読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

花崗岩

登山をするなら 山の楽しみ ★加藤智二

特に登山中に出会う岩石の中で目立つ代表選手は「花崗岩」だと思います。こんなに身近な岩石ですが様々なタイプがありびっくりします。

関東にある丹沢にある深成岩に関して研究されている方々のページが興味深かったのでご紹介します。花崗岩のような深成岩は深い地中でゆっくり冷えて結晶が成長すると聞いていました。その冷却スピードはいったいどのくらいなのか、熱く融けた鉄が固まるみたいなのでしょうか。

何とびっくり。普通は数千万年かかってゆっくり冷えるらしいです!この丹沢においては100万年の間に660度冷えたそうです。1000年で0.66度冷えて行ったわけですが、このスピードが地質学の世界では急激!なのだそうです。新鮮な驚きでした。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20100301/

 表示

有名な北アルプス燕岳の稜線、南アルプス甲斐駒ケ岳などだけではなく、身近なハイキングの山である六甲山や比良山系の東面でも見ることができます。

 表示 風化しています。

 表示 硬い部分が残っています。

マグマが地表に噴出したものが「火成岩」と呼ばれ、流れやすい三宅山のような玄武岩質マグマ、中間の安山岩マグマ、モコモコと流れにくい雲仙普賢岳は二酸化珪素成分が多いタイプの安山岩マグマとなります。二酸化珪素成分が多いほどネバネバドロドロとなります。

岩登りにクラックルートを提供してくれる柱状節理もあります。

私の好きなWEBサイトはこちらです。

観光地ですが福井県の東尋坊は安山岩溶岩が冷えて固まったものです。

 表示 東尋坊

最近では噴火が一般にとりあげられる富士山は玄武岩マグマが繰り返し噴出してできた四階建て構造です。

   表示 富士山火口

 

六甲山の花崗岩は白亜紀末期(7500万年~7000万年前)のもので「深層風化」が進んでいて、地表付近のものはほとんど真砂(マ サ)化しています。兵庫県南部地震の時は六甲山の山腹に多数の斜面崩壊が生じました。

 表示 芦屋ロックガーデン

六甲山932mは凡そ100万年かけて大地の圧縮で上昇したそうですが、少しずつというより巨大地震によってガクンガクンと上昇したようです。

 表示 六甲山山頂