好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

冬の造形 シュカブラ

2月の最終日、北アルプス焼岳に出かけてきました。

冬期としては珍しくほとんど風もなく、北方に槍穂高連峰、南方に乗鞍岳中央アルプスをのんびり眺めることができました。

 焼岳北峰の向こうに槍穂高連峰

 乗鞍岳

稜線を歩くと様々な雪の造形を見ることができますが、雪原に刻まれるシュカブラも見ものです。

 

シュカブラは雪紋(せつもん)とか 風雪紋(ふうせつもん)などとも呼ばれます。強い風によって雪面は削り取られ、風は渦巻き新たな流れを生み出すため様々な模様を作り出します。

3月に入り、寒さと暖かさが目まぐるしく変わるようになりましたが、2500mを超える高山では6月に入っても積雪があります。素晴らしい雪山が待っています。

2015/3/30-31   雪の百名山 日光白根山(2578m)に登ろう  

2015/4/4-5   雪の百名山 苗場山(2145m)に登ろう

2015/5/1-3   雪の百名山 白馬岳(2932m)に登ろう

2015/5/4-5   雪の百名山 木曽駒ヶ岳(2956m)に登ろう

雪の百名山へいこう!.pdf もご確認ください。

加藤ガイドのHP には登山企画 と 山の写真、鉱物の写真、花・キノコ・水滴などを掲載しています。

登山研修所友の会は役立つ情報がたくさんあります。