読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

これからの時期のレイヤリング

★井坂道彦 ソフトシェル フリース 装備について

あちこちで雪の便りが届き、いよいよ冬山シーズンが始まります。

夏山よりもはるかに厳しい環境になる冬山に挑むためには、万全のレイヤリングが不可欠になります。

そこで今回は私が普段着用しているレイヤリングを山域(標高)別で紹介したいと思います。

1.八ヶ岳、アルプス等の森林限界を超える山

ドライレイヤー➞ジップアップロングスリーブ➞フリース(厚手)➞中綿入りベスト(寒い場合)➞ハードシェル

 

2.森林限界以下で積雪のある山

ドライレイヤ―➞ジップアップロングスリーブ➞フリース(薄手)➞ソフトシェル(天候の比較的良い場合)

 

一番下に着用するドライレイヤ―は水を全く吸収せず、肌からの水分を素早く外に排出してくれます。その水分を、ジップアップのロングスリーブシャツが吸収、拡散して蒸散を促します。

フリースは、毛足の長さや起毛部分の面積によって保温性重視のモデルと、通気性、速乾性重視のものに分かれます。この辺りは旭ガイドが詳しく解説してくれてますので参照下さい。

フリースのお話 - 好日山荘 ガイドコラム

中綿入りのベストは体の中心部分を効率よく保温しつつ動きの邪魔にならないので重宝しています。

一番外に着るアウターシェルですが、より厳しい環境の標高が高い山ではほとんどハードシェルですが、そうでない場合はソフトシェルが多いです。ハードシェルは防水性が高く、安心感がありますがストレッチ性がないため、動きづらくなってしまいます。
ソフトシェルは完全防水とまではいきませんが、よほどの荒天でなければ耐えられる耐水、防風性能を備えながら動きやすく、通気性も優れています。

 

ドライレイヤ―(例)

finetrack(ファイントラック)アクティブスキンロングスリーブ メンズ / ダークモカ(S DM): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

 

ジップアップロングスリーブ(例)

MAMMUT(マムート)トロバット プロ ハーフ ジップ ロングスリーブ AF メンズ / カラー 0001(black)(XS 0001(black)): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

 

フリース厚手(例)

MAMMUT(マムート)Aconcagua Pro ML Hooded Jacket Men / カラー 0001(S 0001): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

 

フリース薄手(例)

MAMMUT(マムート)アコンカグア ライト ジャケット AF メンズ / カラー 0001(XS 0001): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

 

ハードシェル(例)

berghaus(バーグハウス)●エクストレム 8000 プロ ジャケット / カラー Z69(M Z69): ブランドオフィシャルストア登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

 

ソフトシェル(例)

MAMMUT(マムート)アルティメイト フーディー AF メンズ / カラー 5788(XS 5788): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

地球からの贈り物 鉱物 VOL.29 蛍光鉱物 「燐灰ウラン鉱」

★加藤智二 山の地質学

紫外線を照射すると美しい黄緑色の蛍光を発するウラン鉱物です。可視光線よりエネルギーが高い紫外線が鉱物にあたると、原子の中にある電子のエネルギーが高くなります。一時的に高くなったエネルギーが放出されるときに見える光が「蛍光」です。

f:id:katomoji:20161206205831j:plain

これはドイツ産です。雲母のように薄い箔が重なっているように見えるので「ウラン雲母」と呼ばれることもあります。普通の光で見ると、

f:id:katomoji:20161206205927j:plain

原子番号92のウランUができたのは地球が生まれた46億年前らしいです。放射性物質としてあまりにも有名ですが、地球地殻や海水中などに広く存在する物質でもあります。ほとんどを占めるウラン238の半減期は44億6800万年ととてつもなく長いですが、少しづつ存在を減らしている?そうです。

燐灰ウラン鉱は「灰」なのでカルシウムを含みますが、銅をふくむものが燐銅ウラン鉱です。これは緑色で蛍光性はありません。

f:id:katomoji:20161206212445j:plain

日本で産出があるのは岡山県人形峠で花崗岩質の堆積物に濃縮された鉱床となっているそうです。

f:id:katomoji:20161206212833j:plain

f:id:katomoji:20161206212914j:plain

お知らせ

健康と登山の基礎が身に付く山歩きを六甲山で行っています。

12/14  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第3回) 催行決定 満席ありがとうございます。

1/18   六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第4回)  催行決定

2/8  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第5回) 催行決定

雪山企画の席も埋まってきました。日本は5月のGWを過ぎても雪山を楽しめます。

雪山企画を追加しています

12/25 雪山歩き in 那岐山   催行決定

12/31-1/3 南アルプス / 甲斐駒ヶ岳(2967m)と仙丈岳(3033m) 3泊4日 催行決定

1/14 雪山歩き in 岩籠山   催行決定

1/15 雪山歩き in 高見山 募集中

1/21-22 伯耆大山/弥山(みせん 1711m) 催行決定

1/28 雪山歩き in 比良・堂満ルンゼ 催行決定

2/11-12  北八ヶ岳/天狗岳(てんぐだけ 2646m)1泊2日  催行決定

2/18 雪山歩き in 野坂山 募集中

2/19 比良山地最高峰 武奈ヶ岳(ぶながたけ 1214m)   募集中

2/24-25  伯耆大山/弥山(みせん 1711m)近日中募集開始

3/4-5  中央アルプス 木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ 2956m)募集中

3/25-26  北アルプス 唐松岳(からまつだけ 2696m)募集中

4/5-14  エベレストパノラマロッジトレック 10日間  募集中

4/16-17  加藤校長と雪山歩き in 経ヶ岳 募集中

4/30-5/2  北アルプス 槍ヶ岳(やりがたけ 3180m) 募集中

 

 

2016年12月5日の南八ヶ岳西面

★山下勝弘 登山情報

f:id:KatsuhiroYamashita:20161206150043j:plain

赤岳鉱泉から稜線に上がってきました。

11月の大雪とその後2-3回程雪が降り、完全な冬山になりました。
美濃戸口は雪はほとんどないですが、2000m近辺から急に増えます。

前刃のある鉄爪カンジキ(クランポン)、氷斧(アイスアックス)、

冬靴が必携です。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161206145922j:plain

美濃戸からの鉱泉までの道も氷結していて、下りは何回も転びそうになりました。

こういった所はチェーンアイゼンが重宝します。
登山口である美濃戸で、氷も雪もなかったので車に置いてきて後悔しました。
冬山は標高上がると全く様相かわります。
わかってるんですが、毎年実感します。

昨シーズンはこの道で転倒骨折事故多発してます。

 

好日山荘山荘登山学校実践編で

2017/2/18(土)-20(日):赤岳ー中岳ー阿弥陀岳ー御小屋尾根下降

を予定してます。

f:id:KatsuhiroYamashita:20161206150137j:plain

この3兄弟を縦走して御小屋尾根を下降します。

後ろは北岳ー甲斐駒ケ岳ー仙丈岳の3兄弟です。
加藤ガイドが年末年始に行きます。

 

どちらも低温、風対策をしっかりとしたいです。

机上講義「雪山ギアの使い方と歩行技術」

★山下勝弘 登山 講座 基礎 登山学校

先週本年最後の講義行ってきました。

f:id:KatsuhiroYamashita:20161204111617j:plain

言葉と写真での説明だと難しそうになりますが、
実際に山で実習すると理解しやすいと思います。

2017/1/14(土)谷川岳(登頂はしません)
2017/1/15(日) 北八ヶ岳 横岳

で実技講習します。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161204111057j:plain

これは2016年4月西穂高岳登頂の初日の歩行講習。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161204111132j:plain

頂上へ。

南でクライミング

★山下勝弘 山行記録

11月になると信州はかなり寒くなります。

こんな時は南の方へクライミング、標高の低い山が適です。
11月は香川県小豆島、高知県大堂海岸、三重県楯ケ崎

と暖かい所へクライミングに行って来ました。


全てクラック(岩の割れ目)クライミングです。
気温は松本と10度〜15度は違います。暖かい。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161201073828j:plain

小豆島では魔女の宅急便。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161201073907j:plain

醤油工場も見学。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161201073920j:plain

高知県大堂海岸は太陽燦々で眩しい。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161201073937j:plain

三重県神須ノ鼻は岩パラダイスです。

 

f:id:KatsuhiroYamashita:20161201073951j:plain

楯ケ崎では高度感あふれるルート。


観光、地元の食べ物と楽しみ沢山ありました。

そしていよいよ冬開始です。

冬のハイキングと雪山 アイゼンを選ぶ その1 冬山準備編 VOL.06

★加藤智二 アイゼン(クランポン) 装備について

12月になります。冬に出かける山には雪深い樹林帯と雪稜、その先に雪煙巻き凍てつき、凜と続く頂稜。そんな雪山をめざすなら、冬期雪山用登山靴と12本爪のアイゼン(クランポン)が絶対必要です。下の写真は正月の燕山荘からの槍穂高

f:id:katomoji:20161129111200j:plain

太平洋側気候であったり、標高が低かったりした山々に出かける時、登山靴に装着する「滑り止め」が欲しくなる場合がありますね。

f:id:katomoji:20161129133902j:plain

一般的に軽アイゼンといわれる6本爪が活躍するのは、上の写真のように登山道上に雪が積もっているものの、夏と変わらず靴底をフラットに置くことができる山です。

f:id:katomoji:20161129134542j:plain

6本爪タイプは上のように、土踏まず前後のみで、鋭くない短い爪となっています。

f:id:katomoji:20161129134749j:plain

爪も短いです。つまり!深い雪や堅い氷、つま先や拇指球辺りを使わなくてはいけないような登山道などでは使わない方が無難ということです。

凍った林道や登山道が日陰になる部分が部分氷化している時もなどの転倒予防にはチェーンやスパイクタイプもあります。

f:id:katomoji:20161129135544j:plain

近くの山に霧氷を見に行くけれど、3月頃になったらアルプスの山々にも行ってみたいと考えているならば、10本爪から12本爪で、前爪の付いたタイプの購入をお勧めします。

スリップ、転倒しにくい歩き方を身につけるには、泥、砂地、凸凹、そして雪の上をアイゼンを付けずに歩くことで養われます。決して無理はなさらないように。

もちろん、転倒後滑落する様な場所では行いません。

f:id:katomoji:20161129140400j:plain

お知らせ

今日11月24日、寒気が南下して54年ぶりに都内で降雪がありました。すっかり冬らしくなりました。雪山に出かけなくても近くの山歩きも良いものです。

健康と登山の基礎が身に付く山歩きを六甲山で行っています。

12/14  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第3回) 催行決定

1/18   六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第4回)  催行決定

2/8  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第5回) 催行決定

雪山企画の席も埋まってきました。日本は5月のGWを過ぎても雪山を楽しめます。

雪山企画を追加しています

12/25 雪山歩き in 那岐山   催行決定

12/31-1/3 南アルプス / 甲斐駒ヶ岳(2967m)と仙丈岳(3033m) 3泊4日 催行決定

1/14 雪山歩き in 岩籠山   催行決定

1/15 雪山歩き in 高見山 募集中

1/21-22 伯耆大山/弥山(みせん 1711m) 催行決定

1/28 雪山歩き in 比良・堂満ルンゼ 催行決定

2/11-12  北八ヶ岳/天狗岳(てんぐだけ 2646m)1泊2日  募集中

2/18 雪山歩き in 野坂山 募集中

4/16-17  加藤校長と雪山歩き in 経ヶ岳 募集中

4/30-5/2  北アルプス 槍ヶ岳(やりがたけ 3180m) 募集中

 

 

 

凍傷にならない 手袋の種類と選び方 冬山準備編 VOL.05

★加藤智二 登山技術 装備について

手先が冷たく感じる気候になりました。冬山・雪山で最も気を使う装備のひとつ、手袋のお話です。森林限界を越えなくても積雪によって樹木が隠れてしまう雪山では冷たい風が吹き抜けます。このような環境の山に出かける時、私は次の点に気をつけ手袋を使うようにしています。アイスクライミングなどではない場合のお話です。

f:id:katomoji:20161125120524j:plain

最近の事例では知識と経験不足のよる手先の凍傷事例が多いと聞きます!

1:標高の低く風の弱い樹林帯など使う「ウール 又は ウール混紡や化繊の薄手タイプ」

f:id:katomoji:20161125122545j:plain

2:ラッセルなどで雪を触ることが多い場合に「シンプルなオーバーグローブ」をインナーグローブの上に装着します。保温性の順でミトンタイプ、三本指タイプ、五本指タイプとなります。作業性重視なら五⇒三⇒ミトン ですね。

f:id:katomoji:20161125122706j:plain

3:高い標高に登り、気温の低下と風当たりが強い時「ウールの中厚から厚手タイプ」に切り替えます。この上にオーバーグローブ」を装着することも。下はある冬の日の赤岳鉱泉の寒暖計、さて稜線は?

f:id:katomoji:20161125123206j:plain

4:ロープを使うことが予想される場合は「ウインドストッパー生地とフリース&皮革を使った五本指タイプ」このあたりになるとぶ厚くなるので、実際に手を入れフィッティングを確認することが大切になります。

f:id:katomoji:20161125122732j:plain

5:冬の寒気に覆われた3000m級の稜線では「薄手ウール&保温層としてウール又はフリース&ゴアテックスなど防風防水層」でレイヤードシステムで対応します。

f:id:katomoji:20161125122807j:plain

ポイント1:手袋は予備が必要だ!濡れないように防水袋へ。

ポイント2:薄手から厚手、防風防水生地など複数種類を持つ!

ポイント3:寒さで指先に違和感を感じたら、直ぐに乾いている予備手袋に交換し、風防のオーバーグローブを」

ポイント4:雪を安易に触って手袋を濡らさない。ラッセルは仕方がないですね。

下の写真 遊ぶのも程々に。雪山低山・日帰り下山時・安全地帯など状況判断をしてから。

f:id:katomoji:20161125124346j:plain

ポイント5:保温重視の厚手手袋を標高の低いところで使わない。適材適所です。

ポイント6:アイゼンやピッケル、カラビナ等の金属パーツには素手で触らない!体温が奪われ、末端の冷えを加速、凍傷の危険が高まります。

f:id:katomoji:20161125125451j:plain

登山山域やルートにおいて、取り巻く気候変化と自分の運動負荷に応じてタイミング良く使い分けるのが重要です!

寒さへの耐性が低いと自覚して、寒冷順化!体力強化!装備見直し!で雪山を楽しみましょう。

 

お知らせ

今日11月24日、寒気が南下して54年ぶりに都内で降雪がありました。すっかり冬らしくなりました。雪山に出かけなくても近くの山歩きも良いものです。

健康と登山の基礎が身に付く山歩きを六甲山で行っています。

12/14  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第3回) 催行決定

1/18   六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第4回)  催行決定

2/8  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第5回) 催行決定

雪山企画の席も埋まってきました。日本は5月のGWを過ぎても雪山を楽しめます。

雪山企画を追加しています

12/25 雪山歩き in 那岐山   催行決定

12/31-1/3 南アルプス / 甲斐駒ヶ岳(2967m)と仙丈岳(3033m) 3泊4日 催行決定

1/14 雪山歩き in 岩籠山   催行決定

1/15 雪山歩き in 高見山 募集中

1/21-22 伯耆大山/弥山(みせん 1711m) 催行決定

1/28 雪山歩き in 比良・堂満ルンゼ 催行決定

2/11-12  北八ヶ岳/天狗岳(てんぐだけ 2646m)1泊2日  募集中

2/18 雪山歩き in 野坂山 募集中

4/16-17  加藤校長と雪山歩き in 経ヶ岳 募集中

4/30-5/2  北アルプス 槍ヶ岳(やりがたけ 3180m) 募集中