好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ちょっと聞きたい Vol.01 「トレッキングポール」

トレッキングポールを持つ機会が増えました。足元が不安定な時にバランスを保ち転倒を予防したり、登るときや下るときに筋肉の働きを助け、膝への衝撃を軽減させます。

時々、いただくご質問を紹介します。

先端のゴムキャップはトレッキングポール先端の金属チップをカバーしています。土の登山道や木道が出てくるような一般的な登山道上では「ゴムキャップ」を付けて使います。これは雨水で流れやすい土壌を掘りださない為と木道や樹木を傷付けない為です。たくさんの登山者が歩くハイキングコースでは守ってもらいたいですね。

 表示 ゴムキャップ

雪や岩場の上では「滑らないこと」に重点を置き、「ゴムキャップ」は外して使います。ゴムキャップは紛失しやすいのでご注意!

 表示 先端の金属チップ

「輪っか」のことを「バスケット」ということがありますが、何のためについているのでしょうか。

  表示 大きいタイプと小さいタイプ

スキーなどで使う場合は柔らかい雪の中に潜り込まないように大きいバスケットを使います。圧雪車で整備されたゲレンデスキーなら小さいバスケットを使う場合もありますね。先端に近い方に重たいものが付いていない方がポールの取り回しが楽です。

私はハイキングやトレッキングでは下にあるような「小さいバスケット」を使っています。

  ①  表示 トレッキングで使うなら小さいバスケットで。

小さいバスケットが付いていないと、ガレ場の岩塊の隙間などにポール先端が深く差し込まれ、(テコの作用で)ポールを曲げてしまう、折ってしまう、などのトラブルを起こしやすくなります。

  ② 表示 ネジ山が見えます

ネジ方式のバスケットの付替えは、バスケットを「上の写真①」のようになるまで回転させます。部品はお持ちのメーカー・タイプによって変わりますので、お持ちのポールを持って店頭でご相談ください。

加藤と一緒に山を歩いてみませんか。」ツアーのご紹介はこちらです。

加藤ガイドのHP では山の写真、鉱物の写真、蔵書の写真を更新、花・キノコ・水滴など写真などを中心に掲載しています。

登山研修所友の会2014/5/3 更新しました。役立つ情報がたくさんあります。