読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ヘルメット

数年前はクライミングする人しか使っていませんでしたが、今は岩稜帯を歩く人はかなり多くの割合で使用していて

安全面を考えるとてもいいことですね。落石のみならず転落や転倒した時にも非常に有効です。

 

登山用のヘルメットは自転車用や他目的のヘルメットとは用途、規格が違います。

EN、UIAAの登山用具の規格に準じています。

例えばヘルメットは高さ2mから5Kの物体を落としたときの衝撃荷重が10kN(ENの場合。UIAAは8kN)以下とか、

横、下向きでの対応可能な角度やストラップの強度等です。

 

20140904a.jpg

通気口から落石が入らないサイズにもなってます。