読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

木肌で覚える樹木の名前 No.01 「カゴノキ」

山の植物について 山の楽しみ 山の自然学 ★加藤智二

人の手が多く入っている六甲山にもシイやカシなどの常緑広葉樹が生い茂るエリアが何か所もあります。山で出会う樹木は針葉樹、広葉樹などといった大雑把な区別は普通にできるのですが、今回は木肌に特徴がある木々を取り上げてみます。雑草という名前の草が無いように、木々の名前も覚えたら楽しいでしょうね。

 表示 カゴノキ 六甲山

関東以西の照葉樹林地帯に生えるクスノキ科カゴノキ属の常緑広葉樹で、その名は樹皮が「鹿の子模様」になるからつきました。実は私、「編んだかごの様だから」だと思っていました。材質は堅く,建築材や船舶材、太鼓や鼓の胴などに用いられ、鹿の子模様を生かして床柱にされる事もあるようです。クスノキ科の植物ですが、クスノキのような独特の香りが無いです。より詳しくは 「六甲山の樹木図鑑」 又は 「岸和田市の樹木図鑑」 

マッチ軸のようなチングルマから屋久島ヤクスギのような巨樹まで樹木は様々です。足を止めて観察してみませんか。

10/16 加藤と大比叡に歩きませんか。叡山電鉄「修学院」駅前集合はこちら

10/23 加藤と岩殿山に歩きませんか。 大月駅集合はこちら  

11/2-5 加藤と 宮之浦岳と縄文杉に行きませんか。 羽田空港集合はこちら屋久島空港集合はこちら 

加藤と行く登山企画はこちらです

加藤ガイドのHP を更新しました。登山企画と山の写真、鉱物の写真、花・キノコ・水滴などを掲載しています。

登山研修所友の会は役立つ情報がたくさんあります。