好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

好日山荘 創業者 西岡一雄の型録 「1931年(昭和6年)の巻頭言」から

私の手元には古い型録があります。それは1924年に西岡一雄が創業した好日山荘7年目の1931年に発行した手書きガリ版刷のカタログです。

現在、好日山荘の名を継ぐ年月は積み重ねること94年となりました。回顧に浸るわけではありませんが、当時、西岡氏がどういう気持ちで登山用品を扱いだしたのか、興味が湧いたので、少しだけご紹介します。 

f:id:katomoji:20180630162616j:plain

タバコの煙は今でこそ嫌われ者ですが、パイプを燻らすイラストが可愛い感じです。

f:id:katomoji:20180630163208j:plain

大正の最後の年、レジャー登山用の製品はまだ少なく、高額な輸入品を購入できる裕福な人向けのスポーツだったようですね。

f:id:katomoji:20180630163601j:plain

1931年当時の17円は現在の価値では40000円くらいでしょうか?

色々な指標や考え方で幅はあると思いますが、当時の帝国大学卒エリート初任給は50円を例としても、34%を占めます。庶民の金銭感覚からはずいぶん高価という印象です。

映画「點ノ記」の小島烏水の描かれようも何となく理解できます。

 

1:しょうじきf:id:katomoji:20180630165005j:plain

1931年は「1:正直であること 2:良き品をそろえること」、

2018年は「次に登る日を、もっと好い日に。」7/16まで夏山セールが後押しします。

 

2018年の夏、山の自然は変わることなく、太陽も雨も風も、以前と変わりなく登山者を迎えてくれるでしょう。

装備に抜かりなく準備して、事故無く、怪我無く、楽しく、笑顔であってほしいと願っています。

 

梅雨明けが早まりましたね。

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 催行決定です!

 

静かな花の名山をご案内

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

 

自宅な時間を過ごします。

★ 北アルプス・朝日岳と雪倉岳  8月1日(水) ~ 8月4日(土) 3泊4日

 

槍穂高の峰々を見るならこのコースが一番ですね。

★ 北アルプス・燕岳~常念岳縦走 8月24日(金) ~ 8月26日(日) 2泊3日 

 

穂高と名の付くピークをご案内します。

★ 加藤校長と歩く!北アルプス・北穂高岳~奥穂高岳~前穂高岳縦走3 日間