読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

もうすぐ夏山シーズンです。

気象庁の発表ではきわめて速い甲信越の梅雨明けです。梅雨前線は北上してすっきりしない天気の山岳地帯も多いと思います。南西からの湿った空気が吹き込む気象条件です。

昨日は好日山荘登山学校で奥三河の宇連山に行きました。中央構造線に位置する山々は地質特徴があって面白いです。

多くの山々でも同様であったと思いますが、大変湿度が高く体調管理に気を使う登山となりました。参加された皆さんにとって良い経験となった事と思います。熱中症に関する過去の記事です。

929mと1000mに満たない山ですが標高130mから標高差800m程の標高差があります。下石の滝が立派な姿を見せます。

20130707_DSC09683.jpg  20130707_01_DSC09687.jpg

帰りのバスでは3000mの爽やかなアルプス登山が恋しくなりました。さあ、夏山シーズンがいよいよ始まります。昨年出かけた白山で出会った花と雪渓を少しだけご紹介します。

20130707_01_RIMG9883.jpg  20130707_01_RIMG10323.jpg  20130707_01_RIMG10342.jpg  

夏の高山には雪が残ります。

20130707_01_RIMG10399.jpg  20130707_01_RIMG10406.jpg 

しっかり準備して出かけましょう。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。