好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

岩石から山をみてみよう VOL.05 「柱状節理」

日本は160万年とも170万年とも言われる、はるかに大昔からの火山列島です。

兵庫県豊岡市、丸山川東側にある玄武洞は何度行っても楽しめます。

f:id:katomoji:20180616141157j:plain

玄武岩溶岩のぶ厚い層が冷却する時にこれらの柱状節理ができたそうです。田んぼのドロが干上がった時にできる多角形の亀甲模様の巨大バージョンですね。

f:id:katomoji:20180616141513j:plain

良く見ると全体的には柱状ですが、「達磨落とし」のコマが積み重なったような部分もあります。

f:id:katomoji:20180616141646j:plain

この玄武洞が有名になったもう一つのポイントが地磁気逆転の証拠がここにあるからなのです。1929年、松山基範教授が現在私たちが理解している磁北と全く逆の時期(
260万年前から78万年前)があったことを証明したからなのです。

そういえば、最近、約77万年前に地球の磁場(N極・S極)が最後に逆転したことを証明する地層が「チバニアン」と命名されて話題になりました。

小湊鉄道に乗って行ってみましょうか。

さて、関東に行くなら頑張って伊豆半島、天城山に登って下田に近い「爪木崎」に立ち寄ってみませんか。

f:id:katomoji:20180616142902j:plain

海底火山がつくった柱状節理がまるでエノキダケを断ち切ったみたいに足元にあるのです。

f:id:katomoji:20180616143753j:plain

この伊豆半島が海洋プレートに乗って移動してきて日本列島に衝突!

結果、富士山も南アルプスもできたわけです。もちろん、今現在も年に5~8cmというスピードで移動する海洋プレートがあることで、地震への備えをしなくてはいけない訳ですね。

登山で出会う崖に出会ったら、是非調べてみてくださいね。

 

この夏確認してみてくださいね。地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝いします。

  募集中の7月企画 加藤校長と歩く!はこちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日 あと一名様!

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。

★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日