好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

岩石から山をみてみよう VOL.04 「北八ヶ岳天狗岳と稲子岳」

富士山と比較されるほど広いすそ野を持つ八ヶ岳連峰は100万年を超える長い火山噴火の歴史を持っています。南八ヶ岳の方が古い火山で北八ヶ岳は若い火山ですね。

先日、黒百合ヒュッテに宿泊して天狗岳から北の稲子岳周辺を歩いてみました。

f:id:katomoji:20180607103456j:plain

いつも雪に覆われた黒百合ヒュッテへの道ばかり歩いていたので、大きなゴロゴロとした岩を歩きながら、北八ヶ岳は若い火山噴出物に覆われた山だと実感しました。

f:id:katomoji:20180607104008j:plain

私は黒百合ヒュッテ正面の「スリバチ池コース」の丘から天狗岳(左が西天狗岳、右が東天狗岳)を見ています。葯3万年前に東天狗岳北面からの溶岩が流れ下ったらしいです。

f:id:katomoji:20180607104449j:plain

2万年前や6万年前とか言えば、氷河が大きく発達した時期で北アルプスや南アルプスの3000m級の稜線を削っていたころですね。

f:id:katomoji:20180607105701j:plain

西天狗岳の登山道から北方面を見ると稲子岳南壁が印象的です。クライミングルートでもあります。高差250mほどの岩壁を含む急傾斜となっています。

f:id:katomoji:20180607105826j:plain

稲子岳の左手西側はソラマメのような凹地になっています。地形図の等高線では見逃し勝ちですが、実際に見れば実感できます。

ある調査を引用させていただくと、西暦888年のある出来事をきっかけにして、稲子岳を支えていた部分が崩れ去ってしまったことで、ずり落ちてできた二重山稜だというのです。

f:id:katomoji:20180607111005j:plain

クロユリが咲き出し、一雨毎緑濃くなる北八ヶ岳です。足元のコケに癒されながら、八ヶ岳の地形と地質を考えるのも面白いですよ。

 

この夏確認してみてくださいね。地形と地質、そこに生える植物には関連があります。

皆さんの知的好奇心と頂上に立つ喜びをお手伝いします。

 

 募集中の夏企画 加藤校長と歩く!はこちら

★ 北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走  7月16日(月) ~ 7月19日(木) 3泊4日

  2017年の様子、次はあなたの番ですね。★ 北縦走路から古の道へ とっておきの花園を巡る白山 7月27日(金) ~ 7月30日(月) 3泊4日

★ 北アルプス・朝日岳と雪倉岳  8月1日(水) ~ 8月4日(土) 3泊4日

★ 北アルプス・燕岳~常念岳縦走 8月24日(金) ~ 8月26日(日) 2泊3日