好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

夏までに覚える高山植物 Vol.01 「コマクサ」

高山植物の女王とまで呼ばれるコマクサは最も覚えやすい高山植物のひとつです。パセリのように細かく裂けていて粉をかぶったような白っぽいはが特徴です。自然保護意識が無かった時代、薬草として乱獲されたこともありました。

f:id:katomoji:20150723125631j:plain

 白馬岳稜線にて 大株。

コマクサが生育する土壌環境は他の植物が嫌う不安定な強風砂礫地です。白馬連峰稜線のような流紋岩、蓮華岳の黒っぽい安山岩、燕岳の有明花崗岩、それらが風化してボロボロになったところに生育します。

ところでコマクサは種から芽生えて何年位で花を咲かせるのでしょうか。

f:id:katomoji:20150723125701j:plain

燕岳の登山道わきの花崗岩砂礫地を注意深く観察すると小さな小さな芽生えを見つけることができます。

f:id:katomoji:20150723125730j:plain

 一年目くらいでしょうか。

人づての話で恐縮ですが、花を咲かせるには7年位かかるのではないか、と聞いたことがあります。今年の夏、コマクサのピンクの花をカメラにおさめるために花の咲いている株の周りの砂礫を踏み荒すとすれば、幼い苗を踏みつぶすことになるかもしれません。

花をつけていないのもコマクサ!さぁ、この夏、見つけることはできるでしょうか。

加藤ガイドのHP を更新しました。山の写真、鉱物の写真、蔵書の写真を更新、花・キノコ・水滴など写真などを中心に掲載しています。

登山研修所友の会2014/5/3 更新しました。役立つ情報がたくさんあります。