好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山活動と熱中症予防

梅雨が明け、35℃を超える猛暑日が出現すると熱中症が話題となります。ところが熱中症は真夏とは限らないのです。
登山で、筋肉が大量の熱を出す時や梅雨時など湿度が高く風がない時は要注意です。
又、涼しい環境でも水分摂取が少ない時や暑さに体が馴れていない時(急に暑くなったり、季節の変わり目など。)肥満の方や体調不良の時も注意が必要です。我慢強くまじめな方は注意しましょう。
涼しく性能の良い服装や炎天熱射を避ける帽子など身につけ、十分な水分を携行しましょう。

では、熱中症になるとはどういうことなのでしょうか。水分摂取が少ないと血液循環が低下して疲労を招きます。血液粘性が高まり、季節を問わず心筋梗塞脳梗塞の原因となります。
顔や手足のむくみは脱水状態の危険信号です。小水が少なく、色が濃いなど自覚症状があれば、早めの対策が必要です。暑さに慣れていない夏山シーズンの初めは慎重さが大切です。意識的に熱い環境を体験する暑熱順化トレーニングも有効です。

山登りで望ましい水分摂取はどのようにしたら良いのでしょうか。
体調を整え、前日の深酒などしない方が良いでしょう。まず、出発前に500mlを目処に飲み、体を潤しておきます。
行動中の脱水量は凡そ次の式で出します。=体重kg × 行動時間hrs × 5ml つまり、60kgの方が5時間歩くのなら、1500ml です。実際にはこの脱水量の7割(約1リットル)を目処に飲むようにしましょう。
30分又は15分毎、こまめに強制的に摂取するには「ハイドレーションシステム」が必要です。飴やゼリーなどやスポーツ飲料などで電解質(塩分)の摂取も大切です。
ポイント:同じ量を飲むとき、一度にがぶ飲みすると「小水」が増えます。一流のアスリートがこまめな水分摂取をしているのは良く知られている事実です。

熱中症になると次のような症状が出ます。
顔面そう白となって、脈は速くて弱くなります。脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが起きます。
さらには血液の塩分濃度が低下、筋肉にけいれんが起こります。意識障害(反応が鈍い、言動がおかしい、意識がない)は大変危険な状態です。

怪しいな、と感じたら、積極的に対処しなくてはいけません。
十分な水を飲ませましょう。できれば冷たい水が良いです。服のボタンなどを外して風を送ります。この時、服を濡らして「気化熱」を利用すると良いでしょう。
脇の下、太ももの付け根、首回りなど「血流」の多い部位を冷やすのが有効です。
体温の低下が見られず、回復しない時は消防の救助を依頼しなくてはいけません。

登山での熱中症は「正確な知識」と「体調管理」で防ぐことができるのです。

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPには、自然、花、地質、鉱物などを載せています。