読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

桜、落葉からの香り

山の自然学 山の植物について 登山に関するイベント情報 ★加藤智二

晩秋、雨に濡れた桜葉が散る道を歩くと少し甘い香りがしました。この成分は何なのでしょうか。

  桜葉も紅葉しますね。

桜餅や塩漬け桜花からは甘い香りがします。この物質が「クマリン」というものです。葉や花を半乾きにしたり破砕、塩蔵するなどすると、死んだ細胞内のクマリン酸配糖体と酵素が反応し、加水分解によりクマリン酸が分離、反応が起こってクマリンが生成して芳香を発します。

どうして桜の木はこの物質を持っているのでしょうか。塩蔵した桜葉は口に入れる機会があるのですが、このクマリン、実は服毒性があるようです。

毛虫に食害を受けたり、落葉し破砕で細胞が破壊されるとクマリンが発生します。この状態になりと抗酸化作用や抗菌作用があり、肝毒性もある状態となります。つまり、クマリンは桜が動物の食害に対抗する物質として身に付けた防衛物質なのです。

木々はすでに来春の新芽を抱えて雪の季節を迎えます。皆さんも万全の装備を身に付けて冬の山に出かけてみませんか。

雪山を安全に楽しく登るには知識や装備が大切です。装備の質問や説明会・机上講座は下記が予定されていますので、各会場にお申し込みください。

グランフロント大阪 マウントラボ会場12/2 PM4:00~5:30 & 18:30~20:00  12/19 PM4:00~5:30 & 18:30~20:00

神戸本店 アネックス会場12/10 PM18:30~20:00

銀座店 風月堂2F会場 12/22 PM18:30~20:00  12/23 PM18:30~20:00

日帰りのアイゼン・ピッケルの使い方を学べる企画を2015/1/18 (日)伯耆大山で開催します。スノーシュー企画と同時開催となり、バス移動は一緒となります。お申し込み時アトラストレックに「加藤ガイドの雪山基礎講座」とお伝えください。

雪の百名山へいこう!.pdf もご確認ください。

加藤と一緒に冬の木漏れ日ハイク 12/18   石老山(694m)に登ろう。奇岩や奇石を見ながら冬の低山を加藤と歩きましょう。

加藤と一緒に雪の百名山 12/27-30 甲斐駒ヶ岳(2967m)、仙丈岳(3033m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/2-1/3 蓼科山(2531m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/11-1/12 伯耆大山(1729m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 2/7-2/8 金峰山( 2599m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 2/27-3/1 焼岳(2455m)に登ろう

加藤ガイドのHP には登山企画 と 山の写真、鉱物の写真、花・キノコ・水滴などを掲載しています。

登山研修所友の会は役立つ情報がたくさんあります。