好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

冬のハイキングと雪山 アイゼンを選ぶ その1 冬山準備編 VOL.06

12月になります。冬に出かける山には雪深い樹林帯と雪稜、その先に雪煙巻き凍てつき、凜と続く頂稜。そんな雪山をめざすなら、冬期雪山用登山靴と12本爪のアイゼン(クランポン)が絶対必要です。下の写真は正月の燕山荘からの槍穂高

f:id:katomoji:20161129111200j:plain

太平洋側気候であったり、標高が低かったりした山々に出かける時、登山靴に装着する「滑り止め」が欲しくなる場合がありますね。

f:id:katomoji:20161129133902j:plain

一般的に軽アイゼンといわれる6本爪が活躍するのは、上の写真のように登山道上に雪が積もっているものの、夏と変わらず靴底をフラットに置くことができる山です。

f:id:katomoji:20161129134542j:plain

6本爪タイプは上のように、土踏まず前後のみで、鋭くない短い爪となっています。

f:id:katomoji:20161129134749j:plain

爪も短いです。つまり!深い雪や堅い氷、つま先や拇指球辺りを使わなくてはいけないような登山道などでは使わない方が無難ということです。

凍った林道や登山道が日陰になる部分が部分氷化している時もなどの転倒予防にはチェーンやスパイクタイプもあります。

f:id:katomoji:20161129135544j:plain

近くの山に霧氷を見に行くけれど、3月頃になったらアルプスの山々にも行ってみたいと考えているならば、10本爪から12本爪で、前爪の付いたタイプの購入をお勧めします。

スリップ、転倒しにくい歩き方を身につけるには、泥、砂地、凸凹、そして雪の上をアイゼンを付けずに歩くことで養われます。決して無理はなさらないように。

もちろん、転倒後滑落する様な場所では行いません。

f:id:katomoji:20161129140400j:plain

お知らせ

今日11月24日、寒気が南下して54年ぶりに都内で降雪がありました。すっかり冬らしくなりました。雪山に出かけなくても近くの山歩きも良いものです。

健康と登山の基礎が身に付く山歩きを六甲山で行っています。

12/14  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第3回) 催行決定

1/18   六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第4回)  催行決定

2/8  六甲山全縦 歴史と地質を楽しむ(第5回) 催行決定

雪山企画の席も埋まってきました。日本は5月のGWを過ぎても雪山を楽しめます。

雪山企画を追加しています

12/25 雪山歩き in 那岐山   催行決定

12/31-1/3 南アルプス / 甲斐駒ヶ岳(2967m)と仙丈岳(3033m) 3泊4日 催行決定

1/14 雪山歩き in 岩籠山   催行決定

1/15 雪山歩き in 高見山 募集中

1/21-22 伯耆大山/弥山(みせん 1711m) 催行決定

1/28 雪山歩き in 比良・堂満ルンゼ 催行決定

2/11-12  北八ヶ岳/天狗岳(てんぐだけ 2646m)1泊2日  募集中

2/18 雪山歩き in 野坂山 募集中

4/16-17  加藤校長と雪山歩き in 経ヶ岳 募集中

4/30-5/2  北アルプス 槍ヶ岳(やりがたけ 3180m) 募集中