好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

災害でも役に立つ登山用品 VOL.02 「安全を高める! ヘッドランプ」

地震のインパクトが薄れないうちに第二弾です。

夜明け前からの行動や已む負えない事情での夕方から夜間の行動に備えて、登山装備のマストアイテムはヘッドランプです。

通勤バックに入れておけるサイズです。

リュックサックに入れっぱなしではもったいないですよ。

f:id:katomoji:20180620092447j:plain

災害時に電力網に障害が出たときはもちろん必要となりますが、

現在は自動車がヘッドランプで走り回る時代です。

f:id:katomoji:20180620092957j:plain

夜、交通事故から自分の身を守るという視点でヘッドランプを使うことがあります。

車の運転手に存在をアピールする、ことができます!

それが「灯り」なのです。

f:id:katomoji:20180620093122j:plain

現代人は目を酷使していますので、人によって当然差はありますが、暗いところで文字が見難いなど加齢によるハンディをカバーするにはより明るいヘッドランプが必要です。

私は200ルーメン以上のタイプに買い替えました。

f:id:katomoji:20180620093743j:plain

200という数字はルーメンという明るさの指標です。明るさは調整できるので、通常の山歩きの時や小屋の中など人と近い状態で使用するときは、暗めにしたり赤色にしたりして使います。

f:id:katomoji:20180620094110j:plain

自分を守れてこそ、他人をサポートできるんです。

夜間、ブレーカーが落ちた時に両手を使える状態で作業できるのが、

ヘッドランプ! ですね。

 

行動時間に余裕ができるので、積極的に夜明け前出発です。

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

f:id:katomoji:20180620095505j:plain

 

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝いします。

 募集中の夏企画 加藤校長と歩く!はこちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

★ 北アルプス・朝日岳と雪倉岳  8月1日(水) ~ 8月4日(土) 3泊4日

★ 北アルプス・燕岳~常念岳縦走 8月24日(金) ~ 8月26日(日) 2泊3日 

災害でも役に立つ登山用品 VOL.01 「水が無くてもトイレは我慢したくない!」

生きていく上に欠かせないのは水、そして食べ物ですね。登山においても私たちは水と食料は欠かすことができません。

f:id:katomoji:20180619144533j:plain

これは屋久島でおなじみの携帯トイレブースの中です。

貴重な飲むことができるグレードの水を水洗トイレで使わないということはとても大切なことです。

1995年で体験された方も多いかもしれませんね。

f:id:katomoji:20180619144927j:plain

阪神大震災の断水時、マンションの水洗トイレのために風呂に貯めた水を流した方も多かったはずです。極めて少量で自宅の便器から共用配管に流してスッキリ!

では無かったですね。各戸が同様に行った結果詰まり大変なことになりました。

飲んで食べて生きていれば、確実に排泄!

大切なこと! 我慢できることではありませんね。

さあ、皆さんはどんなシーンを思い浮かべましたか?

携帯トイレはどんなもの?

 

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝い!

 募集中の7月企画 加藤校長と歩く!

こちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

今年の夏は憧れの北アルプスへ!!

6月に入り白馬周辺の観光用ゴンドラ、ロープウエイ、チェアリフトが運行を開始。これにより雄大なアルプスのど真ん中まで簡単にアクセスできるようになりました。

 

乗り物を降りると・・・山、緑、残雪、太陽 息をのむような素晴らしい景色の展望を望めます!! それだけでも十分堪能できますが、さらに山に登ると、登った達成感も含めて、展望を楽しみに来ただけの観光客の方達よりも「登った分だけ」大きな感動を味わうことができると思います。

 

今回はお手軽に行ける「五竜遠見尾根」を子供を連れてハイキングしてきました。

f:id:saruatsushi:20180618172223j:plain

ゴンドラ降り場で既にこの景色!! 五竜岳(左) 唐松岳(中央)を望む

 

f:id:saruatsushi:20180618172343j:plain

遠見尾根方面に約30分登るとこの大パノラマ。白馬乗鞍、雨飾、浅間、八ヶ岳、空気が澄んでいれば富士山まで見渡すことができます。

 

f:id:saruatsushi:20180618172522j:plain

観光用の周遊木道は軽装備でも気軽に楽しめます。

*注: 周遊散策道を過ぎて遠見尾根を更に登る方は、しっかりとした登山装備が必要です。散策だけを楽しまれる方は、案内板を確認して安全にお楽しみください。

 

f:id:saruatsushi:20180618172851j:plain

リンドウ、ニッコウキスゲ、コマクサ 様々なお花が楽しませてくれます。

 

f:id:saruatsushi:20180618173015j:plain

が・・・山より、花より、子供にはおにぎりとカップラーメンのほうが嬉しいようで

 

という事で、「北アルプス講座」開催します。

憧れだけで終わらせないで、講座を聴いて、今年は是非北アルプスへ!!

 

7月3日(火) 池袋西口店 詳細はこちら

7月9日(月) 川崎ダイス店 詳細はこちら

植物と友達になろう! VOL.13 「ハクサンイチゲ」

日本列島は二つの大陸プレート(ユーラシア・北米)に二つの海洋プレート(フィリピン海・太平洋)がせめぎ合う地球上で特筆すべき場所なのだと、昨日の地震で思い起こさせられました。1995年の阪神大震災でも登山キャンプ用品(コンロ・ガスカートリッジ・ヘッドランプ・登山靴・水筒・テント・寝袋・マットレスなど)が自助そして共助で活躍したことも。

f:id:katomoji:20180619092700j:plain

北アルプスの夏山で出会う白い花のひとつ「ハクサンイチゲ」は大ぶりで群生するので良く目立ちます。

f:id:katomoji:20180619093735j:plain

同じキンポウゲ科北岳頂上付近だけに分布するキタダケソウや、北海道日高山地に分布するヒダカソウに比べると分布は広い範囲です。

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

f:id:katomoji:20180619093519j:plain

ミヤマキンバイ(バラ科)と肩寄せ合うハクサンイチゲ in 北岳

f:id:katomoji:20180619093444j:plain

目立つ白い花弁のように見えるのは萼片です。目立つ花で正面から見ると大きなギョロ目に見つめられているように感じます。

f:id:katomoji:20180619093548j:plain

白色の花弁に見えるのはガクですが、まれに白くならずに葉緑素が残っていることがあります。「グリーンハクサンイチゲ」ですね。

f:id:katomoji:20180619093809j:plain

雪が消え真っ先に咲いた花もあれば今が盛りの花もあります。中心に集まる雌しべと子房を取り囲むように雄しべがあります。

f:id:katomoji:20180619093835j:plain

種は黒く熟しだしています。

f:id:katomoji:20180619093851j:plain

この夏確認してみてくださいね。

地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝い!

 募集中の7月企画 加藤校長と歩く!

こちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

植物と友達になろう! VOL.12 「チングルマ」

今日6/18の通勤時間帯に発生した大阪の地震、バックの中にあるヘッドランプを思わず確認してしまいました。1995年の阪神大震災以降、小型軽量化されたLEDヘッドランプは共にあります。

f:id:katomoji:20180618120233j:plain

チングルマはバラ科の落葉小低木です。アルプスの高山で地表が露出する短い夏の季節、虫たちにとっても忙しい季節です。花は太陽の動きに合わせて動き、ヒラタアブも忙しく働きます。

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

 f:id:katomoji:20180618120257j:plain

花を終えると白髭のような長く毛に覆われた小さな種が目立つ姿を現します。風にそよいで風車のように見えることから「稚児車」に見立てたところから「チングルマ」と親しまれる和名がついたといわれます。

北アルプス雲の平にて

f:id:katomoji:20180618120416j:plain

北アルプスの山々を歩いていて目に入る白い花といえば、まず、チングルマをあげることができます。雪田や雪渓の周囲に群落をつくるので、シーズン初めからお盆くらいまで雪が消えるのに合わせて咲いていきます。

朝露の付く時間も素敵です。

f:id:katomoji:20180618120449j:plain

この夏確認してみてくださいね。

地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝い、  募集中の7月企画 加藤校長と歩く!

こちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

岩石から山をみてみよう VOL.05 「柱状節理」

日本は160万年とも170万年とも言われる、はるかに大昔からの火山列島です。

兵庫県豊岡市、丸山川東側にある玄武洞は何度行っても楽しめます。

f:id:katomoji:20180616141157j:plain

玄武岩溶岩のぶ厚い層が冷却する時にこれらの柱状節理ができたそうです。田んぼのドロが干上がった時にできる多角形の亀甲模様の巨大バージョンですね。

f:id:katomoji:20180616141513j:plain

良く見ると全体的には柱状ですが、「達磨落とし」のコマが積み重なったような部分もあります。

f:id:katomoji:20180616141646j:plain

この玄武洞が有名になったもう一つのポイントが地磁気逆転の証拠がここにあるからなのです。1929年、松山基範教授が現在私たちが理解している磁北と全く逆の時期(
260万年前から78万年前)があったことを証明したからなのです。

そういえば、最近、約77万年前に地球の磁場(N極・S極)が最後に逆転したことを証明する地層が「チバニアン」と命名されて話題になりました。

小湊鉄道に乗って行ってみましょうか。

さて、関東に行くなら頑張って伊豆半島、天城山に登って下田に近い「爪木崎」に立ち寄ってみませんか。

f:id:katomoji:20180616142902j:plain

海底火山がつくった柱状節理がまるでエノキダケを断ち切ったみたいに足元にあるのです。

f:id:katomoji:20180616143753j:plain

この伊豆半島が海洋プレートに乗って移動してきて日本列島に衝突!

結果、富士山も南アルプスもできたわけです。もちろん、今現在も年に5~8cmというスピードで移動する海洋プレートがあることで、地震への備えをしなくてはいけない訳ですね。

登山で出会う崖に出会ったら、是非調べてみてくださいね。

 

この夏確認してみてくださいね。地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝いします。

  募集中の7月企画 加藤校長と歩く!はこちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

 

 

 

岩石から山をみてみよう VOL.04 「北八ヶ岳天狗岳と稲子岳」

富士山と比較されるほど広いすそ野を持つ八ヶ岳連峰は100万年を超える長い火山噴火の歴史を持っています。南八ヶ岳の方が古い火山で北八ヶ岳は若い火山ですね。

先日、黒百合ヒュッテに宿泊して天狗岳から北の稲子岳周辺を歩いてみました。

f:id:katomoji:20180607103456j:plain

いつも雪に覆われた黒百合ヒュッテへの道ばかり歩いていたので、大きなゴロゴロとした岩を歩きながら、北八ヶ岳は若い火山噴出物に覆われた山だと実感しました。

f:id:katomoji:20180607104008j:plain

私は黒百合ヒュッテ正面の「スリバチ池コース」の丘から天狗岳(左が西天狗岳、右が東天狗岳)を見ています。葯3万年前に東天狗岳北面からの溶岩が流れ下ったらしいです。

f:id:katomoji:20180607104449j:plain

2万年前や6万年前とか言えば、氷河が大きく発達した時期で北アルプスや南アルプスの3000m級の稜線を削っていたころですね。

f:id:katomoji:20180607105701j:plain

西天狗岳の登山道から北方面を見ると稲子岳南壁が印象的です。クライミングルートでもあります。高差250mほどの岩壁を含む急傾斜となっています。

f:id:katomoji:20180607105826j:plain

稲子岳の左手西側はソラマメのような凹地になっています。地形図の等高線では見逃し勝ちですが、実際に見れば実感できます。

ある調査を引用させていただくと、西暦888年のある出来事をきっかけにして、稲子岳を支えていた部分が崩れ去ってしまったことで、ずり落ちてできた二重山稜だというのです。

f:id:katomoji:20180607111005j:plain

クロユリが咲き出し、一雨毎緑濃くなる北八ヶ岳です。足元のコケに癒されながら、八ヶ岳の地形と地質を考えるのも面白いですよ。

 

この夏確認してみてくださいね。地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝いします。

 

 募集中の夏企画 加藤校長と歩く!はこちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

★ 北アルプス・朝日岳と雪倉岳  8月1日(水) ~ 8月4日(土) 3泊4日

★ 北アルプス・燕岳~常念岳縦走 8月24日(金) ~ 8月26日(日) 2泊3日