読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

梅雨前線を山から見てみたら

登山技術 山の楽しみ ★加藤智二

梅雨前線が北上したり、南下したりしていた6/19~6/21 に南アルプス鳳凰三山に行ってみました。

6/19 は前線が北上して山岳地帯が雨雲の覆われていると考え入山するのをやめました。

1542_houou_00_20130619.jpg

6/20 は前線が南下するとの予想が出ていたので入山しました。

1542_houou_00_20130620.jpg

鳳凰三山稜線からは白根三山とその肩越に中央アルプス仙丈ケ岳とその肩越に北アルプス甲斐駒ケ岳八ヶ岳、奥秩父そして昨日夕方に世界遺産となった富士山が見渡せました。

1542_houou_06.jpg 1542_houou_14.jpg

6/21 下山時に富士山を見ると富士山の山頂近くまで梅雨前線の雨雲の雲底が降りてきていました。黒々した乱層雲から雨が降っているような乱れを見ることができました。

DSC09669_富士山と前線雲_02.jpg

その時とほぼ同時刻の天気図と衛星画像です。

1542_houou_16_20130621.jpg

天気図と衛星画像は「気象人」様のサイトから使わせていただいています。

今回はレインウェアが手放せず、南方に見える雨雲の動きを注目しながらの登山でした。スマートフォンなどで見ることができる雨雲レーダー画像も確認しながら、自分のいる山から見る雲、皆さんも良かったらしてみたらいかがでしょうか。

加藤ガイドのHPでは、キノコ、鉱物、水滴、自然、花、地質、鉱物などを載せています。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。