好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

雪山の楽しみ 「生き物の足跡を見つけよう」

まだ誰も歩いていない雪上は真っ白なカンバスのようです。朝、誰もまだ歩いていない山道を行くと、動物たちが森で生きていることを実感します。

f:id:katomoji:20170202112226j:plain

野ウサギの足跡は頻繁に見ることはできるのですが・・ 後足跡が前足跡よりずいぶん大きいです。ジャンプして前に進むので、大きく細長い後ろ足が揃っています。

f:id:katomoji:20170202112706j:plain

右下の大きな足跡はニホンジカです。その左の小さい足跡はずいぶんと小さい動物のようです。キツネ?なのかな、と思うのですが・・・ 

f:id:katomoji:20170202113136j:plain

九州、四国、本州中部山岳地帯と広く生息するニホンジカの足跡は二つの大きな蹄があってすぐわかります。一昔前はシカだ!バンビだ!とアイドル扱いされた時代もありましたが、最近では生態系バランスが変わり、野山の草木の食害の方が目立ってきました。北アルプスの山岳地帯に行ったとき、ニホンジカの目撃情報を集めているのを見聞きしたこともあるかと思います。

f:id:katomoji:20170203171543j:plain

まだ受付可能な雪山企画、2/24-25の鳥取県伯耆大山は少し残席あります。

初日は周辺の森の中、装備チェックを兼ねて歩きます。動物の足跡もきっと見つかるはずです。大山寺の宿で美味しい夕食と温かいお風呂に入ることができる企画です。25日はまだ薄暗い(ヘッドランプは使いませんが、持ってきてくださいね)に出発して伯耆大山 弥山を目指します。

お天気次第が雪山の面白いところですが、晴れれば絶景が待っています。昨年の様子がグッディリサーチで紹介されています。