好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

雪の国ニッポン 感動はカラダのビタミンだ!

毎年、雪山を歩いている私の友人はなぜかいつも元気なのです。

なんでだろう?

f:id:katomoji:20181207173310j:plain

きっと、

普段よりちょっぴり気合を入れた事へのご褒美が「ビックリ感動」となり

ココロがリセットされるからなんじゃないかと!!

f:id:katomoji:20181207173924j:plain

最近、本気で思っています。

2019年の素晴らしいスタート オススメ企画をご用意しました。

日帰り雪山企画

★ 日帰り雪山講座( 西方ヶ岳 乗鞍岳 野坂山 岩籠山 雲谷山 鉢伏山 三方ヶ岳  )
~ お好きな1日参加から、連続した7日間参加まで日程に合わせて選べます。

催行確定!! 山小屋利用の雪山企画

★ 年末年始は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳にチャレンジ 12/31-1/3

★ 中房温泉に入って、燕山荘宿泊。絶景の北アルプス 展望はこちら! 1/5-7

 

 

 

 

2019年冬 好日山荘ガイド企画(山下)のお知らせ

f:id:KatsuhiroYamashita:20181207094811j:plain

八ヶ岳(東面)

1月、2月、3月の八ヶ岳は平日企画ですが、空いている山、山小屋でゆっくり過ごしましょう。

1月、2月の企画の初日は体験アイスクライミングできます。

3月は氷の滝見に行きましょうか。

 

八ヶ岳・アイスクライミング体験と赤岳~阿弥陀岳登頂

 2019年1月17(木)〜18(木)

 

八ヶ岳・アイスクライミング体験と赤岳~横岳~硫黄岳縦走

2019年2月28(木)〜3月1日(金)

 

八ヶ岳・阿弥陀岳北稜登攀

2019年3月18(月)〜19日(火)

 

こちらは週末です。

北アルプス・西穂高岳登頂

 2019年4月13日(土)〜4月14日(日)

f:id:KatsuhiroYamashita:20181207095350j:plain

槍ヶ岳

好日山荘登山学校実技講座のページをご覧ください。

http://www.kojitusanso.jp/school/practical/

南アルプス 鳳凰山もやっと雪景色

 

f:id:kawano1430:20181203114723j:plain

南アルプス鳳凰山へ行ってきました。
天気は晴れ。気温は日中は5度くらいです。

雪はほとんどなかったのですが、

1日目の夜に降った雪のお陰で雪景色も楽しむ事ができました。

f:id:kawano1430:20181203115822j:plain

山小屋の営業は終わっているので冬期小屋を使わせてもらいます。

鳳凰小屋、薬師ヶ岳小屋を利用しながら2泊3日で三山を満喫しました。


朝、気温は-5度。まだまだ温かいですね。
と言っても、マイナス。普通に考えると寒い!!
暖かくしておかないともちろん冷えます。

ダウンジャケット、パンツ、ブーツは必須。

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

温かい飲み物もすぐ飲めるようにしておきます。

www.kojitusanso.com

 

f:id:kawano1430:20181203121557j:plain


地蔵ヶ岳のオベリスクはやはり美しいですね。
遠くに見える富士山は雪化粧をして美しかったです。

f:id:kawano1430:20181203121633j:plain


2日目の宿、薬師ヶ岳小屋から薬師ヶ岳はすぐです。
朝日を見に山頂へ。富士山方面から上がる日の出を拝みました。

快晴ですが、風がとても強かったです。

f:id:kawano1430:20181203121722j:plain

アウターには、バーグハウス エクストリーム5000PZ シェルジャケットを着て

フードも被りしっかりと防寒対策をしてきれいな朝焼けを堪能できました。

www.kojitusanso.com

 

さあ、冬本番へ向かいます。
今年はピッケル、アイゼンを使って雪山へ挑戦したいと思っている方
まずは、机上講座を受講してみませんか。
新しい山の楽しみが増えますよ。

机上講座はこちら>>>
実技講座はこちら>>>

雪山の歩き方、道具の使い方を実践しながら山を楽しみましょう。

雪山の準備

一気に冬の空気になって、紅葉も里山から街中へ下りてきました。

 

今年も三倉岳の入り口は紅葉が見事でした。

駐車場のトイレはカメムシが異様に多かったです。

f:id:yoshida1487:20181121140112j:plain

秋の風物詩、雲海はこの地形ならでは。この日の朝の気温は3℃でした。

f:id:yoshida1487:20181121135207j:plain

 

先日はいつもの場所で実技講座。

瀬戸内海沿岸は、西日がサンサンで気持ち良かったです。

f:id:yoshida1487:20181125170257j:plain

 

北部の山地は紅葉もきれいでした。

f:id:yoshida1487:20181121161818j:plain

 

登山道は落ち葉に埋め尽くされ、光が良く届いて明るくなってます。

f:id:yoshida1487:20181121135547j:plain

 

秋を名残惜しみながら、雪が降るのを待ってます。f:id:yoshida1487:20181125124538j:plain

雪山の準備は、雪が降ってからと言う方。その通り!

一年の半分は雪に覆われる山岳地帯では来年の5月頃まで雪山を楽しめますので、準備は雪が降ってからでも遅くはありません。

一方、西日本ではシーズンは3ヵ月程です。雪が降らなきゃもっと短い。こちらは雪が降ったらすぐに行かなきゃ終わっちゃう!準備のための準備をしておいて下さい。

 

全国の好日山荘では雪山机上講座をスタートさせています。

各ガイド講師陣が、各地域の雪山情報を含めてご案内いたします。

準備はまず、コチラから≫≫好日山荘 雪山講座

 

 

白馬の山が白くなりました!! 

やっと、やっと、やーーーっと山が白くなりました。

 

f:id:saruatsushi:20181121172320j:plain

(白馬村内 松川端からみた白馬三山)

 

「今年は雪が降らないねー」という言葉を何度聞いたかわからないくらいの今シーズン。今朝自宅の窓を開けると・・・白くなっていました!!

それだけでテンションが上がりますね。

 

23日(金)も日本海側の標高の高い山では雪の予報となっています。雪山登山を愛する方、雪が降らないと商売にならない観光関係の方にとっては本当にありがたい雪となります(降ってくださいね。ほんとに・・・)。

 

白馬でも昨年は11月中にオープンできたスキー場もあります。今年は11月のオープンは難しいかもしれませんが、1日でも早くオープンしてほしいですね。

 

雪が積もると雪山登山に出かけたい!! 今年こそ雪山デビューしたいという方が多いのではないでしょうか。そんな方にお薦めの講座を3連休中に関東で開催します。

雪山・冬山は美しい景色、大きな達成感と他に代えがたい魅力があるものの、やはりリスクも大きいです。しっかりと予備知識を持ってチャレンジして頂きたいです。

 

【登山学校】ガイドに学ぶ「雪山ギアの選び方&実践テクニック講座」

11月24日 池袋西口店 12時~13時 / 15時~16時

11月25日 横浜西口店 12時~13時 / 15時~16時

11月26日 横浜西口店 15時~16時

講座詳細はこちら(開催日時・会場をお間違いなくお申し込みください)

 

耳を澄まして 巨木の森 屋久島を歩いてきました。

屋久島では1000年の齢を越えた杉は「屋久杉」と呼ばれます。「縄文杉」はあまりに有名ですね。

f:id:katomoji:20181109163101j:plain

屋久杉をはじめとする栂や桧、ヤマグルマ、赤くつるっとした幹が霧に包まれた森でひと際目立つヒメシャラ、登山道から会うことができる巨木をじっくりと眺めて歩いてきました。

f:id:katomoji:20181109163359j:plain

永田歩道で出会う名の付く巨木「左捲大桧」、スギの幹肌とは違うようですが、どのくらいの樹齢なのでしょうか?

f:id:katomoji:20181109171217j:plain

コケが付着できないツルツル肌、赤味を帯びた温かそうな感じですが、ヒンヤリとしています。

f:id:katomoji:20181109171855j:plain

花之江歩道で出会う名の付く巨木「大和杉」はスッと立ち上がる真っ直ぐな樹形です。立地の不便さゆえに、伐採を免れた屋久杉本来の姿と言われています。樹齢はけっして縄文杉に引けをとらないと言われています。

f:id:katomoji:20181109172657j:plain

幹肌は相当の貫録です。

f:id:katomoji:20181109172804j:plain

屋久島の奥深さを味わってみませんか。

登山として捉えれば、一年を通じて私たちは歩くことができます。登山装備、歩くチカラ、担ぐチカラ、生活技術が必要ですが・・・

f:id:katomoji:20181109174150j:plain

雪の季節への準備は進んでいますか?

 加藤校長と歩く!シリーズ、 2019年ツアーも掲載開始しました。

普段は絶対に使わないアイゼン、シーズン初めに身体と脳に感覚を「覚えさせる・思い起こさせる」作業が必要です。練習用アイゼン貸出付の講習会です。

★ 本格的なアイゼンを使った練習はこちらです。11/27 と 12/5 に開催です。

 

初めての方、雪に慣れたい方、日帰り雪山企画 敦賀シリーズはこちらです。

★ 日帰り雪山講座( 西方ヶ岳 乗鞍岳 野坂山 岩籠山 鉢伏山 三方ヶ岳 )
~ お好きな1日参加から、連続した7日間参加まで日程に合わせて選べます。

「寒気」というワードが聞こえる季節となりました。

朝の天気予報を聞いていたら、「低気圧の雨後に大陸からの冷たい空気(寒気)が日本列島にかかってきます」と言っていました。標高の高い山は雪!低山は一層紅葉が進みますね!

f:id:katomoji:20181027113155j:plain

いよいよ防寒グッズの出番でしょうか。手袋・ニット帽・ネックゲータ・アンダーウェア、そうだ!ダウンジャケットも出しておかなくては。

「首」と付く部位を露出しないだけでも効果的です。なぜなら動脈が皮膚の浅いところにあるからです。脈拍を感じられるところです。

頸部にはネックゲータ手首には手袋頭部はニット帽

f:id:katomoji:20181027113815j:plain

「等高線が縦じまに・・」要チェックですね。

2017年11月17日の天気図 気象人「気象ダイアリー」のサイトとなります。

f:id:katomoji:20181027112315j:plain

もう一つ、要チェックなのが「上空の寒気」です。いつもお世話になって拝見している「寒気予想」(株式会社吉田産業様のサイトです。)

f:id:katomoji:20181027115128j:plain

28日(日曜日)は寒くなりそうですね。

冬に備えて、「寒さへの馴化」を意識して、積極的に山へ出かけましょう!

 

追伸:11/17(土)の感謝ツアーは催行決定です。残席は少しあるようです。

 

 加藤校長と歩く!シリーズ、 2019年ツアーも掲載開始しました。

普段は絶対に使わないアイゼン、シーズン初めに身体と脳に感覚を「覚えさせる・思い起こさせる」作業が必要です。練習用アイゼン貸出付の講習会です。

★ 本格的なアイゼンを使った練習はこちらです。11/27 と 12/5 に開催です。

 

初めての方、雪に慣れたい方、日帰り雪山企画 敦賀シリーズはこちらです。

★ 日帰り雪山講座( 西方ヶ岳 乗鞍岳 野坂山 岩籠山 鉢伏山 三方ヶ岳 )
~ お好きな1日参加から、連続した7日間参加まで日程に合わせて選べます。

 

大展望、信州企画はこちらです。

★  1/5-7年末年始は甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳にチャレンジ 12/31-1/3

★ 燕山荘宿泊 絶景の北アルプス 展望はこちら! 1/5-7

★ 雪山レベルアップ 雪の名峰へ 北八ヶ岳・天狗岳(2,646m)登頂2日間

  2回開催します。 2/6-7 と 2/8-9 です。