好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

伯耆大山の生い立ち

180万年前から50万年前にかけて噴火形成された成層火山である古期大山のカルデラ上に、5万年~1万年前にかけて成長した巨大な溶岩ドームである新期大山からできています。裾野は広大で日本海に達しています。
新期大山は過去数回にわたり破滅的な大噴火を起こしていて、5万年前に起きた噴火は大規模なプリニー式噴火で、大量の火山灰や軽石、火砕流を噴出し、この時の火山灰は偏西風に乗って遠く福島県まで降ったそうです。
およそ2万年前に最後の火山活動が起こり比較的粘性度の高い石英安山岩が盛り上がり、弥山、三鈷峰、烏ヶ山の3つの溶岩ドームが形成されました。

2万年前は旧石器時代の氷河期にあたり、対馬海峡あたりは陸続きで大陸とつながっていた時代でした。今年のニュースで石垣島2万年前の人骨が発見されたというニュースが出ていました。


円錐形の斜面の西側は伯耆富士、出雲富士とも呼ばれています。
火山体の解体期に入っている北側と南側は著しく崩壊が進みアルプス型の険しい岩壁となっています。積雪期には脆い壁が凍るため、北壁のバリエーションルートを登攀することができます。

東側斜面は、船上山、勝田ヶ山、甲ヶ山、矢筈ヶ山が連なっています。これらは溶岩台地や古期大山の火砕岩からなる急峻な山容です。地質は、両輝石石英安山岩を主とする溶岩・凝灰角礫岩からなる古い地質で構成されています。


以前、烏ヶ山に行った折、頂上手前の露岩がいかにも溶岩だなぁ。ということを思い出しました。鏡ヶ成から登れるのですが、鳥取県西部地震ののち、稜線が崩壊してしまい、現在、頂上までは登山禁止となっているようです。

標高700m~800m以上は、冷温帯落葉広葉樹林のブナ天然林が広がり、そこから低地に行くに従って、ミズナラ、シデ、イタヤカエデ等の多様な植生を見ることができます。
頂上付近にはダイセンキャラボクがあり、純林は昭和2年に特別天然記念物に指定され、昭和27年に国指定の特別天然記念物となりました。
ダイセンキャラボクはイチイの変種で、日本海側の高山に分布しています。常緑の低木で高さは50cmから2mと低く、幹は直立せずに根元から多くの枝が分かれて横に大きく広がるのが特徴です。葉は針葉で先がとがっており、一年中緑色で枝の周囲から出ているのが特徴です。雌雄異株で、花は5月に咲き、雌木は、秋になると赤い丸い実をつけます。
ダイセンキャラボクの純林をよく見ると、枝が枯れているものがあります。これは北西の季節風によって雪が吹き飛ばされ、枝葉が寒気に曝されたために枯れたものです。

以前、北アルプス立山の稜線で、多くのハイマツが葉が赤く変色しているのに出会いました。この時、私は「これはきっと酸性雨の影響ではないか」と思っていたのですが、その後、いろいろ調べてみると、積雪が少ない年に寒気に曝されたことによると知りました。
地球温暖化と単純化していってしまいますが、近年の積雪状況を見ると、2500m以上の高山では雪が減っているわけではないようです。温暖化による海流温度上昇は更なる水蒸気の供給を増やすことになっているからのようです。雪に変わる温度ラインの高度は徐々に上がっているようです。


各地から報道される局地的な豪雨は珍しいことではなくなった感はあります。私たちはその報道に慣れただけであって、大地を洗うばかりの豪雨には対抗することはできません。基本的には私たちは逃げるしかないのです。

場所はずいぶん離れていますが、御在所岳で2008年9月8日~9日にかけて起きた豪雨によって、大規模な土石流が発生して、裏道登山道は土砂に埋まり、藤内小屋や日向小屋は壊滅的な被害を受けました。
小屋は関係者の努力と多くの方の支援が行われていますが、まだ道半ばです。

日本はこのような自然災害と昔も今も向き合っているのだと実感しました。

好日山荘登山学校で大山登山の企画があります。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPには、自然、花、地質、鉱物などを載せています。