好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山用手袋の選び方

冬山に欠かせないものに手袋があります。

 表示

寒い時期になると日常生活でも出番が多い手袋ですが、私は薄手と中厚のメリノウールやその混紡ニット製とウインドストッパーを使用した手にフィットするタイプをもっていきます。標高が高く稜線で強い季節風に曝されるところでは保温性が高く厚みがある素材とその膨らみを保つことが出来るゆったり目のシェル付きグローブを使います。

一般にウェアであれば良質の登山用下着は登山中はずっと着たままで、状況により重ね着で一番外側にアルパインウェアといわれるハードシェルを着ます。状況に応じてダウンジャケットなどの防寒着も着ます。

では手袋は?基本的には手も体の一部ですから汗もかきますし、心臓から離れた器官なので寒さに弱いところです。体温を不用意に漏出させない為には「濡らさない(汗や雨や雪で)」と「冷たいものに触らない(雪や氷、ピッケルなど金属)」そして「風を防ぐ」更には「空気の層をつくる」ということです。つまり、伝導しにくく、対流しにくくするということになります。

樹林帯の中など気温は低くても風が無く、運動負荷が高い時は「薄手」を使っています。この時期ラッセルなどで雪に触れることが多い場合はこの上にオーバーグローブをします。

 表示

標高も1000mほど登れば、気温は6度程度低下してきます。手がかじかんで動かしにくくなったとしたら、体温保持にイエローライトが点滅したと考えて、汗で湿った「薄手」から「中厚」に付け替えます。この時、湿った「薄手」の手袋は体に近い上着の内ポケットに入れて、体温で乾かすようにしています。

さあ、森林限界が近いのかダケカンバが出てきて、森の木もまばらになり、木の背も低くなってきたようです。風当たりの無い場所で休憩を兼ねてしておくことは何でしょうか。1:休憩すると運動負荷が減り発熱量が小さくなるのでまず防寒ウェアを着ます。2:行動食温かい飲み物を摂ります。3:厚手の手袋では作業しにくい靴ひもの調整、アイゼンワカンのストラップ調整等を済ませておきます。4:頭、顔、首の防寒は大丈夫か確かめます。5:乾いて保温性の高く防風性がある手袋に付け替えます。

アイゼンやワカンの装着など細かな作業を素手で行う方もいますが、凍傷の危険が大いに高まりますので、注意が必要です。金属に接触したり、雪で手を湿らすことは急速に手指先から体温を失います。寒い中、大変でしょうが手袋を付けたまま自分でできるように練習を繰り返しましょう。

手も基本はレイヤードでも良いのですが、手には指が接近して隣り合っています。重ねすぎて指先を圧迫すると血流が妨げられてかえって凍傷の危険性が高まります。本当に寒い場合は五本指のグローブの上にミトン(親指以外をまとめて覆うもの、鍋掴みやボクシンググローブのような感じ)をすることもあります。

私は冬山登山に出掛ける時は三種類のタイプ、中厚は行動日数分を持つようにしています。もちろん防水バックに入れておきます。日本のように中緯度で湿った雪が降る山岳地帯では海外の山々よりも凍傷に気を使う事も多いのです。どの山域に行くかで変わると思いますが、多少荷が増えても凍傷は避けてほしいと思います。

まあ後でなど、面倒がるのは登山では大敵ですよ。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。