好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

六甲全山縦走と神戸の登山

手元にある1935年(昭和10年)非売品として発刊された「ペデスツリヤン 25周年記念特別号」と「プレイランド六甲山史(1984年・昭和59年発行)の中に六甲全山縦走に相当する記述を見つけました。

f:id:katomoji:20180818103302j:plain

1910年(明治43年)にできた「神戸徒歩会」が1918年(大正7年)2月に住吉から天王橋までの記録があり、徐々に様々なコースが歩かれ、数々の山路図が陸地測量部地形図を元につくられていきます。

”健全な心身の修養に資する”という目的で1922年(大正11年)神戸新聞社主催「第一回神戸アルプス縦断徒歩競争大会」が300名募集、500名応募で開催されました。(プレイランド六甲山史より)

f:id:katomoji:20180818113231j:plain

現在の六甲山。

f:id:katomoji:20180818113917j:plain

東西30km にも及ぶ大きな山地です。住宅地の裏からすぐに登山ができ、交通便利なので四季を通じた尾根谷道を早朝から夜間登山まで、様々なスタイルを受け入れてくれるフィールドなのです。

定番の月一回行う六甲山シリーズ、次回は9/21(金)です。今回は鍼灸師であり登山ガイドである大場さんとのコラボ企画となります。加藤校長と歩く!六甲山 シーズン8  第四回目

さて、六甲全山縦走の事始め。

1924年(大正13年)にR.C.C(ロッククライミングクラブ)創立して、第一回トレーニングが雪彦山で行われ、翌 1925年(大正14年)秋、R.C.C の3名が須磨敦盛塚から宝塚という現在のルートに近い13里を休憩食事を含む14時間20分で踏破しています。1926年(大正15年)5月に神戸徒歩会「第一回六甲山脈大縦走」が宝塚から須磨敦盛塚というルートで参加者20余名によって行われたようです。

f:id:katomoji:20180818114937j:plain

神戸市が主催して1975年(昭和50年)の勤労感謝の日に「第1回六甲全山縦走大会」を開催され、今年2018年11月11日(日)と23日(勤労感謝の日)、六甲全山縦走大会は44回を迎えます。

詳しいことは神戸市のホームページをご確認ください。8/27までなのでお急ぎください。