好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

植物と友達になろう! VOL.08 「ウルップソウ」

ウルップソウはオオバコ科ウルップソウ属です。花は他の高山植物に比べて早いので、夏山シーズン最盛期では花期を逃してしまうことが多いです。

 白馬鑓ヶ岳稜線のお花畑 レギュラー色の紫とシロバナが混ざって生えていました。

f:id:katomoji:20180518094550j:plain

残雪がまだ多い時期、梅雨の影響を受ける時期でもあるので、しっかりと準備をして見に行きましょう。もちろん、カメラの防水対策、濡れ対策も。

f:id:katomoji:20180518095004j:plain

レインウェアや登山靴の洗濯と撥水などは今の時期がチャンスです。

6月26日に化雲岳の湿原木道ではホソバウルップソウが花を咲かせ始めていました。本州北アルプス白馬岳のウルップそうに比べると確かに葉が細く、花苞の先端部分が細めに尖がっているようです。

f:id:katomoji:20180518095057j:plain

エゾノハクサンイチゲと仲良く生えていました。

f:id:katomoji:20180518095112j:plain

大雪山は緯度も高くなだらかな稜線が続くせいか、高山植物同士の棲み分けが明瞭でない感じがします。メアカンキンバイと仲良しの株もありました。

f:id:katomoji:20180518095129j:plain

夏山シーズンの始め、残雪が消えて間もなくの稜線で見ることができるのが「ウルップソウ」です。特徴のある花で覚えやすいもののひとつですが、実際には花期が短く、きれいな花には中々出会えない花でもあります。

f:id:katomoji:20180518095211j:plain

三国境付近

大ぶりの葉っぱは肉厚で高山植物らしくありません。紫の小花の集合で穂状で下から先端に向けて咲いていきます。白馬連峰の砂礫地や八ヶ岳硫黄岳の稜線に自生します。

f:id:katomoji:20180518095226j:plain

マルハナバチも頑張ります。

ウルップ島に自生していることからついた名前で、氷河期に南下し取り残された植物です。白花のものもあります。シロバナウルップソウと言います。

f:id:katomoji:20180518095245j:plain

白馬大池から白馬岳、白馬鑓ケ岳への縦走は人気コースです。白馬大池山荘、白馬山荘、白馬鑓温泉小屋と小屋も整備されていますので、この夏の計画に加えてみてはいかがでしょうか。

6月の絶景 加藤校長シリーズ、14日(木)~16日(土)贅沢な日程ですよ。

カレンダーチェック!受付中です。あと1名様で実施! 花の八ヶ岳「硫黄岳~横岳~赤岳」

7月と8月の絶景 加藤校長シリーズも受付中です。

 7/16-19 加藤校長と歩く!北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走4日間  あと1名様で実施確定!

 昨年の白根三山の様子

 

 7/27-30 加藤校長と歩く! 北縦走路から古(いにしえ)の道へ とっておきの花園を  巡る白山4日間

 昨年の白山中宮登山コースの様子

 

 8/1-4 加藤校長と歩く!北アルプス・朝日岳と雪倉岳 4日間 あと1名様で実施確定!

 夏の朝日岳のお花たち

 

登山学校 加藤校長同行ツアー ⇒ こちら

 

加藤校長ガイドのコラム ⇒ こちら

 

加藤校長のインスタ ⇒ こちら

 

加藤校長と歩く!六甲山ミステリールート シーズン8「六甲山を深く知る・見る・感じる」の日程は下記の通りです。

 6/8(金)、 7/11(水)9/21(金)、10/24(水)となっています。