読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

アミノバイタルを効果的に

登山愛好者に浸透してきたアミノ酸栄養補助食品、最近こんな使い方をしてみたところ、大変具合が良かったのでお伝えします。

登山開始前にしっかり朝食を食べるのは基本です。炭水化物が消化し、血糖値を上げる、その程度を表す指標にGI(グリセミック指数)があります。これはブドウ糖における血糖値上昇割合を100としたときの値で、白パン、白米は70以上で高い方で、全粒粉製品は低く、豆類はもっと低く血糖値を上げにくくなります。

登山などスポーツ中にブドウ糖の塊や飴を食べると急激に血糖値を上げてしまうため、インシュリンが分泌します。結果、今度は血糖値が下がってしまい筋肉に栄養が届かずハンバーノックを起こします。他の食品と組み合わせて食べましょう。もちろん、長時間食べずに行動して動けなくなるのもハンガーノック、所謂シャリバテです。

行動食は小まめに食べるようにします。バナナなどに含まれる果糖、ブドウ糖複数結合したマルトデキストリンを含むゼリーなどは吸収が早く血糖値を上げにくいのでオススメ。腹持ちが良い炭水化物でも、消化の早い(高GI)餅やうどんや白米、ゆっくり消化する(低GI)の蕎麦や玄米、豆を組み合わせるのがおすすめです。

さて、好日山荘で販売しているアミノ酸に「アミノバイタル」があります。下記のように食べてみたところ良いフィーリングだったのでご紹介します。

 表示 行動する30分前くらいに飲み物と一緒に飲みました。

 表示 行動して2時間後くらいたった時、全部飲みました。

 表示 下山して夕食後、寝る前に飲んでみました。

私たちの体は常に分解と再生を行っています。普段より激しく筋肉を動かすのであれば、疲労し破壊された筋肉を修復するための良質なアミノ酸を必要とされるタイミングで摂取することが大切です。

簡単に考えると筋肉痛は破壊された筋肉が修復される過程で発生するものです。運動後には体中に修復、若返りのホルモンが分泌されているのですから、このタイミングで良質なアミノ酸を摂取しましょう。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPには、自然、花、地質、鉱物などを載せています。