好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ヨーロッパアルプスの山小屋について

6月末から8月中までスイス、フランス、イタリアの山を登ってました。
あちらの小屋についてのお話。
2-3時間以上歩かないと着かない小屋が対象です。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082043j:plain
■ 小屋に着いて

 大体1Fに下駄箱みたいな荷物置き場があり、そこでサンダルに履き替えます。
 日本同様受付をします。すると部屋とベット番号を教えてくれます。
 精算は夕食後8時以降です。その間の飲み食いもつけで買います。

 人気の山や標高高いところは15,000円。あとは9,000円位。

 

■ くつろぐ時間
 一般的に小屋でなにか頼んだり、ワイン、ビール等飲みます。
 日本と同じですね。
 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082229j:plain

 これはイタリアの小屋でコーヒー、スープ、オムレツを頼んだもの。
 イタリアの小屋は食事美味しいです。


■ 夕食
 夕食は18:30または19:00から。
 まずスープ、パン。次にメイン、最後にデザートです。
 内容は小屋により差がありますが、2000m-3000mあたりの小屋

 はまあまあ美味しい。高くなるとだんだんいまいちに。
 順番でに出てくるので夕飯終了は8時以降になります。
 f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082524j:plain

 まずは皿とチーズ

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082552j:plain

 スープ導入

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082613j:plain

 メインディッシュ

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082640j:plain

 デザート
 これはかなりいい食事の小屋です。

 

■ 精算
 夕食が終わった8時以降くらいから精算です。
 グループ単位でやりますが混みます。
 その後寝るかは各自の自由です。

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082713j:plain

 これはグーテ小屋


■就寝
 ガイドとお客さんは別部屋です。基本ベットで小屋は予約制なので
 しっかりとスペースあります。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082737j:plain

 これはガイド部屋

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082811j:plain

 新しく綺麗な小屋のお客さん部屋。
 毛布が2枚ほどあり、どこも小屋の作りが頑丈なので寒くないです。
 小屋はインナーシーツの持参を推奨してます。


■ 朝食
 小屋によりターゲットとする山へ登るための時間設定になってます。

 例として
 モンブラン グーテ小屋 2時
 マッターホルン ヘルンリ小屋 4時
 等。大体2-5時くらいです。

 基本パン、チーズ、コーヒー、紅茶。それに小屋によりシリアル、ジュース、牛乳があるときも。
 私は朝パン&コーヒーなので日本の小屋もこれならいいなあと思います。

 皆5-10分くらいで、食べて早い人は10分後遅くても20ー30分後には出発します。
 ハーネスをはいて食事している人もいます。
 
■ 水
 基本水は買います。食事時もでません。
 従って通常小屋で水をボトルで買います。
 標高が低く近くに水が流れているエリアの場合手洗いに水がでルところもありますが、
 基本どこも水がないと考えた方がいいでしょう。
 
■ トイレ
 なぜかどこも小屋も少ない気がします。
 2-30人で1個位の割合。

 

■ 充電
最近充電できる電源がある小屋もあります。

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082849j:plain

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20170821082918j:plain

夏は9時すぎても明るいので夕食後いい景色を眺めます。もちろん寒いです。

「日本百低山」 日本山岳ガイド協会編 発刊しました!

2年目を迎えた「山の日」、その趣旨は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」そのお手伝いになる書籍が書店に並びました。

f:id:katomoji:20170816131917j:plain

全国の日本山岳ガイド協会認定ガイドが「ふるさとの山」を執筆しました。

光る瀬戸内の海を望む黒滝山、大好きなところです。瀬戸内の島の山も良いですね。

f:id:katomoji:20170816132309j:plain

北海道から沖縄県まで、全国47都道府県の山を2座づつと島の山6座を紹介しています。

f:id:katomoji:20170816132808j:plain

大きな山へお出かけの際に合わせて登ってみてはいかがでしょうか。自然、里の生活、歴史を通じて、日本の良さ、山歩きの素晴らしさを実感できるかと思います。

f:id:katomoji:20170816134540j:plain

鬼伝説の大江山は地質的にも興味深い蛇紋岩地帯でもあります。

幻冬舎「日本百低山」

楽天 「日本百低山」

アマゾン 「日本百低山」

 

屋久島・宮之浦岳縦走と縄文杉 4日間 10月28日(土)~ 31日(火) 3泊4日

屋久島・永田岳とモッチョム岳登頂 4日間  11月02日(木)~ 5日(日) 3泊4日

紅葉の福井県・経ヶ岳 10月21日(土) 勝山ニューホテル 20時集合、翌22日に登山 

土曜日に近くにある「福井県立恐竜博物館」に立ち寄るのもオススメです!夕食を済ませてから勝山ニューホテル(駐車場あり)にお越しください。

酷使した登山靴!修理可能なうちにお店まで!

保温性が要求される冬期以外に大活躍した「スポルティバ アルプエボ」! 昨年2016年9月2日から使い始めました。が、11か月後の2017年7月末の北アルプス奥穂高岳・前穂高岳で引退となりました。 秋の前穂高岳に行ったときにご紹介しました。

f:id:katomoji:20170814170723j:plain

四季の六甲山から岩稜の北アルプス、雨の日も晴れの日も常に一緒でした。お客様にお見せできないくらい泥で化粧されたこともありました。

f:id:katomoji:20170814170944j:plain

登山靴の靴底は張り替えることができます。が!数日おきに履いて山に行っていたとはいえ、こんな状態まで使ってはいけません!靴の神様に怒られてしまいます。

f:id:katomoji:20170814171216j:plain

靴底は様々な状況の登山道と常に接触する大切なパーツです。思い当たることはいくつもあったのです。例えば

先端の「クライミングゾーン」での立ち込みがしにくくなった。

雪上や泥でのグリップが悪くなった。

f:id:katomoji:20170814171554j:plain

新品の靴底のラバーのパターンと比べようもなくすり減っていました。フィット感が良く、足との一体感が素晴らしくついつい使い続けてしまいました。下は新品。

f:id:katomoji:20170814173540j:plain

ゴメンナサイ!スミマセン!

皆さんはこんなことにならないよう、足に馴染んだ登山靴とアッパーは「宝物」です。大きく傷む前に張り替えもお勧めします。張替の可不可や張替に伴う注意事項などあるので、お店でご相談ください。

靴が消耗したということはスーパーフィート等のインソールや登山用靴下も消耗しているはずです。快適登山は足元から。

f:id:katomoji:20170814174108j:plain

f:id:katomoji:20170814172544j:plain

登山学校 加藤の反省の後は秋の紅葉登山のお誘いです。

紅葉の福井県・経ヶ岳 10月21日(土) 勝山ニューホテル 20時集合、翌22日に登山 土曜日に近くにある「福井県立恐竜博物館」に立ち寄るのもオススメです!夕食を済ませてから勝山ニューホテル(駐車場あり)にお越しください。

青空の屋久島 洋上アルプス 宮之浦岳・永田岳へ

少し気が早いですが、10月末の屋久島をご紹介します。この時期の屋久島登山は紅葉というより晴れ狙いですね。淀川小屋付近なら秋らしい紅葉も少しありそうです。

昨年の屋久島登山の様子はこちら。

アルバム「2016年11月3日~6日 屋久島宮之浦岳縦走アルバム」http://30d.jp/katomoji/5

f:id:katomoji:20170814144358j:plain

亜熱帯植物が生える海岸線から2月には雪を頂く宮之浦岳など奥山がある世界自然遺産の島 屋久島。雨も多く、島を訪れる登山者になかなか晴れた姿を見せてはくれません。でも、11月は晴れ間が多いはずです。たぶん!

f:id:katomoji:20170814141855j:plain

特徴的な屋久島花崗岩は今から約1550万年前にでき、地殻を突き抜け海中から出た頂上部はもうすぐ2000mに届きそうな標高1936mです。それが九州地方一番の高さを持つ宮之浦岳、一等三角点です。宮之浦岳に対峙する永田岳が厳しい山容を誇ります。

f:id:katomoji:20170814142740j:plain

縦走路は花崗岩の巨石が点在する笹とハイマツを縫ってつけられています。宮之浦岳から標高を下げていくと、うねる幹が密生するシャクナゲが目立ちます。11月では花芽が確認できるだけです。自炊を済ませ小屋を暗いうちに出発すれば、あの「縄文杉」が刻々と光を受け変化する様子をゆっくりと味わえます。

f:id:katomoji:20170814145005j:plain

この秋、紹介した素晴らしい景色の稜線を歩くコースを実施します。6名様限定です。登山で出会う地質・コケ・植物が稜線の景色と共に一生の思い出となること間違いなしです。屋久島・宮之浦岳縦走と縄文杉 4日間 10月28日(土)~ 31日(火) 3泊4日

追加企画として、名峰 永田岳往復と海岸線を千尋ノ滝へ車を走らすと特徴のある姿が目に飛び込む「モッチョム岳」の往復企画も募集中です。こちらも6名様限定にしています。往復なので体力・持久力がいるので、是非トレーニングしておく方が安心です。

f:id:katomoji:20170814145914j:plain

屋久島・永田岳とモッチョム岳登頂 4日間  11月2日(木)~ 5日(日) 3泊4日

11/4 「屋久島夢祭り」が安房で開かれ、20時からは花火が上がる!かもしれませんよ。

f:id:katomoji:20170814151300j:plain

私たちは翌5日、モッチョムに行くので夜更かしはしませんが、楽しみたいと思います。

燕岳から槍ヶ岳 表銀座縦走  8月31日(木)~ 9月3日(日)3泊4日 催行決定

荒川三山~赤石岳縦走  9月29日(金) ~ 10月2日(月)3泊4日催行決定 

紅葉の福井県・経ヶ岳 10月21日(土) 勝山ニューホテル 20時集合、翌22日に登山 土曜日に近くにある「福井県立恐竜博物館」に立ち寄るのもオススメです!夕食を済ませてから勝山ニューホテル(駐車場あり)にお越しください。

 

 

久々のロングコース 「白山中宮道」 を行く

日本百名山の一つ白山は花の名山として、今の季節多くの登山者でにぎわいます。そこで静かなコースを歩きたい。ということで中宮温泉から新岩間温泉への周回コースを歩いてみました。

f:id:katomoji:20170804111146j:plain

中宮温泉の標高は凡そ680m、目指す大汝山は2684mなので単純な標高差は2000mです。早朝、雲海に浮かぶ北アルプス槍穂高連峰もたくさんの登山者を迎えていることでしょう。

f:id:katomoji:20170804111524j:plain

長引いた梅雨空を見上げていた皆さんの中には、これから出かける方も多いかと思います。

f:id:katomoji:20170804113543j:plain

ハクサンコザクラに囲まれた池塘も点在、水面は青空と白い雲を映します。

f:id:katomoji:20170804112119j:plain

登山者とすれ違うこともほとんどなく、ニッコウキスゲのお花畑、ハクサンコザクラの園も一人で見るのが勿体ないくらいです。

f:id:katomoji:20170804112321j:plain

生き物たちも活発に活動しだしました。時にはブーンと耳元にやってきますが、直ぐに自分たちの仕事に帰っていきます。見守ってあげましょう。

f:id:katomoji:20170804112401j:plain

湿原に佇む「小桜平避難小屋」はヒノキの薫るとても綺麗な小屋です。大事に利用していきたいものです。

f:id:katomoji:20170804112619j:plain

今回の行程、地図上での計測では34km程でした。じっくりと写真を撮るので2泊3日としました。

f:id:katomoji:20170804113420j:plain

8/1 から 8/3 に出かけた時の様子をアルバムに入れています。期間限定で閲覧できます。http://30d.jp/katomoji/28

 

8月以降に実施する加藤同行プランのご紹介です。

燕岳から槍ヶ岳 表銀座縦走  8月31日(木)~ 9月3日(日)3泊4日 催行決定

塩見岳~間ノ岳~北岳縦走  9月21日(木) ~ 24日(日)3泊4日

荒川三山~赤石岳縦走  9月29日(金) ~ 10月2日(月)3泊4日催行決定 

紅葉の福井県・経ヶ岳 10月21日(土) 勝山ニューホテル 20時集合、翌22日に登山

屋久島・宮之浦岳縦走と縄文杉 4日間 10月28日(土)~ 31日(火) 3泊4日

屋久島・永田岳とモッチョム岳登頂 4日間  11月02日(木)~ 5日(日) 3泊4日

剱岳

夏も本番!
北アルプスの名峰
岩と雪の殿堂 剱岳へ

f:id:shimadaguide:20170730174310j:plain
↑雷鳥坂から見た室堂 残雪多いですねー
 6月下旬な感じがします

f:id:shimadaguide:20170730174425j:plain
↑剱御前小屋から剣山荘へのトラバースルート
 ルートの半分近くが雪ですので不馴れな方は
 要アイゼン!剣沢経由ならノーアイゼン!

f:id:shimadaguide:20170730174643j:plain
↑前剱付近より剱御前方面
 岩場歩きの訓練やクライミングでバランスを
 鍛えたり 近郊の山やジムで鍛えてきたみなさん
 がんばれー

f:id:shimadaguide:20170730174951j:plain
↑カニのたてばい 三点確保で慎重に!

f:id:shimadaguide:20170730175148j:plain
↑天気はいまいちですが無事登頂!
 ちなみにガイドは2名ですよ

f:id:shimadaguide:20170730175307j:plain
↑カニのよこばい 緊張感漂ってます
 霧雨で岩も濡れてるし
 ガスがかかって下が見えなくて良かった?

f:id:shimadaguide:20170730175712j:plain
↑その後も気は抜けませんね
 剱岳は気力も体力も技術も必要!
 みなさん経験を活かして無事下山へ

f:id:shimadaguide:20170730175504j:plain
↑最後の室堂への登り返し
 意外と辛い最後の試練 
 その後は温泉→回転すし
 お疲れ様でしたー



剱岳登頂時に役に立った登山用品
安全装備として
ヘルメット、簡易ハーネス
120cmスリング、安全環付カラビナ
岩場や鎖で扱いやすい
薄手手袋→バーグハウスおすすめ!
剱岳手前の小屋までに役に立った登山用品
汗かきの人は特に
速乾肌着→ファイントラックおすすめ!
疲労軽減に→ストック!
雨がふると岩場でザックカバーはピッタリなら
よいが少し大きいと浮き石ひっかけて危ないので
→インナーバック!
防寒防風保温で一番活躍したのは雨具!
→バーグハウス エクストレムライト
http://www.kojitusanso.com/shop/c/c24-119/

※剱岳は初心者のみではありません!
 今回もなんと13時30分から登りだした
 パーティが下山時に転落して頭を大ケガ!
 気力体力技術そして行動時間に余裕をもって
 挑戦しましょう!
 ちなみに私たちは剣山荘5時出発でした

明けない梅雨、ザイテングラードから奥穂高岳 前穂高岳 岳沢へ

湿り気の多い雲が上高地を覆っています。バスターミナルからレインウェアを着用して登る夏の北アルプス。予報はけっして良くないけれど、2017年の夏を穂高稜線で過ごします!でも本格的な夏山は今月末から期待ですかね。

ご参加いただいたお客様へ。奥穂高岳から前穂高岳のアルバムが完成しました。

アルバムのタイトル:2017/7/23-26 奥穂高岳から前穂高岳
アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/27

ハクサンフウロ も雨に打たれてうなだれていますが。

f:id:katomoji:20170727131632j:plain

涸沢小屋、テラスから見る涸沢は夏とは思えない積雪量。早めに雪解けが進んだザイテングラード上部にシナノキンバイのお花畑が見られましたが。

f:id:katomoji:20170727131908j:plain

レインウェアは透湿性がある素材がベストですが、生地表面の撥水性が維持できているか、こんな天気だと思い知らされますね。

f:id:katomoji:20170727132148j:plain

ヘルメットは絶対!必要です持っていくのが面倒とか、我が身に不幸は来ない!でも宝くじは買う!そんな考え方に偏りがあってはいけませんね。

f:id:katomoji:20170727132841j:plain

天気図と雨雲レーダー情報をにらみながら、穂高岳山荘の出発を遅らせて奥穂高岳へ。前穂高岳へ向かう吊尾根では雨も止み、前穂高岳に登る頃には雲も薄くなりました。

f:id:katomoji:20170727133126j:plain

今回は穂高をじっくり楽しむために各駅停車の小屋泊。岳沢小屋にもお世話になりました。

f:id:katomoji:20170727133306j:plain

小屋の前、雨に濡れるクルマユリ。モノトーンになりがちな中、彩を添えてくれます。水滴レンズに癒されます。

今回はカメラの出番は少なかったですが写真は楽しいですね。

8月以降に実施する加藤同行プランのご紹介です。

燕岳から槍ヶ岳 表銀座縦走  8月31日(木) ~ 9月03日(日)3泊4日

塩見岳~間ノ岳~北岳縦走  9月21日(木) ~ 24日(日)3泊4日

荒川三山~赤石岳縦走  9月29日(金) ~ 10月02日(月)3泊4日

紅葉の福井県・経ヶ岳 10月21日(土) 勝山ニューホテル 20時集合、翌22日に登山

屋久島・宮之浦岳縦走と縄文杉 4日間 10月28日(土)~ 31日(火) 3泊4日

屋久島・永田岳とモッチョム岳登頂 4日間  11月02日(木)~ 05日(日) 3泊4日