読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

レインウェアが必要な季節

これから秋まではレインウエアが必須なります。

防水透湿製の製品を着てもやはり濡れるし、暑いです。

原因は内部からは自分の汗、外部からは手首・首から雨が少しずつ入ってきます。

しっかり閉めるとまた内部から蒸れます。

 

対策の一つとして(主に夏山)

・アンダーは短パンとかスポーツタイツの上に直接雨具のパンツを履く

  宿に着いたら濡れていない(はず)のズボンに着替える。

・上は薄手の長袖シャツの上にジャケットを着る。

 

多少の濡れを気にしないで、自分の発熱で対抗し、行動後用の乾いた服を温存する事も工夫の一つです。

 

しかし3000m近辺の稜線では低体温症になる可能性があります。雨が降っている時は

・もし行動するなら、稜線は歩かない。

・もし行動するなら、標高を下げる。

・行かない。

という自己防御が必要です。

 

20140622a.jpg

雨に濡れた花は輝きます。