読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

北アルプスの魅力 足元をよく見てみれば

山の楽しみ 登山をするなら ★加藤智二

北アルプス縦走する時、その雄大な景色、美しい高山植物だけではなく、今回は足元の岩石に注目してみました。

 拡大表示 イワショウブ

  拡大表示 オヤマリンドウ

 拡大表示 三俣蓮華岳の氷河地形 カール群と笠ヶ岳

折立から太郎平小屋までの緩やかな登山道にでは砂岩が露出し、砂場のようになっているところもあります。

 表示 太郎平から折立間

 表示 太郎平から折立間 砂浜のような砂!

第四紀の火山岩類は雲の平周辺で見ることができます。祖父岳はまさに溶岩という形状です。

 表示 登山道わきの溶岩

 表示 祖父岳の露出した溶岩帯


薬師沢小屋の吊橋から見る黒部川の河原は白い花崗岩白亜紀末期-古第三紀火成岩で奥黒部花崗岩です。

 表示 薬師沢出合吊橋

  表示 黒部川

縦走してくる道中、薬師沢小屋を出て湿原を抜け、花崗岩の河原を渡り尾根に入ります。少し行きまるで骨材が詰まったコンクリートのような岩があるところを抜けると、崩れやすく深い溝になってしまった手取層群につけられた道となります。

  表示 太郎平に向かって、薬師沢の源流部を渡ります。この辺りはまだ花崗岩で白く明るいです。

 表示 骨材が詰まったコンクリートのような岩

  表示 深くえぐれてきている登山道

太郎平に至る登山道、この付近の堆積岩類はジュラ紀中期から白亜紀前期にできたもので、あの恐竜化石が出た手取層群です。ここ太郎平から北ノ叉岳周辺で見つかったとは聞いたことはありませんが。

  表示 太郎平から折立間

  表示  太郎平から折立間

滝谷花崗閃緑岩などの深成岩や噴出した溶岩が固まり、節理が生じた火成岩や火山灰が厚く堆積して固まった「石質凝灰岩」は岩登りが好きな人にはおなじみですが、山登りであっても様々に変化する地面に注目すると、日本列島の生い立ちや豊かな地形と豊かな自然に日本で山登りができるありがたさが感じられるのです。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、自然、花、地質、鉱物などを載せています。