読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

暑さに体を慣らしていこう! 山の健康管理 Vol.01 「水分補給」

道具について レスキュー、危急時対策 登山をするなら 装備について ★加藤智二

ゴールデンウィークは終わりました!先日、奈良の山すそに行ってみると、なんとが鳴いていました。ハルゼミだと思いますが、暑い夏の記憶を呼び覚まさせられました。

 表示 夏、氷ノ山

さあ、若葉が素敵な時期は意外に短く、これからの5ヶ月間は夏日、真夏日、猛暑日に負けないに準備をして山にいきましょう。

5/17.18は好日山荘90周年六甲山全山縦走イベントが開催されます。ご参加いただく方には近日中に「参加の手引き」が届きますので、よく読んでください。中でも熱中症を未然に防ぐ最強ツールはハイドレーションシステムです。カラダがまだ暑さになれない春先、湿度が高い梅雨はカラダの熱が放出されにくいので、更に注意が必要です。

  表示

 

5月17日の須磨から新神戸駅まで六甲山を10時間縦走する場合、私は暑いことを想定しておこうと思います。

1: 10時間×5ml×体重64㎏=3200ml これの80%を背負うとすると 2560m lなので、2Lのハイドレーションに水を入れて、アイソトニック飲料を500mlを持っていこうと思います。

2: 出発30分前にアミノバイタル1包を飲んでおきます。行動食に関しては多くは触れないでおきます。

3: かいた汗を小まめに、少しづつ継続的に飲みます。のどが渇いたナァ。と感じる前に飲むのがコツです。

4: 汗でミネラルが失っているので、時々はアイソトニック飲料を飲んだり、行動食、塩飴など組み合わせていきます。

5: 気温が高い時間帯は強い日差しをハットを被ったり、タオルで首筋覆ったりして遮ります。

6: 服装は風抜けが良く吸汗性のあるポリエステル素材を使おうと思います。ウェアについては又、別の機会に。

7: ちょっとした木陰、風抜けの良いところで、バックパックを背負ったまま、立ったままで、数分間休憩をして体温を下げます。

8: もし、雨が降って湿度が上がり、風が弱いときは熱がこもるので、スピードダウンして対応します。

シーズン初めの暑さは身体に堪えます。徐々に体を夏向きに作って、楽しい登山ができるようにしましょう。

加藤ガイドのHP を更新しました。山の写真、鉱物の写真、蔵書の写真を更新、花・キノコ・水滴など写真などを中心に掲載しています。

登山研修所友の会2014/5/3 更新しました。役立つ情報がたくさんあります。