読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ヤマシャクヤク!最盛期!

ヤマシャクヤクが今年も出迎えてくれる時期となりました。
先週の福岡県 英彦山ではすでに終わっていましたが…。
白いまんまるな形をしたヤマシャクヤクの群生を目にするとまるで

桃源郷にでもいるかのような不思議な気持ちになります。

f:id:kawano1430:20170517171021j:plain

今回は、熊本県 天主山(1494M)へ。
天主山は登山口までは四駆などの車高のある車が必要です。
登山口は「鴨猪川登山口」からでしたが、林道が崩壊しており、
約3.5Km(約40分位)ほど林道を歩いて登山口です。

 

スタートは、いきなりの急登から始まり、ずっと急な上りが続く尾根歩きです。
滑らないように気を付けて登ります。

f:id:kawano1430:20170517171438j:plain

山頂辺りに来るとお目当てのヤマシャクヤクの群生!
山頂を過ぎ、東方面のお花畑へ足を延ばせば、さらに素晴らしい群生地です。
来週くらいまで楽しめそうですよ。

f:id:kawano1430:20170517171701j:plain

この時期にしか見ることのできないヤマシャクヤク!

しかし、ヤマシャクヤクへ出合うまでには、足元は、滑りやすく、

浮石もある場所を歩いていきます。
また、岩や、倒木を越える場面もありました。

そこで足元は、足首をしっかり守ってくれるハイカットのしっかりした登山靴。
私が使用している登山靴は、スポルティバのトランゴキューブ。
軽量でありながら岩稜歩きにも安心な一足です。
偶然にも遭遇した方が同じものを履いておられました。

5月半ばでしたが、風が冷たく休憩時は、レインを着こみました。
雨でなくてもいつもザックには、レインウェアを忘れずに入れておきましょう。
休憩には暖かい飲み物も飲んで花をゆっくり眺めました。

ヤマシャクヤクは白鳥山、仰烏帽子山、上福根山などいろいろなところで楽しめます。

 

(おまけ)
ヤマドリが車の前を横切りました。ラッキー!

f:id:kawano1430:20170517171826j:plain

山のアイドル

f:id:asahiryuta:20170515092233j:plain

山のアイドルと言えば…みんな大好き雷鳥。

今年は残雪が多く、高山帯ではハイマツが雪に隠れていた為にGW前はあまり見かけませんでしたが、ここ数日は沢山の雷鳥を見かける様になりました。雷鳥にとって今の時期は大切な恋の季節。接近的にアプローチするオス、沢山のオスにアプローチされモテモテにも関わらずサラッと全員をふるメスなどなど色々な恋愛模様を目にする事が出来ます。

f:id:asahiryuta:20170515092302j:plain

カップルがすでに成立している場合は他のオスからメスを守ったり縄張り争いで激しく戦っているオスの姿も見る事もあります。

雷鳥は人を見ても逃げないのです。カメラにポーズしているかのような雷鳥もいます。なぜ逃げないの?と思われるかもしれませんが、日本では雷鳥を神の鳥として崇めてきた歴史があるために人間と雷鳥とのあいだに良い関係ができあがっているようで、彼等は人間を見ても逃げだしません。

f:id:asahiryuta:20170515092340j:plain

特に立山界隈の雷鳥はこの距離での写真撮影も可能です。

f:id:asahiryuta:20170515092733j:plain赤い肉冠が目立たないのがメスです。この時期にカップルになり、生まれた雷鳥達の子供は夏山時期にはヒナになっているんですよね。

今は活動が活発になる時期ですから立山等の高山帯へ行けば雷鳥を見る事が出来るかと思います。観光でも雨具や防寒着はもちろんの事、登山をするのであれば残雪対応の登山靴を履き、対応する10〜12本爪のアイゼンやピッケル等の装備で行ってください。

以上、山のアイドル情報をお届けいたしました。

 

「2017/05/5~7 ゴールデンウィーク 奥穂高岳」へご参加ありがとうございました。

5日の子供の日、素晴らしい天気に恵まれアルプスの残雪を満喫された方もたくさんいたかと思います。奥穂高岳頂上へ向かう6日は生憎の悪天予想。多くの下山者にすれ違いながら涸沢へ向かいました。

f:id:katomoji:20170512121833j:plain

悪天につかまる前に白出コル、奥穂高岳が無理でも涸沢岳を、と目指して登りました。

f:id:katomoji:20170512122138j:plain

振り返れば、昇る朝日がゴールデンウィークの晴天に別れを告げていました。

f:id:katomoji:20170512122320j:plain

風雨が強まる中、即下山。涸沢小屋ではまったりとゆっくりした時間を皆さん過ごされました。登山ですから登れないことありますね。涸沢の中、温かい小屋でゆっくりと過ごす時間、贅沢なものです。

f:id:katomoji:20170512122657j:plain

下山する日、星降る夜明け前に奥穂高岳へ向かうヘッドランプを涸沢小屋のテラスで眺めながら、来年の再訪を考えていました。

☆ 全国の好日山荘ではただ今半期に一度の大決算セール開催中です。5/31まで!

☆ 5/13(土)と14(日)は毎年恒例の六甲山Mt.FESTA を開催です。六甲山ツーデーズも同時開催で家族そろって楽しめるイベントです。

☆ 2017年夏アルプス企画への申込が始まりました。

楽しい山の思い出と健康に近づけるには山登りが一番です。

奥穂高岳の思い出写真はこちらをご覧ください。又のご参加をお待ちしています。

アルバムのタイトル:2017/05/05~7 奥穂高岳
アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/23

「2017/05/3~4 ゴールデンウィーク 蝶ヶ岳」へご参加ありがとうございました。

北アルプス槍穂高連峰の大パノラマを見たいと思い、蝶ケ岳に行ってきました。昨年は強風のために稜線を歩くことができませんでした。

f:id:katomoji:20170511123941j:plain

横尾からの登山道、前半の長い樹林帯は辛抱ですが、その後が素晴らしい!

f:id:katomoji:20170511124313j:plain

稜線からは御嶽山、乗鞍岳も遮るものなく見ることができます。

f:id:katomoji:20170511124721j:plain

ハイマツ帯には夏毛に変わりつつあるライチョウと出会えました。まだ冬毛のメスも一緒でした。静かに見守ってあげたいものです。

f:id:katomoji:20170511125433j:plain

今回、歩きだしは午前4時ですが、モルゲンロードの山並みに出会うには、もう少し早く出発が必要なようです。来年、ご一緒にいかがですか。

f:id:katomoji:20170511125644j:plain

2017年夏アルプス企画への申込が始まりました。

楽しい山の思い出と健康に近づけるには山登りが一番です。

蝶ヶ岳の思い出写真はこちらをご覧ください。又のご参加をお待ちしています。

アルバムのタイトル:2017/5/3~5/4 蝶ヶ岳。アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/22

 

「2017/04/30~5/2 ゴールデンウィーク 槍ヶ岳」へご参加ありがとうございました。

目まぐるしく変化した2017年ゴールデンウィークの北アルプス。入山時こそ素晴らしい天気でしたが、春山は一瞬で冬山になることを実感できた登山となりました。

f:id:katomoji:20170511094603j:plain

直前に降った雪で発生した湿雪雪崩があちこちに見られます。不安定な積雪が落ち着いたタイミングで槍沢を登る私たちは安全面では幸運ですが、天候は早めに悪化予想となりました。

f:id:katomoji:20170511095032j:plain

槍ヶ岳登頂は諦め、槍ヶ岳山荘で下山となりました。

f:id:katomoji:20170511095219j:plain

春山は冬山装備が必要な登山ですね。

f:id:katomoji:20170511095508j:plain

梓川支流の清流がつくりだす水面模様は千変万化!陽の光を受けて様々な色模様を描き出します。

f:id:katomoji:20170511095828j:plain

2017年夏アルプス企画への申込が始まりました。楽しい山の思い出と健康に近づけるには山登りが一番です。

槍ヶ岳の思い出写真はこちらをご覧ください。又のご参加をお待ちしています。

アルバムのタイトル:2017/4/30~5/2 槍ヶ岳。アルバムのURL:http://30d.jp/katomoji/21

 

鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳・常念岳の雪形を探してきました。

2017年のゴールデンウィーク、皆さんの山行はいかがだったでしょうか。前半は冬の様な降雪、中盤は快晴、終盤は激しい雨となりました。

f:id:katomoji:20170510135438j:plain

連休中に早苗がまだ植えつけられたばかり。田んぼの水面に雪を頂いた蓮華岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳が映えていました。

f:id:katomoji:20170510140630j:plain松本から安曇野を北上すると立派な山容の常念岳が目立ちます。その右は横通岳です。常念岳にはこの時期「徳利を手に持った常念坊」が現れます。

f:id:katomoji:20170510142644j:plain

どこでしょう?

f:id:katomoji:20170510143229j:plain

左の爺ヶ岳には「種まき爺さん」、右の双耳峰 鹿島槍ヶ岳には「鶴と獅子」が現れます。「種まき爺さん」はまだはっきりと出ていませんが、「鶴と獅子」はわかりますよ。

f:id:katomoji:20170510143323j:plain

鹿島槍を拡大してみます。

f:id:katomoji:20170510143600j:plain

どこでしょうか?

f:id:katomoji:20170510143912j:plain

頂をめざした後、フォッサマグナの西端にそびえる北アルプスの山肌に現れる雪形も是非、探してみてください。早朝から午前中がお薦めです撮影した5/8は黄砂がやってきて、モヤっとしてしまいました。

ゴールデンウィークのご報告はまた次回に。

☆ 全国の好日山荘ではただ今半期に一度の大決算セール開催中です。5/31まで!

☆ 5/13(土)と14(日)は毎年恒例の六甲山Mt.FESTA を開催です。六甲山ツーデーズも同時開催で家族そろって楽しめるイベントです。

 

ゴールデンウィーク

ガイドの島田です
みなさんはゴールデンウィーク
いかがお過ごしされましたでしょうか?
私は岐阜県の三方崩山と北アルプス剱岳へ
ガイドにて登山に出掛けておりました

ミッション1 三方崩山南尾根クライム&ライド
f:id:shimadaguide:20170509170655j:plain
↑ほぼ記録のないルンゼや尾根を攻めてクライム
f:id:shimadaguide:20170509171010j:plain
f:id:shimadaguide:20170509170903j:plain
↑大ノマ谷を懸垂下降そして落差1200mをライド!

ミッション2 三方崩山テント泊雪山登山
f:id:shimadaguide:20170509171523j:plain
f:id:shimadaguide:20170509171555j:plain
↑悪天候の富山赤谷山から場所を変更夕方からの
 登山開始でした 機嫌の悪い山は恐いですからー

ミッション3 剱岳早月尾根テント泊
f:id:shimadaguide:20170509171805j:plain
↑馬場島から早月小屋前まで1500mアップ
 ガイドは荷物30k お客さんでも18k
f:id:shimadaguide:20170509172117j:plain
f:id:shimadaguide:20170509172244j:plain
↑気温が高く雪がゆるい!事故が多発した理由も
わかりますね ローブで安全確保しての登山です
f:id:shimadaguide:20170509172356j:plain
↑素晴らしい天候に恵まれた北アルプス剱岳でした