読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

地球からの贈り物 鉱物  VOL.03 「蛍石・フローライト」

カメラに少しでも興味があるとレンズの質に興味がいくことがあると思います。スマートフォンについている小さな窓のようなレンズ、一眼レフで使うレンズ、様々なレンズがあります。

 表示

調べてみたところ、こんな記述がありました。

レンズは光を通すと波長の違いによるスペクトル光が生じ、焦点のズレなどが生じる色収差が発生し、特に望遠、超望遠レンズでは焦点距離が長いため、色収差が顕著に現れるそうです。写真レンズは屈折率やスペクトル光のずれ具合の異なる素材を使ったレンズの組み合わせによって色収差を補正していますが、蛍石(フローライト、フッ化カルシウム)は通常の光学ガラスと比較するとスペクトル光のずれが異常に少ないため、通常の光学ガラスを用いて同等の色収差補正を実現するよりも小型・軽量化しやすくなります。しかし蛍石は研磨が難しく割れやすいなどの点があり、コストが高いため、使用した民生用レンズを販売しているメーカーでも蛍石レンズはほとんど採用していないそうです。最近では蛍石と似た低分散性を持つEDガラスを用いたEDレンズが開発されています。

フローライトは、鉱物(ハロゲン化鉱物)の一種。主成分はフッ化カルシウム(CaF2)。等軸晶系。色は無色、または内部の不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯びます。

 表示

 表示 

 表示

今までは天然の蛍石を再合成していたのですが、岩谷産業が合成蛍石をつくることに成功したそうです。

鉱物蒐集で蛍石は色や形、産地ととてもとても種類があります。

11/13 加藤と奥多摩日の出山に歩きませんか。JR「日向和田」駅前はこちら。

12/5~7 加藤と白嶽(しらたけ 519m)と御岳(みたけ 479m)に歩きませんか。

  博多港はこちら。フェリーを使う船旅で行く    大阪南港集合コースもあります。

加藤と一緒に雪の百名山 12/27-30 甲斐駒ヶ岳(2967m)、仙丈岳(3033m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/2-1/3 蓼科山(2531m)に登ろう

加藤と一緒に雪の百名山 1/11-1/12 伯耆大山(1729m)に登ろう

加藤ガイドのHP を更新しました。登山企画と山の写真、鉱物の写真、花・キノコ・水滴などを掲載しています。

登山研修所友の会は役立つ情報がたくさんあります。