読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山靴の寿命

登山靴の基本性能は私たちの「ひ弱な足」を外傷や低温などから守ることにあります。
登山道には土、泥、砂、砂利、岩、雪、氷があります。多くはそれらが混在し様々に変化するのが普通です。代表的なのがビブラム社製ソールで多くの登山靴メーカーに採用され、様々な種類があります。

 表示 ブロックパターンをしっかり雪に食込ませます。

ソールの役割はゴム自体の摩擦力=フリクション、ブロックパターンによる駆動力伝達です。靴底の曲がりにくさ(剛性)も大事な要素です。
残雪期の山は標高が低いところでは泥、標高が高くなると雪が出てくることも多いです。早朝は硬く快適でも、日中はグズグズに柔らかくなってしまいます。仲間と一緒に行った時、自分だけが妙にスリップする様だと登山靴のソールがすり減って傷んでいるせいかもしれません。

 表示 こんなにすり減ったものはダメです!

新しい登山靴は一つ一つのブロックの彫も深くしっかりとし、エッジも立っています。

 表示 無積雪期

  表示 積雪期用はブロックパターンも深く、靴底の剛性も高いです。

 表示 積雪期用ザンバラン EXP PRO

登山靴は使えばゴムがすり減るのは当然です。そんな時は修理に出すことで、ソールを新しいものに交換できます。

  表示  張替後

但し、履き込んだ登山靴の剛性は落ち靴底は曲がりやすくなっています。又、修理に注意を払ったとしてもゴアテックスの生地を傷める可能性もあります。自分の足になじんだ登山靴は何物にも代えがたいものですが、初期性能より劣化している点も多いです。

自身の歩行技術で安全や快適がカバーできなくなれば、買い替え時期が来たと考えましょう。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、自然、花、地質、鉱物などを載せています。