好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

デジカメを持って山に出かけよう

最近のデジカメは高画素化が進むだけではなく、防水化されたり、GPS機能との連動があったりといろいろ楽しめるようになってきました。
私の愛用デジカメはリコーGRD(デジタル)Ⅳですが、接写に強いのが気に入っています。

RIMG0343.jpg  R9289929.jpg

防水性がありませんが、沢登りでも防水バックに入れ、積極的に持って行っています。デジタル機器は水分に弱いのですが、雨に濡らす、水に落とすのは最悪であるのは間違いありません。しかし、意外な盲点は寒暖の差による結露です。

 R9291069.jpg

出し入れで湿ったカメラを防水バックに入れて太陽光線に当てると防水バック内は温室のように高温多湿となってしまいます。これからの季節であれば、冷えたカメラを温かい室内やテントに持ち込んだ瞬間にカメラ表面に結露が生じてしまいます。

 来拝山_R9291934.jpg

少々乱暴ですが、私はカメラを常に外気に晒しておくのが良いと思っています。どうせ写真を撮るときには取り出すのですから。
冬であれば常に冷えた状態にしておく(ただし、電池は弱くなるので、必ず予備電池を持っています)又は、常に温かいジャケットの内側、胸の中にビニール入れた状態にしておきます。(汗でジャケット内側は高湿度ですから)

 八ヶ岳_RIMG5680.jpg

デジカメは撮影してこそ価値があります。すぐ取り出しやすいように携行したいものです。

紅葉の季節と雪の季節が同居する日本列島。登山中に出会った瞬間をさっと切り取ってみませんか。

桜葉紅葉_DSC00415.jpg

安全登山のために、地図コンパス行動食レインウェアヘッドランプなども取り出しやすい雨蓋やザックの上部に入れておきましょう。

加藤ガイドのHPには、自然、花、地質、鉱物などを載せています。