好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

「おろし」と「だし」

さて、これは何のことを言っているとお思いでしょうか。大根おろしとお出しを想像して、蕎麦が食べたくなった人もいるかもしれません。

今回は山脈とそこに生活する人々の農業・漁業に密接に関連する「局地風」に注目してみました。「おろし」を漢字で書くと「颪」となります。「下」と「風」からなる漢字です。日常では使わないので馴染みはありませんが、覚えやすいですね。

関西で有名なの「六甲おろし」や「鈴鹿おろし」、関東では「赤城おろし」や「筑波おろし」でしょうか。

六甲おろし」は『阪神タイガースの歌六甲颪 颯爽と 明けゆく・・・)』によってすっかり冬の寒風としてのイメージが強くなりましたが、古くからは季節を選ばずに山頂より吹き降りる突風のことを言うようです。
冬、西高東低の気圧配置となると北西の季節風は日本海寄りの山岳地帯に雪を降らせながら、最後に六甲山地に当たってから、加速度をつけて吹き降りてきます。こんな時は冷えた青空に雪のかけらが舞うこともあります。時には西風が明石海峡で収束して山添いに強く吹き抜ける場合もあります。春または秋、紀伊半島南部から遠州灘に低気圧が停滞すると低気圧に北風を吹き込み、これが裏六甲に吹きつけ圧縮されて六甲山地を無抵抗に吹き降りてきます。
 

「赤城おろし」は「上州空っ風(じょうしゅうからっかぜ)」とも呼ばれ、大陸のシベリア高気圧から日本列島に向けて吹いてきた季節風は、日本海でたっぷりと水蒸気を蓄えて群馬・新潟県境の山岳地帯にぶつかります。そこで上昇気流となり、日本海側に大雪を降らせます。山を越えた風は水蒸気を失っているので、非常に乾いた冷たい風となって吹き降ろすのです。

では、「だし」と言っている地方はどこにあるのでしょうか。
新潟県荒川では細長い峡谷を通って、谷の開口部から平野部や海上に向かってふき出す強い東よりの風を「荒川だし」と名がつけられ、同様なものに「三面だし」があります。日本海側で船を海に出す東風の意味からつけられたといいます。

各地にある「・・・おろし」は冬の風を指すことが多く、強風になるのはなぜでしょうか。
山脈によって引き起こされる「山越え気流」は、冬、気温の垂直分布が下層で冷たく上下の対流が抑えられていることがポイントのようです。そのような時、山脈に吹き付ける気流はその風下側で「山岳波」という大きな波動が生じるのです。
冬、比較的晴れた日の高い山を見た時、山越えの雲が等間隔で浮かんでいるのを見たことがあります。国内の写真がないのですが、パキスタン ガッシャーブルムの8000m上空を山越えする気流のつくる雲の写真を紹介します。

 

1985年G2 BC 雲.jpg


富士山の笠雲がほぼ一定の場所に張り付くようにあるのも関係があるのでしょうか。富士山のような独立峰では単純な山越え気流とはならずに、斜面を横方向にも舐め回すので渦巻く強風が吹き荒れているのです。冬富士の遭難の最大原因は「風」です。

 

下記写真は「NetChaya石川製茶 製造直売」様からお借りしています。

fuji笠雲web.jpg

登山では最も注意をしなければいけないのは「風」です。富士山はまさにそのような場所ですが、2500mを越え森林限界に近づく山々、峠など風が収れんする場所は大変な風が吹きます。樹木が矮小であったり、樹形が偏っていたり、冬に其処だけ雪が飛ばされて積もっていないような場所は要注意です。
ずいぶんと前のことですが、冬の北岳の稜線で他のパーティのザックが宙を舞い、友人が数メートル飛ばされたことがあります。「風の道」があるのです。アイゼンを軋ませて立って歩けたのに、半歩「風の道」に踏み込んだら、腹這いになって、凍てついて雪のついていない大地にピックを打ち付けないと飛ばされそうになったのです。

11月中旬から、アイゼントレーニングで富士山に行かれる方もいるかもしれません。しっかりした指導者のもと学んでほしいと思います。こんな富士山企画もあります。

紅葉にシーズンは駆け足で通り過ぎていきます。低い山であっても防寒・防風用品だけでなく、体温を奪う強風と足元をふらつかせる乱風を避ける知恵が大切です。

一般的な風の目安に「ビューフォート風力階級表」というものがあります。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ鉱物、自然、花、地質、鉱物などを載せています。