好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

備えあれば。

暑いと言っても、季節は暦通りやって来るようです。

これからの季節に気を付けたいのが「ハチ」と「クマ」。

 

アシナガバチとキイロスズメバチに刺されたことがあるので、アナフィラキシーショックに過敏です。

 

虫刺されには、ポイズンリムーバなどで応急手当をしますが、そもそも事後処置なので、刺されたくない人にとってはあまり意味を持ちません。

f:id:yoshida1487:20180822180008j:plain

 

 

刺されないにはどうするか‥

まず、巣に近付かない事が一番大事です。近付きすぎると、「虫よけスプレー」「黒っぽい服を着ない」などの防衛策はまったく期待できません。

 

いくら気を付けていても、やって来るハチに刺されないためには「ハチを撃退」するしかないのです。

そんな時必要になるのが、コチラ

f:id:yoshida1487:20180822180758j:plain

来たら迎撃する。そうです、専守防衛です。先制攻撃ではありません。

 

 

瞬時に一撃することが大切なので、

キャップ式でない方がベター。

ザックの中に入れていてはいけません。瞬時の一撃に間に合いませんので、すぐに取り出せるように携行しなければいけません。

 

例えば、ボトルホルダーに入れる。

f:id:yoshida1487:20180822194933j:plain

すっぽり入るので携帯性も良さそうです。

値段が1500~2000円くらいと、ちょっと高い。

 

 私が使っているのは、コチラ

f:id:yoshida1487:20180823160119j:plainf:id:yoshida1487:20180823160200j:plain

 トレッキングポールカバー。

こちらは780円(+税)と、コスパ最高。

 

ネオプレーンでできているので、伸びてピタッと入ります。

f:id:yoshida1487:20180823122549p:plain

噴出口を隠さすに、携行できるのがポイントです。

 

入口のベルクロに

アクセサリーカラビナの結束リングを通して完成。

f:id:yoshida1487:20180823122730p:plain

 

後は、すぐ手が届くところに取り付ければOK。

f:id:yoshida1487:20180823123744p:plain

刺されない方法ではなく、スプレーの携行方法です。

皆さんも色々工夫してみて下さいね。

 

目の前に現れた1~2匹を蹴散らすくらいですので、大群に囲まれてしまっては逃げるしかありません。基本的に巣を守るために、攻撃してくるので巣から離れれば、深追いはしてきません。

 

もし刺されたら‥

姿勢を低く避難して、患部を流水で洗い流して、針を抜いて、リムーバで吸引して、抗ヒスタミン軟膏を塗って、患部を冷やす… そんなこと山の中ではできません。

すばやく医療機関に向かいましょう。

山深い場所だったり、症状が悪くなりそうなら、迷わず救助要請してください。

山でも街でも一緒です。

 

9月1日は防災の日。

自然災害が多い季節ですので、防災の意識を高めていただくための講座を企画しています。お近くの方は、是非参加してみてください。

【災害時に役立つ登山スキル】

■9月5日(水)横浜西口店 詳細はコチラ

■9月6日(木)池袋西口店 詳細はコチラ☜

 

好日山荘HPでも防災特集やってます。

f:id:yoshida1487:20180831175927p:plain

 備えよ常に!です。