読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

アイゼン=クランポン 種類の違いを調べてみよう!

アイゼン(クランポン) 道具について ★加藤智二

冬山用品を購入する時期ですね。好日山荘冬山セールのダイレクトメールはお手元に届きましたか。まだの方はホームページもご確認ください。

店頭に行くと様々な種類の雪山用品があります。初心者の方にとって普段の登山ハイキングで出番が少ないもののひとつにアイゼン(クランポン)があります。雪や氷がある季節や雪山エリアに行くときには”必要ですよ。”といわれてもピンとこないものです。日本は自然環境が素晴らしく、場所によってはトンネルと抜けると、或は峠を越えると雪国となるのが特徴です。これは九州・中国・四国・近畿など西日本であっても同じ傾向があります。これから出かける山が太平洋側気候なのか日本海側気候なのか。標高はどうか。ルートはどうか。など事前の情報収集が大切です。その時々の気象状況によっては出番がないこともありますし、持ってゐなければ引き返すしかないこともあります。

さて、店頭を見ると「4本、6本、8本の爪をもち前爪がないタイプ」 と 「10本12本の爪をもち前爪があるタイプ」に大別されているようですね。
 これを読んでいる方が雪山初心者であったら、どのタイプに視線を向けるでしょうか。「人に聞くと大して雪がある山ではないから」「念のためだから」といった理由で持ち運びに小さく、金額も安いものから手に取るかもしれませんね。では、雪がありそうだから金属の爪がありさえすれば、どれでも大丈夫なのでしょうか。今回は爪の長さ・鋭さ、爪が靴底を覆う範囲に注目してみます。

是非、店頭にお越しの際はご自分の冬用登山靴をご持参いただきフィッティングを確認して購入されることをお勧めします。


 

近い将来、北八ヶ岳天狗岳に行き、南八ヶ岳硫黄岳赤岳に行くかもしれないと考えているのならば、10本爪以上前爪付を選ぶことをお勧めします。登山学校の基本装備も同様です。靴底全体に爪が配置されたこのタイプは夏のアルプスにある急な雪渓から厳冬期の標高2000m台の山の一般ルートに相応しいモデルです。

 

  表示 黄色いテープでしっかり固定します。

f:id:katomoji:20161031173436j:plain

 靴底全体に爪がまんべんなく配置、「ワンタッチ方式」でズレやゆるみが少ないが、登山靴との相性も重要です。

f:id:katomoji:20161031173853j:plain

 前爪から二列目の爪は斜め前方向きにに設定、前爪に体重を乗せたとき下支えし安定しやすいです。つま先側も金属ベイルが使われています。

装着の方法と一体感に関しては山下ガイドのこちらをご参考ください。

冬山を目指す登山者に是非購入し使いこなしてもらいたいのが、応用が利く10本爪以上の爪を持つタイプです。


私は冬の太平洋側気候の影響を受ける低山しか行かない、もしくは行く予定がないというならば6~8本前爪の無いタイプも選択できます。多くのハイカーや登山初心者が選ばれるモデルです。夏の白馬岳などや積雪期、登山道の積雪や氷に靴底をフラットに置くことができる低山ハイキングに適しています。

一方、靴との一体感に乏しく、つま先とかかとには爪が無いので傾斜があるルートには適しません。爪が短く本数が少ないため、硬い氷には刺さらず、柔らかく腐った雪にはグリップが効きにくく、使いこなしにクセがあります。冬の八ヶ岳など環境変化(標高差、朝晩のの寒暖差、斜面の向きや傾斜変化)の大きい高山登山にはふさわしくありません。

6本爪は凍ったり、雪が積もった夏山登山道、足裏全体を使うことができる登山道ならOKですが。

f:id:katomoji:20161031174353j:plain

特徴として、つま先とかかとには爪が無い。力をいれる”拇指球”に爪が無い。爪は丸みを帯び、長さも2cmに満たない。


 

お守り代わりに購入される方が多い四本爪タイプは登山靴の土踏まずに装着され、靴底に占める面積も小さいものです。靴底全体をフラットに置くことができ、手入れの行き届いた里山や低山で、少ない積雪や部分的に凍っている場合に使えると思います。

コンパクトで携帯しやすいメリットがありますが、用途は極めて限られます。山岳ガイドや登山学校ではお薦めはしていません。

f:id:katomoji:20161031174056j:plain 土踏まずに装着されます。靴底に占める面積も小さく、踏ん張りが利きません。

これからの季節、低気圧が通過し三陸沖に抜けると等圧線が縦に並ぶ冬型の気圧配置となります。すると寒気が日本列島に流れ込んできます。この寒気については850hpa(上空1500m付近)のデータで氷点下6度ラインが列島を覆うようだと、標高2000mに満たない西日本の山々でも雪が降ります。霧氷を見に行くならこのタイミングですね。アルプスなど標高の高い山々を計画するなら500hpa(上空5000m付近)のデータに注目です。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。