読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

野山で出会う花 VOL.08 「アケビ・ミツバアケビ」

よく陽が当たる登山道の脇、つる性の落葉樹であるアケビの花が咲いています。秋にアケビの実があると多くの方が足を止め、見上げて探す、あのアケビです。

f:id:katomoji:20170408105351j:plain

3枚の小葉で濃い赤紫のガクが目立つミツバアケビです。アケビは雌雄同株ですが、花は雌雄別々になります。上の写真は雌花のアップです。

f:id:katomoji:20170408105133j:plain

雄花は雄しべ6本。10数個ほどの雄花がブドウの房のように(花序)ぶら下がっています。

アケビは小葉が5枚、下のような淡い紫のクリーム色のガクが目立ちます。

f:id:katomoji:20170408105817j:plain

円柱状の雌しべが複数付きます。下の写真は7本ですね。

f:id:katomoji:20170408110956j:plain

雄花は雌花より小さく、複数個集まっています。

f:id:katomoji:20170408111047j:plain

黒い種を包むトロトロしたところは甘いです。皮や白い部分は栄養豊富で油いためにしたり、若葉はおひたしに、つるは工芸品に使われるだけでなく、利尿作用を持つ生薬として、種からは油も搾ったとか。なかなかの芸達者のようです。

f:id:katomoji:20170408112059j:plain

春、アケビの咲く場所をインプットして、秋にもう一度!山の生き物も狙っていますかね。

好日山荘登山学校の実技にいらっしゃいませんか。

夏から秋までの南・北アルプスと屋久島まで新たな企画が登山学校HPにも掲載、お申し込みが可能になりました。3泊4日の縦走主体です。

目標に向かって日々の山歩きも大いに楽しんでいきましょう。

季節の山をご一緒することで、自然をたたえ、生命をいつくしみながら、参加された皆様が気分よく健康に近づけるお手伝いをしています。安全と安心の道具の使い方、自然に入るときの準備など一歩一歩体験実践していきます。

加藤校長と歩こう シリーズ

山田まゆみ教室 シリーズ

藤原ガイドと行く シリーズ