好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

何のための防寒着?体温低下がどれほど恐いことか 山岳ガイドは知っている ①

熱すぎた夏も過ぎ去ってみれば少しばかり懐かしい、人は段々と環境に慣れるものですね。肉体的にも精神的にも。

f:id:katomoji:20181006113629j:plain

ガイドのザックにはインサレーションウェアが必ず入っています。はずです!

それは「低体温症」が死に直結する恐いことだからなんです。

f:id:katomoji:20181006114328j:plain

山では冷たい雨も降ります 。

絶景を安全・安心に堪能するならインサレーションウェアなど防寒防風ウェアを!

自分がどのような標高の山へ行くのか、どのような緯度、どのような気象環境に出かけるのか、四季を通じて必要な装備

それは レインウェア(防風)インサレーション(防寒)です!

f:id:katomoji:20181006120954j:plain

冷たい雨や大量にかいた汗。雨も汗どちらも液体の水。

液体は乾いた空気に比べて25倍もカラダから熱を運び去り、強い風に曝されることで体温を奪います。

「私寒さに強いから!まだ大丈夫!」と言っている貴方!(もちろん、体質差と経験値に個人差があります。) 平熱から1~2度程度でも体温が下がれば、それは立派な「低体温症」です!

そこには機能低下を起こした脳と臓器をもった、生気の無い、自分が自分でなくなった登山者がいるのです。助けが無ければ死は確実に近付きます。

必要な装備を背負い、予防の知識に基づく行動がとても大事です。

専門家を招いての机上講座も随時開催していますのでチェックしてください。

 

ダウンジャケットなど最新のインサレーションウェアが店頭に並ぶ時期です。

 

加藤校長と歩く!シリーズもいよいよ秋冬バージョンに入ってきました。

楽しい笑顔一杯の感謝ツアーが募集開始です。昨年はあっという間にキャンセル待ちでしたが。

紅葉の加西アルプス・善坊山ハイキング と 加西市・郷土おもてなしの旅 08401A

 

六甲山シリーズも9シーズン目に突入!

歩く習慣をついサボってしまう、そんな貴方が変わります!

ワイワイと楽しく、登山仲間を増やし、登山の基礎力も身に付きます。

健康診断もきっと待ち遠しくなることでしょう。

 

初めての方からご参加いただける日帰り雪山シリーズはこちら

雪のあるところへ行ってみたい!

標高が低くても雪の季節は別世界。

加藤の相談窓口付なので、ちょっぴり不安を抱えた貴方にこそお勧め企画です。