読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

怪我にご用心!身近なファーストエイド

先日、屋久島 黒味岳に登り、淀川登山口の3m手前の木の階段でスリップして片手をついてしまい手のひらを削ってしまいました。日頃から、「駐車場が近づいて気を抜くと怪我をしますよ」などと言っていた自分が情けなく感じます。今回は小さな怪我ですが、私の処置をご紹介します。

この日は前日までの雨も上がり、黒味岳は快晴の青空と雪となり申し分ありませんでした。

 表示

標高を下げるにしたがい気温も上がっていたため、手袋を外していたのが怪我に結びつくことになりました。ミスです。うっかりは誰にでもあるもの、小さなミスが大きな事故にならないとは限りません。

 表示 3日目です。

きれいな水筒の水で洗い、湿潤タイプの絆創膏で保護し、厚みを作った滅菌ガーゼを押し当て、テーピングテープで圧迫止血をしました。写真は三日目の様子ですが、乾燥させないことで痛みも突っ張りもなく日常生活に全く支障はありません。

 表示

 表示

教訓!

・手袋は防寒だけではなく防護のために必要です。

・きれいな水は必ず持つ。

・湿潤タイプの絆創膏(ハイドロコロイド素材)

・テーピングテープはすぐ出せるように。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、自然、花、地質、鉱物などを載せています。