読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

屋久島の地質

11月上旬は雨の多い屋久島も比較的晴天に恵まれるとの情報もあったので宮之浦岳に行ってきました。鹿児島空港から屋久島空港への短い飛行機の旅では開聞岳を上空から見ることができました。

 表示

屋久島といえば千尋ノ滝や山間部に多く見られる露岩から花崗岩でできた島として有名です。ところが、人々が住む海岸部は堆積岩が馬蹄形で取り囲んでいることに気づくことがあるかもしれません。造成地に露出する「縞々」は空港から宮之浦や安房に移動するときに目にできるかと思います。

 表示

素晴らしい快晴のもと、宮之浦岳を楽しむことができました。

 表示

縄文杉も幽玄な雰囲気も素晴らしいですが、今回はクリアな姿を見ることができました。

 表示

下山コースに白谷雲水峡に向かいました。多くの方は素敵な「苔の森」に夢中です。私もシャッターをたくさん切りました。

 表示

そんな中、オレンジ色の土が露出する斜面に7300年前に起きた喜界カルデラの火山灰でできた軽石を見ることができます。

 表示

日本は様々な地質が観察できるので大好きです。皆さんも余裕を持った登山をされると、足元の土の色、岩の色、小さな変化に気づくかもしれません。気楽に、アレっ?何だかさっきと違うよね。そんな山歩きも良いものですね。

宮之浦岳のレポートはこちら

加藤と一緒に雪の百名山 12/27-30 甲斐駒ヶ岳(2967m)、仙丈岳(3033m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/2-1/3 蓼科山(2531m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/11-1/12 伯耆大山(1729m)に登ろう

加藤ガイドのHP を更新しました。登山企画と山の写真、鉱物の写真、花・キノコ・水滴などを掲載しています。

 

登山研修所友の会は役立つ情報がたくさんあります。