読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

山の健康管理 Vol.03「水分補給」

山の健康管理 山の楽しみ ★加藤智二

最近、丹沢を登り、下山途中に体調を崩され登山道に倒れている単独登山者に遭遇しました。

 表示 ヘリ搬送

登山は個人個人の体力に応じて楽しむことができます。公益社団法人日本山岳ガイド協会が毎年各地で開催する「百万人の山と自然 安全のための知識と技術 公開講座」などでも取り上げられることが多いのが、健康管理であり、山中での心筋梗塞などの疾病予防です。

中高年、特に50歳を超える男性は特に血管系の病気を発生しやすく、山中であれば重大な事態になりやすいのです。血管が詰まる原因はいろいろあるようですが、登山で起きる環境変化を中心に考えると 1:脱水 2:低圧・低酸素状態 3:寒冷 4:肥満 だと思います。健康診断などで指摘される病気や準病気に関してはここでは触れることができないので悪しからず。医者でない私たち登山者はどのような点に注意したらよいでしょうか。

1:登山の前日は深酒を避け、睡眠をしっかりとりましょう。 2:朝食をとり、登山開始の30分程度前までに500ml程度の水を摂っておきます。この時、私のお勧めはアミノ酸サプリメントも一緒に摂っています。 

f:id:katomoji:20160830112828j:plain

3:歩き出しは意識してゆっくり歩きます。 4:ハイドレーションシステムを利用して、小まめに水分補給をします。

熱中症対策に通じることですが、登山中に起きる脱水量は 行動時間×体重Kg×5ml が一つの目安です。登山の基本を丁寧に優しい言葉で解説した本も是非読んでみてください。わかりやすいDVDも好日山荘各店舗で販売しています、

 

f:id:katomoji:20160830112850j:plain

 

山を目いっぱい楽しむのは早く登る事ばかりではありません。体に負担をかけない登り方をすると素敵な山々や可憐な花々も楽しむことができます。

f:id:katomoji:20160830113008j:plain

加藤ガイドのHP を更新しました。山の写真、鉱物の写真、蔵書の写真を更新、花・キノコ・水滴など写真などを中心に掲載しています。

登山研修所友の会2014/5/3 更新しました。役立つ情報がたくさんあります。