好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

フェーン現象

昨日は北陸地方フェーン現象が発生して、気温が37℃を超えたようです。
このコラムでも100m高度を上げると気温が0.6℃程度下がると書きました。今回もう少し詳しくこの現象について調べてみました。


今回のフェーン現象台風4号の影響による太平洋側から吹き込んだ湿った空気が脊梁山脈を越え、下ったことによるようです。
「フェーン」とはドイツ語でアルプス山中に吹く局地風を表す「fohn」で、風下側で吹く乾燥した高温の風をフェーンと呼ぶようになったようです。


フェーン現象が起きる原理は水蒸気を含む空気のかたまりが太平洋側から風になって山地を越す際には雨や雪を降らせて水蒸気を失います。その空気が山を越し、下る際に気温が上昇する現象です。


平地における空気の温度を30度とすると海抜1000m程度までは、100m上がる毎に約1度ずつ気温が低くなります。これを乾燥断熱減率といいます。

標高が上がり気温が下がると空気中の水蒸気(気体)は飽和し水滴となります。この時凝縮熱を発生するので、100mにつき約0.5度ずつと気温の下が肩は穏やかになります。これを湿潤断熱減率といいます。凝縮熱の逆現象の気化熱は良く耳にしますね。


山を越える迄に気温が下がることで、空気の塊りは水分を雨や雲として放出してしまうのです。
山を越えて下るときは乾燥断熱減率により、今度は100m下がるごとに約1度ずつ気温が上がるので、35度から40度近い高温・乾燥状態の風になって日本海側に吹き下るのです。フェーン現象が起きると空気が乾燥し、強風が吹くため、火災の発生や延焼による大火につながることもあったようです。

湿潤断熱減率(0.5℃/100m)と乾燥断熱減率(1℃/100m)とが異なる原因は、雲の発生の際に凝結が起こり潜熱の移動が起こるためです。

さて、これを3000m級の山々を抱える富山平野で考えると、1000mまでは10℃下がり、1000mから3000mまでで10℃下がります。合わせて、20℃下がります。平均で0.67℃になります。以前、気象を専門とする友人が100m毎に0.65℃と言っていたのはこのことだったのかとやっと合点がいきました。学者ではないので、まあ、良い加減で合っているので勘弁してください。

平地で30℃でも、3000mの稜線では10℃になります。ここから、一気に富山平野まで下ると単純に計算すると30℃気温が上昇しますので、40℃にもなります。

夏のフェーン現象も冬の豪雪も日本列島の特徴を良く表しています。
日本列島の廻りを流れる海流が高温化していると報道されています。夏の台風や湿度が高い暖気の流入による集中豪雨には十分注意していただきたいと思います。