好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

白銀の山を歩きたい! やってみなけりゃわからないコト

美しい紅葉の季節はあっという間に過ぎ、雪の季節がやってきます。

今回は「アイゼン」 英語ではクランポン Crampon 

f:id:katomoji:20181017112022j:plain

寒くて冷たい雪や氷さえ、美しく愛でる感性を持っている方へ。

備えましょう。快適・安全・安心に必要なのは道具とそれを使いこなすトレーニングです。

f:id:katomoji:20181017112355j:plain

普段は絶対に使わないアイゼン、シーズン初めに身体と脳に感覚を「覚えさせる・思い起こさせる」作業が必要です。練習用アイゼン貸出付の講習会です。

★ 本格的なアイゼンを使った練習はこちらです。11/27 と 12/5 に開催です。

 

初めての方、雪に慣れたい方、日帰り雪山企画 敦賀シリーズはこちらです。

★ 日帰り雪山講座( 西方ヶ岳 乗鞍岳 野坂山 岩籠山 鉢伏山 三方ヶ岳 )
~ お好きな1日参加から、連続した7日間参加まで日程に合わせて選べます。

 

大展望、信州企画はこちらです。

★  1/5-7年末年始は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳にチャレンジ 12/31-1/3

★ 燕山荘宿泊 絶景の北アルプス 展望はこちら! 1/5-7

★ 雪山レベルアップ 雪の名峰へ 北八ヶ岳・天狗岳(2,646m)登頂2日間

  2回開催します。 2/6-7 と 2/8-9 です。

(九州発) 登山学校 紅葉のくじゅうを歩こう レポート

九州でも紅葉が楽しめる時期がやって来ました。
くじゅうをはじめ、阿蘇、祖母山でも色づき始めています。

f:id:kawano1430:20181016133441j:plain

博多からバスでくじゅうへ向かいました。
2時間半程で登山口の牧ノ戸峠へ到着。

出発地点の牧の戸峠は9:00過ぎに到着しましたがすでに満車です。
紅葉とミヤマキリシマの時期は、混雑します。
トイレも並ぶ程です。

小さな園児たちも元気に登って行きます。

さあ、スタート!牧ノ戸峠からは、最初の上りがきついです。
息を整えながらゆっくりと上って体を温めます。

f:id:kawano1430:20181016133508j:plain

展望台でしばし休憩。衣服調整をして進みます。
気温は13℃くらいでしたが、歩いている時は、陽が当たると温かかったです。
立ち止まるとすぐ寒くなるので、休憩は短めにとります。

と言いつつ、沓掛山、久住分かれへの岩場の通過地点は
かなりの渋滞でした…。20分ほど待っていたでしょうか。

くじゅう分かれの広場ではたくさんの人がゆっくりして、

弁当を広げたりしてそれぞれが楽しんでいました。
阿蘇の山々が見えてきれいでした。

 

さあ、あと一息で山頂です。
山頂では、雲が上がっていましたが、山頂から見る景色もまた違いますね。

f:id:kawano1430:20181016133607j:plain

ご参加ありがとうございました。

帰りの温泉も気持ちよかったですね。

またのご参加お待ちしております。

紅葉のくじゅうを歩こう 登山レポート>>>

この時期のオススメウェア↓↓↓

www.kojitusanso.com

レインはもちろん必需品ですが、山頂でゆっくりしたいなら

ダウンジャケットがあれば安心。山頂は10℃以下の時も多くなりました。

www.kojitusanso.com

11月以降のくじゅうのイベント企画!!


11/17(土)-18(日) 久住山とJAZZ!>>>

秋の夜長を、くじゅう法華院温泉山荘に宿泊してJAZZイベントを楽しみましょう。
温泉も気持ちがイイですよ。久住山へ登ります。

 

12/8(土)-9日(日) 冬山入門と始めての山小屋>>>
初冬のくじゅうを歩いて山籠もりをしよう。
冬のキーンと張り詰める気候と暖かい温泉に泊まって山を楽しみましょう。
空気も澄み、展望も良い事でしょう。星生山へ登ります。

 

初心者向けの企画も満載!

九州の実技講座>>>

九州の机上講座>>>

 ご参加お待ちしております。

 

錦秋のテント泊を楽しむ やってみなけりゃわからないコト

斜光線に輝くブナの美しさ、梢のムコウに瞬く星空、ひんやりとした空気に湯気立つスープ、山の良さを楽しむにはテント泊山行が一番ですね。個人的に。

f:id:katomoji:20181016115649j:plain最近はソロ登山やライト&ファストが注目されていますが、私は登山をもっと人間臭い、自然の中で楽しいことも辛いことも、分かち合ったりしたいのです。

f:id:katomoji:20181016121129j:plain

4人程度なら1張のテント。メンバー全員でテントやコッヘル・コンロ、食糧・水などの共同装備を体力や背負う能力に応じて分担します。晩ご飯や朝ご飯を共同で作りながら、良い点悪い点も体験を通じて、登山の生活技術が自然と身に付くのです。

★ 紅葉の高島トレイル一泊二日を少人数で開催します。テントは用意します。詳しくは ⇒ 11/9-10 はこちら。 11/12-13はこちら

f:id:katomoji:20181016122507j:plain

正直、知識はコラムや雑誌などで得られるかもしれません。

が・・・

限られた装備や変化する自然環境の中で創意工夫と失敗から身に付く知恵や経験値は何物にも代えがたい財産となります。

 

アップデートしました。 

加藤校長と歩く!シリーズ、 2019年ツアーも掲載開始しました。

  

楽しい笑顔一杯の感謝ツアーが募集中です。申込電話が繋がり難いというご指摘いただきました。申し訳ございません。お待ちしています。

★ 紅葉の加西アルプス・善坊山ハイキング と 加西市・郷土おもてなしの旅 08401A

 

 日本は海外の注目も高い雪の国! 日本に住んでいる事をもっと楽しみましょう。

★ 本格的なアイゼンを使った練習はこちらです。11/27 と 12/5 に開催です。

★  1/5-7年末年始は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳にチャレンジ 12/31-1/3

★ 燕山荘宿泊 絶景の北アルプス 展望はこちら! 1/5-7

 

歩く習慣をついサボってしまう、そんな貴方が変わります!

ワイワイと楽しく、登山仲間を増やし、登山の基礎力も身に付く健康診断が待ち遠しくなる企画は ⇒ ★ 六甲山シリーズも9シーズン目に突入!

 

何のためのレインウェア?体温低下がどれほど恐いことか 山岳ガイドは知っている ②

天気予報に「冷たい空気が・・」という言葉が出る季節になりました。

素敵な紅葉の裏には朝露で濡れた下草でパンツを濡らし、冷たい氷雨で体温を奪われるリスクがあります。低体温症について

f:id:katomoji:20181015105352j:plain

東北福島 磐梯山の紅葉も終盤、里へ下っています。

上空に冷たい空気が入り、寒冷前線が通過した山岳では雪ではなく、とても冷たい雨に遭うことがあります。この凍る寸前の雨は木々だけでなく、登山者の衣服をムラし凍えさせてしまいます。

f:id:katomoji:20181015105629j:plain

これを雨氷と言います。 詳しくはこちら

衣服が濡れるのを防ぐ重要なアイテムはレインウェアです。貴方のレインウェアはどんな状態ですか?

f:id:katomoji:20181015111646j:plain

レインウェア表面の撥水性能が劣化してくると・・・ お手入れアイテムはこちら

秋山や標高の低い冬山に行くなら、秋がレインウェアの買い替えタイミングです。撥水性が低下したレインウェアでは、身体からで出る湿気が衣服内に籠りウェアが濡れていきます。 オータムキャンペーンはこちら

f:id:katomoji:20181015112108j:plain

肌に直接触れるアンダーウェア、加藤が愛用するのはファイントラックのスキンメッシュシリーズです。

 

アップデートしました。加藤校長と歩く!シリーズ、 

2019年ツアーも掲載開始しました。

★ 紅葉の高島トレイル一泊二日を少人数で開催します。

11/9-10 はこちら

11/12-13はこちら

楽しい笑顔一杯の感謝ツアーが募集中です。申込電話が繋がり難いというご指摘いただきました。申し訳ございません。お待ちしています。

★ 紅葉の加西アルプス・善坊山ハイキング と 加西市・郷土おもてなしの旅 08401A

 

★ 本格的なアイゼンを使った練習はこちらです。11/27 と 12/5 に開催です。

 

★  1/5-7年末年始は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳にチャレンジ 12/31-1/3

 

★ 燕山荘宿泊 絶景の北アルプス 展望はこちら! 1/5-7

 

★ 六甲山シリーズも9シーズン目に突入!

歩く習慣をついサボってしまう、そんな貴方が変わります!

ワイワイと楽しく、登山仲間を増やし、登山の基礎力も身に付きます。

健康診断もきっと待ち遠しくなることでしょう。

 

登山学校 「読図とナイトハイクレポート」   立花山/福岡県

九州発!福岡県の立花山へ行ってきました。

涼しくなった夕方から地図読みに挑戦!!

下山する方にたくさんすれ違いながら歩きます。
地図読み、夜道を歩くのも初めての挑戦です。
そして、みなさん全員、初めて立花山へ登ります。

f:id:kawano1430:20181008194345j:plain

まずは、地図の基礎をレクチャー。
整地がきちんとできるようになりました。

f:id:kawano1430:20181009172555j:plain

現在地、進む方向などをポイントで確認しながら進みます。

立ち寄った、名物「オオクス」も大きかったですね。

f:id:kawano1430:20181008194406j:plain

三日月山~立花山へ向かう道すがら、夕日が森をオレンジに染めていきます。
立花山で夕日が間に合うか気持ちも少し焦ります。
しかし待っていたのは、立花山への最後の急な上り。
頑張って一歩一歩上り、間に合いました!!

f:id:kawano1430:20181008194430j:plain

オレンジの光がまぶしく、そしてゆっくりと沈んで行きました。
とてもきれいでした!
夕食を食べ、お菓子とお茶も頂きながら、景色を眺めていると

だんだんと街の明かりがキラキラ輝き出しました。

すっかり暗くなったら、宝石箱をちりばめたようにきれいでした。

f:id:kawano1430:20181008194512j:plain

f:id:kawano1430:20181008194604j:plain

さあ、夜景を楽しんだ後は、ヘッドランプを付け下山です。
初めての夜道を歩いたのはいかがでしたか。
明かりがあるだけで安心すると感じたのではないでしょうか。
安全なところで立ち止まり、みんなで明かりを消してみました。
真っ暗で何も見えないのはとても不安ですね。
同じ道を下山しましたが、明るい時と違うのを感じました。

 

ご参加ありがとうございました。
またのご参加お待ちしております。

 

今回重宝したものピックアップ!

★肌触り良し、汗冷えしない、紫外線もカット!ウール素材がオススメ。

これから先の時期は中厚手にすれば保温性も上がります。

www.kojitusanso.com

★あると便利・雰囲気も良くなります。

www.kojitusanso.com

★ヘッドランプは明るいほどよく見えます!

www.kojitusanso.com

 ★陽が沈むとやはり肌寒い。暖かいものを持って行こう!

www.kojitusanso.com

 

読図とナイトハイクのレポートはこちら>>>
 九州での机上講座はこちら>>>

九州での実技講座はこちら>>>

 秋の山を楽しむ企画満載です!ご参加お待ちしております。

 

秋から晩秋へ

f:id:asahiryuta:20181008214231j:plainこのところ週末になると台風がやってきて残念な思いをされていた方も多かったと思います。しかし、10月8日3連休最終日は朝は雲海、夕方には夕日が見られ、終日を通して天気も良く、最高の1日となったのではないでしょうか?山は多くの登山者で賑わい、シーズン最後の連休はとても活気に溢れたものとなりました。秋も深まり、これからいよいよ冬へと季節が移っていきます。※早朝、霜がついたチングルマ。

f:id:asahiryuta:20181008205555j:plain

台風24号通過前紅葉の涸沢。

f:id:asahiryuta:20181008205728j:plain9月中旬、ジャンダルム〜奥穂高岳間の馬の背。

f:id:asahiryuta:20181008205827j:plain9月下旬、明神岳からの奥穂高岳方面の眺望。

f:id:asahiryuta:20181008205850j:plain

9月下旬、北穂高岳〜涸沢岳間から見た涸沢。この頃は涸沢より上部が紅葉の最盛期。

f:id:asahiryuta:20181008205852j:plain

早朝、霜が付いた登山ルート上の岩。スリップ注意です。

f:id:asahiryuta:20181008205907j:plain

10月初旬、台風24号通過後の薬師岳からの太郎平小屋。後方には白山。晩秋の雰囲気ですね。

f:id:asahiryuta:20181008211538j:plain

これから山は冬へと移行します。登山者も減り、今週末で小屋閉めの山小屋も多くあります。一般的にはこれからの季節は高山での登山ではなく、里山登山の季節。まだ標高の高い所へ行かれるという方はあまりいないと思いますが、計画と行動、天気予報などに留意し考えられるリスクに備えた登山をしてください。

何のための防寒着?体温低下がどれほど恐いことか 山岳ガイドは知っている ①

熱すぎた夏も過ぎ去ってみれば少しばかり懐かしい、人は段々と環境に慣れるものですね。肉体的にも精神的にも。

f:id:katomoji:20181006113629j:plain

ガイドのザックにはインサレーションウェアが必ず入っています。はずです!

それは「低体温症」が死に直結する恐いことだからなんです。

f:id:katomoji:20181006114328j:plain

山では冷たい雨も降ります 。

絶景を安全・安心に堪能するならインサレーションウェアなど防寒防風ウェアを!

自分がどのような標高の山へ行くのか、どのような緯度、どのような気象環境に出かけるのか、四季を通じて必要な装備

それは レインウェア(防風)インサレーション(防寒)です!

f:id:katomoji:20181006120954j:plain

冷たい雨や大量にかいた汗。雨も汗どちらも液体の水。

液体は乾いた空気に比べて25倍もカラダから熱を運び去り、強い風に曝されることで体温を奪います。

「私寒さに強いから!まだ大丈夫!」と言っている貴方!(もちろん、体質差と経験値に個人差があります。) 平熱から1~2度程度でも体温が下がれば、それは立派な「低体温症」です!

そこには機能低下を起こした脳と臓器をもった、生気の無い、自分が自分でなくなった登山者がいるのです。助けが無ければ死は確実に近付きます。

必要な装備を背負い、予防の知識に基づく行動がとても大事です。

専門家を招いての机上講座も随時開催していますのでチェックしてください。

 

ダウンジャケットなど最新のインサレーションウェアが店頭に並ぶ時期です。

 

加藤校長と歩く!シリーズもいよいよ秋冬バージョンに入ってきました。

楽しい笑顔一杯の感謝ツアーが募集開始です。昨年はあっという間にキャンセル待ちでしたが。

紅葉の加西アルプス・善坊山ハイキング と 加西市・郷土おもてなしの旅 08401A

 

六甲山シリーズも9シーズン目に突入!

歩く習慣をついサボってしまう、そんな貴方が変わります!

ワイワイと楽しく、登山仲間を増やし、登山の基礎力も身に付きます。

健康診断もきっと待ち遠しくなることでしょう。

 

初めての方からご参加いただける日帰り雪山シリーズはこちら

雪のあるところへ行ってみたい!

標高が低くても雪の季節は別世界。

加藤の相談窓口付なので、ちょっぴり不安を抱えた貴方にこそお勧め企画です。