好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

春だ!山歩き向きのエクササイズをやってみよう!

山を登るときに必要なものは? 登山靴、バックパックです。 でももっと大切なのが筋肉です!なので、今回はお家の中でできるエクササイズの紹介します。


登山学校からのお知らせです。

登山の知識を増やすチャンスも春からスタートです。好日山荘登山学校の机上講座が明日4/3 から各地で開始です。席に空きがあれば今からでも大丈夫です。大阪グランフロント店名古屋栄店銀座店池袋西口店新宿東口店(新宿三丁目会議室)が会場です。お申し込みもウェブからもできます。もちろん電話もOKです。大阪・名古屋会場はTEL:06-6485-7355 (株)アトラストレック梅田営業所まで 東京会場(池袋、銀座、新宿) TEL:03-3341-0030 (株)アトラストレック東京本社まで。


 表示 こんな天気の時に行きたい!

春になって気温が上がってきました。体を動かすのによい季節です。5月の連休?夏休み?大きな荷物を持って長距離歩ける体を作るためには日頃からのトレーニングが必要です。そう、今から適度な負荷をかけ筋肉を目覚めさせたげるのです。

  表示 歩行バランスが大切ですね。

登山では登りもあり、下りもあります。凸凹もあり、浮石やすべりやすい砂、泥、雪など、視覚からの情報や靴底から伝わる感覚などから、三次元のバランス感覚を脳が判断して、手足を動かす指令を出しているのです。この連続した状況判断を素早く的確に行うためには実際の場面を繰り返し繰り返し体にしみこませるトレーニングも大切です。ご近所ハイキングも大切ですよ。さて、エクササイズのご紹介です。

 表示

基本動作は立った姿勢から片方の足を大きく前に踏み出し、上体の直立を保って腰を下ろしていきます。ポイントは膝の角度が90度になること。大腿部と床が平行になること目安にゆっくり行います。注意点は踏み出した足の膝とつま先が同一方向を向き、膝がつま先より前方に出ないようにします。

 表示 状態の姿勢は良くありませんね。背筋を伸ばし前方を見るように注意します!

自宅でお勧めなのがこのフォワードランジという運動です。筋肉が収縮しながら力を発揮する運動と筋肉が引き伸ばされながら力を発揮する二つの異なる質の作用が前後の脚で発生するのです。更に、左右でバランスを取りにくい体勢のため、脳の働きと筋肉の統合的な働きが鍛えられるわけです。転倒防止のために椅子や壁に手が届くようにしておくと良いでしょう。


ここからは少し専門用語も入るので適当に流してくださいね。

筋肉はエンジンの一種なので車のエンジンと同様に燃料が必要です。私たちは食事で取り入れる糖質を肺で取り入れた酸素とゆっくり反応させて、筋肉の燃料 ATP (アデノシン三リン酸)をつくり貯めることで連続して活動しています。運動負荷が大きくなると、ATP製造速度が消費に追い付かず、運動し続けることができなくなります。つまり、赤字、キャッシュフローが悪化するのですね。ちょうどバランスの良い状態は有酸素運動状態、すなわち会話ができるくらいの歩行スピードなのです。

食事の三大栄養素は糖質とタンパク質と脂肪ですが、このうち消耗した筋肉などの身体の構造物を作るのに必要なのが、タンパク質とそれを分解したアミノ酸です。脂肪は予備のエネルギー源として体内に貯蓄されます。でんぷん、グリコーゲンなどの糖質、特にブドウ糖が最もATP製造に使われます。

筋肉の部品であるタンパク質は絶えず分解され、作り変えられています。つまり、私たちの体は筋肉も皮膚も数週間から数か月の周期でつくりかえられているのです。そして、使う頻度と負荷によってそのリニューアルの質と頻度が決まるのです。宇宙飛行士が無重力状態に長くいることで筋肉が落ち、骨からカルシウムが抜け出してしまうことでもわかります。筋肉は使うことでより良い性能を得ることができるのです。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、自然、花、地質、鉱物などを載せています。