遠くまで移動するかは、風の強さによる駆動力と重力で決まってきます。強風で雪が削られると美しい雪紋も見ることができます。下の写真は北八ヶ岳天狗岳です。

f:id:katomoji:20170220110352j:plain

地表の凸凹、傾斜、樹木や岩など事物で風の流れは変化するので、雪稜は美しい姿を見せてくれます。

f:id:katomoji:20170220102325j:plain

雪上を行く先行者のトレースがより安全とは限りません。幅の広い雪稜は一見安全のように感じるかもしれませんが、視界が利かずに強風が吹く状況ではどうなるでしょうか。危険なエリアから離れることに必死となることもあるかもしれませんね。

上の写真を見ると「もし、天気が悪く、視界が利かず、トレースは風で吹き消され・・・」と想像すると「雪庇からの転落」の可能性を考慮した方が良いですね。

f:id:katomoji:20170220103145j:plain

上の写真は2017年2月3日、北比良峠付近から見た武奈ヶ岳頂上です。北西の季節風で雪庇が形成されます。庇状になっている部分、傾斜が急になっている部分など様々ですが、雪が吹き溜まっているのが良くわかります。

写真の右側の枝尾根が出ている部分には強風を避けるために風下側に逃げ込んだ跡が見られます。これはその時登山者が選択したことで良い悪いは言えないです。

笑顔の絶えない山行の中にも、様々な危険が潜んでいます。近づかない!という選択肢をお忘れなく。

六甲山縦走路と周辺の魅力的な山道を辿る5回シリーズも2017年5月16日から「シーズン6」開始です。今回は月一回、平日火曜日の開催です。六甲山の地質や歴史、植物や写真撮影、ゆっくり歩きますが、長時間歩くための水分・栄養補給など登山の基本が身につきます。

「加藤校長と行くシリーズ」はこちらから。

 

 

 

登山学校実践編 八ヶ岳 赤岳-阿弥陀岳-御小屋尾根下降

時期的には厳冬期真っ只中。

 

美濃戸口から行者小屋手前まで道は氷結してツルツルでした

近年の冬は寒暖差が激しく、雨が降って溶けて凍ったり、こんなことに。

以前まで冬は安定して冷えていたので雪だけでした。

こんな時チェーンアイゼンが役立ちます。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170219183210j:plain

意外と退屈なアプローチ南沢経由で行者小屋へ。

八ヶ岳ブルーが迎えてくれます。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170219183347j:plain

翌朝の地蔵尾根は超冷気が吹いて寒かったです。

バラクラバ必携。

そして絶対素手になってはいけません。

その時良くても後からギンギンに冷え、痛くなります。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170219183519j:plain

稜線に出ると日が出てきてなんとか耐えます。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170219183454j:plain

いつもの南アルプス3兄弟。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170219183610j:plain

中岳、阿弥陀岳を越えて、御小屋尾根を下降して出発点である美濃戸口へ。

この日は結構寒いでした。

山は色々な厳しさを経験して、自分なりの対処法、ここまではOKという感覚

を学ぶのが重要です。

 

今年の鈴鹿は本格的な冬山

御在所岳でアイスクライミングをしてきました。

今シーズンの鈴鹿山系は1月中旬以降寒気の流入が激しく、毎日白い雪雲に覆われています。この日も断続的に吹雪いていました。
しばしば膝~膝上ラッセルがありました。f:id:isakamichihiko:20170215133237j:plain

今回はアイスクライミングに時間を割くために上下山ともロープウェイを使用しました。
家からロープウェイ駅まで30分、ロープウェイ10分、取り付きまで30分。
Door to Iceが1時間ちょい。なかなか良い場所です。
まずはαルンゼ、氷結も良く、グイグイ登って2ピッチで終了。f:id:isakamichihiko:20170215133139j:plain

 

藤内沢を下降して3ルンゼへ。風が強く、猛烈なスノーシャワーをくらいます…f:id:isakamichihiko:20170215133801j:plain

 

ずっとビレイをしてたら雪まみれになってしまいました。。
気温が高く、湿った雪が降るので装備が濡れやすいです。
脱いだグローブは外に置かずにジャケット内側のポケットに入れる、ウェアはグローブに付いた雪はなるべく早く掃う等濡れに対するケアが重要になりますね。f:id:isakamichihiko:20170215134042j:plain

 

お、晴れてきました。
青白い氷と青い空。これぞアイスクライミングの醍醐味です!!f:id:isakamichihiko:20170215134625j:plain