好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

霧氷が見られる季節になりました。

昨日、12/21 に六甲山全縦の東半分、新神戸駅から宝塚駅まで歩いてきました。天候は冬型気圧配置、南の神戸市街地上空は雪雲が縁に当たります。

 表示

標高600m近くになると山に吹き付ける湿った冷たい空気は梢にあたり霧氷ができ始めていました。

 表示

激しい風に揺らされ足元は雪が積もったようです。

 表示

このような氷華が見られる気圧配置と寒気の動きはどんな感じでしょうか。

 表示 「気象人」 様より

 表示 「 ㈱吉田産業海洋気象事業部 」様より

西日本の1000m前後の山々で霧氷に出会うためには、850hpa 1500m上空のマイナス6度の寒気団の動きも注目ですね。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。