読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

黒部赤木沢

先週末は北アルプス随一の美渓
黒部赤木沢へ
ほんまにきれいですねんココ!
f:id:shimadaguide:20160824142113j:plain

今年は水量がとても少なく
赤木沢手前のゴルジュも
赤木沢出合いの徒渉も
腰まで浸かることなく突破!
f:id:shimadaguide:20160824142334j:plain
f:id:shimadaguide:20160824142359j:plain

赤木沢の二段や四段の滝やナメ滝も快適です!
f:id:shimadaguide:20160824210624j:plain
f:id:shimadaguide:20160824210653j:plain

最後の大滝を越えて大草原へ
f:id:shimadaguide:20160824142800j:plain
f:id:shimadaguide:20160824142836j:plain

初日 折立8時30分-太郎平12時-薬師沢小屋14時30分
二日目 薬師沢小屋5時30分-赤木沢出合7時00分-大草原10時30分-太郎平12時30分-折立16時30分
私たちは山小屋利用でしたが
テント利用なら
折立-太郎平(テント)-薬師沢-赤木沢-太郎平(テント)-折立というパターンになりますねー

赤木沢は初級者向けの沢登りルートですが!
事故も多い沢です

そのきっかけは!
読図できず道迷いで時間かかる
天気の読みが甘く増水する
岩登りや沢登りの経験がなく来てしまった

せっかく楽しい山もケガしてはおもろない
好日山荘登山学校や島田ガイド事務所でも
岩場歩きの実践練習もできますのでぜひ!
登山学校 岩場歩き(ジムでも開催しています)
https://www.kojitusanso.jp/school/classroom/
島田ガイド事務所 基礎山歩き
http://www7a.biglobe.ne.jp/~naturalstyle/pg59.html

黒部下の廊下 雲の平 薬師岳 赤木沢
秋の黒部も素晴らしいです
あとはぜひこの本を読んでから
黒部源流域にお出掛けしてほしいですね
http://guide-column.hatenablog.com/entry/2016/08/19/114926

この夏覚えた高山植物VOL.27  「香りで魅了赤い葱坊主 シロウマアサツキ」

★加藤智二 山の植物について

北アルプス白馬連峰の中でも蛇紋岩が露出している朝日岳や大雪渓上部の葱平にみられるユリ科のネギの仲間にシロウマアサツキがあります。そっと顔を寄せて花や茎の匂いをかいでみたら、確実に覚えることができると思います。

f:id:katomoji:20160822220607j:plain

花を咲かす前は

f:id:katomoji:20160822220753j:plain

小さな花の集合ですね。

f:id:katomoji:20160822220853j:plain

白馬岳に多く見られますが、北海道から北アルプスにかけて各地で見ることができるようです。縦走登山なら、標高や岩質の違いなど併せて間近に観察できます。

多くの花たちはハナアブなど昆虫を引き寄せるために頑張ってきましたが、そろそろ種は熟してきたことでしょう。

★ 11月3日から6日は屋久島宮之浦岳は募集開始しました。 お早めにどうぞ。

★ ネパールパノラマトレックを募集開始しました。好日山荘のバックアップを得て、少人数4名から催行(最大15名)です。世界最高峰「エベレスト」と「アマダブラム」「カンテガ」「 タムセルク」など巨峰を巡るトレッキングです。

★ 六甲山を歩き尽そう!シーズン5の日程が決まりました。近日中に申し込み可能となります。10/19(水)  11/16(水)  12/14(水)  1/18(水)  2/8(水)とりあえず、カレンダーチェックよろしくお願いします。全5回ですが、どの回でも一回のみでもご参加可能です。マイナーなルート、破線ルート、廃道ルートを地図と現場と睨めっこしたり、神戸の夜景を見ながら下山したり、交通の便の良い六甲山だからできる登山ツアーです。

 

 

山岳書

★山下勝弘

f:id:KatsuhiroYamashita:20160819114613j:plain

「黒部の山賊」と「源流の記憶」
前者は以前読んではいましたが、「源流の記憶」と一緒に
蔵書に加えました。
山の本は絶版になりやすいので、あるうちに購入しないと。

 

それにしても北アルプス開拓時の山小屋を作った人々の話は凄いです。
100Kgを担ぐとか、今の4日間のコースを1日で歩くとか、積雪期の話とか。
装備や道が現在と全く違います。

今自分が山に行ける・ガイドできるのは、このような歴史があるからこそ、

と感じます。とても自分は当時の人の情熱には及ばないなあ、と思ってしまいます。

 

私の山食

★山下勝弘 山食

山での長い生活なら食事は楽しみであり重要ですが、
1-4泊程度なら軽量化、好み、我慢で簡素化できます。

 

■  夜の例として
・3分パスタとパスタソース
燃料節約の為パスタは沸騰したら蒸します。

 

・アルファ米+ドライフーズ
ドライフーズは量が少ないので2つ(親子丼、カレー)使います。

・ちらし寿司の素+麻婆春雨


■ 朝の例として
・おじや(アルファ米(二人で一袋)とおじやの素)とチキンラーメンまたはカップヌードルリフィル
 一人分の場合はドライフーズのおじやを使います。

 

カップヌードルリフィルとパン

 

■  8月初の室堂〜新穂高の縦走は、上記に少しオプションを追加

f:id:KatsuhiroYamashita:20160819110948j:plain

左上
前菜にコンビーフ&マッシュピテト。
マッシュポテトは軽くお腹が膨れます。

コンビーフが味付けになります。ツナ缶でもいけます。

 


日清の焼きそば。
メインディッシュになりませんが、テント場についた時のおやつに最高。
山ではこのソース味が、ま・い・う〜。

 

左下
コーヒーゼリー
暑い夏山での食後の楽しみですよ。
これとカルピスの原液があれば、幕営場についた時の唯一の楽しみに。

 

真ん中
オランジーナグミ
飴、ガム、グミは食べないんですが、このオランジーナグミ
の酸っぱさは汗をかいた体に刺激的でした。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20160819111248j:plain

そして絶対忘れてはならないコーヒー達。

冬はお汁粉やココアを用意します。

自分の好みの飲み物はかなり重要です。

それらがあれば食事がイマイチでも最終的には満足してしまいます。

  

一年通して夏冬ほぼ同じなので、家に常に在庫を置いておけるメリットもあります。

 

と、食欲をそそらない食事達でした。

コラム500号 「初秋の山、どこにお出かけ?」

★加藤智二 山の生き物

このガイドコラムにも旭ガイド山下ガイド島田ガイドから素晴らしい夏山の様子が続々とアップされています。来年こそは!と思っていらっしゃる方も多いかと思います。今回で加藤コラム500号となりました。今までご覧いただきありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

来月になると標高の高い山々は色づくところも出てきます。昨年の連休の槍ヶ岳天狗池の様子です。秋の山の注意点:過去のコラム

f:id:katomoji:20160818164406j:plain

四季の国、日本はいつも異なる表情を見せてくれます。私にとって皆さんにとって、今日出会った風景景色が一番!ですね。

皆さんの夏の思い出を持ち寄って、楽しいひと時を過ごすイベントを大阪梅田 蔦屋書店で開催します。山が紡ぐ輪、山トモの輪ができたら良いですね。

加藤の2016夏の一枚は「利尻島、北の海を見下ろすハクサンイチゲ」でしょうか。

f:id:katomoji:20160818165515j:plain

 下界はとろける様な猛暑、夏山はまだまだ続きます。そんな中で、小さな生き物は短い一生を懸命に生きています。蝶の文様は不思議です。レンズを通してみるとその造形に驚かされます。

f:id:katomoji:20160818170043j:plain

ミヤマカラスアゲハ

f:id:katomoji:20160818170505j:plain

ギンスジヒョウモン

f:id:katomoji:20160818170539j:plain

アサマシジミ

f:id:katomoji:20160818170628j:plain

キベリタテハ

好日山荘が企画した登山ツアーは安心の山岳専門旅行会社 (株)アトラストレックが主催しています。

★ 9/1~4 北アルプス表銀座は催行決定です。残席少々。

★ 9/30~10/3 南アルプス荒川三山は催行決定です。 

★ 11月3日から6日は屋久島宮之浦岳は募集開始です。 お早めにどうぞ。

★ ネパールパノラマトレックを募集開始しました。好日山荘のバックアップを得て、少人数4名から催行(最大15名)です。世界最高峰「エベレスト」と「アマダブラム」「カンテガ」「 タムセルク」など巨峰を巡るトレッキングです。

アトラストレック主催好日山荘登山学校「前穂〜奥穂」にご参加いただいたお客様へ

★旭立太 好日山荘契約ガイド講座 登山 講座 基礎 登山学校

f:id:asahiryuta:20160817222947j:plain

f:id:asahiryuta:20160817221246j:plain

この度は、好日山荘登山学校ツアーにご参加いただきありがとうございました。旭が撮影した写真を(少しですが…)アルバムにしましたのでご覧ください。

https://drive.google.com/open?id=0B63lUC5TyAY-RmFmdzhwZGpQMGs

白馬在住、名古屋出身の高木ガイドとのコンビで3日間ガイドさせていただきました。初日は雨でしたが、上高地〜涸沢へ、2日目はよい天候で涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘へ、3日目は奥穂と前穂、岳沢下山の予定でしたが、悪天候により涸沢経由で上高地下山となりました。

レイヤリング、高標高帯での呼吸の仕方や、岩稜の歩き方から名古屋弁のレクチャー等内容の濃い、実践的な3日間だったと思います。

今回の山行で得た経験をぜひ、自身の山行でも実践してみてください。また山でご一緒できる日を楽しみにしていますね。

お疲れさまでした!

f:id:asahiryuta:20160817223009j:plain

※好日山荘が企画した登山ツアーは

安心の山岳専門旅行会社 (株)アトラストレックが主催しています。

まとわりつくあの虫は?

★旭立太 山の生き物

f:id:asahiryuta:20160817195743j:plain

高山のお花畑近くで、こんな虫が手に止まっていたり、

たかられたりした事ありませんか?

ホバリングして空中停止、徐々に間合いを詰めて近づき腕等に止まる。

よく見たら小さなハチのようなルックス、口で一生懸命に汗を舐めているあの虫。

ハナアブです。

正式名称は、◯◯ヒラタアブとかあるのですが見分けが難しいのでハナアブとします。

ブと言うと刺されて痛い印象がありますが、このハナアブは花の蜜や人の汗を舐めて生きているので、刺さないアブです。

f:id:asahiryuta:20160817200602j:plain

早朝は虫も活動していませんが…

f:id:asahiryuta:20160816184054j:plain

日射が斜面に入りはじめると活発に行動し始めます。

この仲間はたいてい黄色と黒の縞模様をもっているが、一瞬ハチか?と思いますが

これはハチへの擬態。毒針をもたないこのアブたちは、ハチに似せることによって、天敵から身を守っているようですので身体に止まっても慌てず対応してください。

f:id:asahiryuta:20160817194928j:plainハナアブはアブラムシの天敵、幼虫期はアブラムシを食べてくれるので、ガーデニングをされている方には素敵な見方のようですよ。高山植物の花粉受粉にも貢献しているのでしょうね。

参考までに、以前に刺す虫についても記事もかかせていただいております。

 

guide-column.hatenablog.com