好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

ところ変われば

今シーズンは寒い日が続きます。

しかし、雪が少ないですね。西中国山地も例年並みくらいでしょうか。

 

様子を見に、ちょこっと登ってみました。

ここは登山口にスキー場があるのでアクセスが比較的容易です。

 

雪山のいいところは、登山道に関係なく自由に歩けるところですね。

ツボ足だとそうでもないですが、スノーシューを使えば機動力UP。

f:id:yoshida1487:20180107151513j:plain

中国山地のような標高が低くて、

なだらかな山容はワカンよりスノーシューの方が良い気がします。

低山なので雪が重いですし、アイゼンやピッケルは使いませんので。

 

 

f:id:yoshida1487:20180107151940j:plain

途中で外れると嫌なので、しっかりと装着します。

 

それと、手袋はやっぱりこれ。

f:id:yoshida1487:20180107152131j:plain

10年近く使っていますが、現役です。ピュアウール100%。

メーカーカタログにも、

「使い込むほどに手の平がフェルト状になり、手になじんできます」

と記載されています。

 

この日の気温は、登山口(800m)0度。山頂(1346m)-4℃。

少々濡れても、寒くなく、これ1双で十分でした。

低山なので、雪が湿ってますし、気温もマイルドですので

革のグローブや保温材が入ったものは、蒸れて使いにくいです。

f:id:yoshida1487:20180107162235j:plain

  

 今シーズンもまだまだ始まったばかりです。

せっかくの雪山シーズンはできるだけ雪に触れて、

経験を積んでいただきたいですね。

 

ところ変われば、雪質も、使う装備も変わってきます。

全国の好日山荘には地元の山を良く知るスタッフがいます。

山の相談は、雑誌・インターネットからの情報と合わせて

山の専門店もお気軽にご活用ください!