好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

植物と友達になろう! VOL.17 「シラネアオイ」

湿った沢に近い斜面に生える深山の植物、日本固有種の1属1種、大きな何処となく儚げの4枚の薄紫の萼片を持つ多年草です。

日光白根山に多いことから、「白根葵」と名付けられましたが、「シラネアオイ」と片仮名の方が私は似合っている気がします。

f:id:katomoji:20190425105955j:plain

キンポウゲ科、シラネアオイ属のシラネアオイです。

f:id:katomoji:20190425110325j:plain

たくさんの雄しべに隠れてしまっていますが、中心付近に2本の雌しべがあります。雌しべは顔を見せていません。

薄紫の花弁に見えるのは「萼(ガク)片」ですが、ずいぶんと大きくデザインされたものですね。突然変異で白花もまれにあるそうです。

f:id:katomoji:20190425111852j:plain

新潟県妙高市の市の花に指定されています。また、長野県大町市の大町高校の校章はシラネアオイをモチーフとしています。これは山の師匠 故柳澤昭夫氏から教えていただきました。

f:id:katomoji:20190425113342j:plain

やや薄暗く感じる沢沿いの道、スポットライトを受けるように凛々しいシラネアオイを見るとうれしくなりますね。

北海道から本州中北部のどちらかと言えば雪深い山間部でしょうか。

是非、この春、お出かけください。

 

あと数日で御世替りの2019年5月ですね。私は北アルプス蝶ヶ岳から令和の夜明けを迎えたいと思います。

令和元年、ニッポンの自然を心とカラダで感じたい方 ⇒ こちら

脳の活性化に良いと思いますよ。 ⇒ 五感で感じる月例六甲山

山から学ぶ!山を語ろう!セミナーと交流会 大阪梅田で開催します。 ⇒ ~できるビジネスパーソンはなぜ、運動が好きなのか?~