読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

アックスの付け方

ピッケル ★山下勝弘

夏でも劔岳や穂高周辺のバリエーションに行く時はアイゼン(日:鉄爪、独:Steigeisen、英:Crampons)、ピッケル(日:氷斧、独:Eispickel,英:ice axe)が必要になります。

 

スタンドードなアックスのザックへの付け方の解説です。

■ クラシックタイプ

20140907a.jpg

ピックをザックの内側に向ける事が必要。外に向けると、人や岩に引っかけてしまいます。

 

 ■ ザックの中にいれる

20140907b.jpg

電車に乗る時、荷物が少ない時、アックスを付けるストラップがない時は、石突き(スパイク)を下にしてザックの中に入れる(ザックから飛び出してもいい)事もやります。

 

■ サイドストラップに引っ掛ける

20140907g.jpg

うっかり落とすことに注意。

 

■ ここ10年程多いパタン

20140907c.jpg

いちいちアックスをひっくり返さなくてもつけられる。

アイスクライミング用の極端に曲がったアックスもつけれらます。

 

20140907f.jpg

よくある間違え。

 

20140907h.jpg
これは・・・