好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山計画を立てよう

 

山に出掛けようと考えたなら、次に登山計画を立てましょう。

登山計画書を書くと、準備不足があっても事前に発見できることがあります。地図を確認し、入山・下山ルート、水場、注意すべき箇所、必要な個人装備、共同装備、コース予想時間などを記入していきます。

参加者全員に計画書を事前に渡しておきます。登山計画と行動計画は参加者全員で共有しましょう。ついていくだけの登山では楽しみが半減です。

家族や友人に登山計画を話しておくと、何かの時に届けてもらえ、早期発見に結びつきます。こっそり、出掛けるのはやめましょう。

登山計画書は地元警察又は入山口にある提出箱に出しますが、家族や登山クラブに渡しておくのも良い方法です。

では、登山計画書には何を書いたら良いのでしょうか。いつも無事に帰宅しているうちに必要性が低く感じてしまうものですが、緊急時に役立たせる情報が記入されていなければいけませんよね。最低でも次の項目が書いてあれば、どのような書き方でもかまいません。

1:クラブなど団体名と連絡先を書きます。

2:参加者全員の氏名・年齢・性別・連絡先を書きます。

3:行動計画と登山コースを書きます。

4:食糧や炊事道具など危急時用品の所持がありますか。

5:携帯電話や無線機など通信手段の所持がありますか。

tozan_keikaku_01.wmf

登山研修所友の会には役立つ情報がたくさんあります。

加藤ガイドのHPには、自然、花、地質、鉱物などを載せています。