読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

秋の遭難事故を減らすために!!

私の住む長野県白馬村でもメインの観光地の一つとして有名な八方池。

ここにアプローチする八方アルペンライン(八方尾根スキー場)の春夏秋の営業が本日で終了となります。今日も紅葉を楽しむ最後のチャンスという事で多くのお客様が八方池に向かっていることでしょう。

 

写真は本日の八方池(白馬村観光局より)

f:id:saruatsushi:20161030113827j:plain

 

標高の高い北アルプスの紅葉は終わりに近づき、これからは2000m級の山、そして里山と紅葉の分布が移り変わっていきますね。空気が澄んだこの季節は真っ青な秋晴れの下、遠くの山、景色まで見渡すことができる。そして真夏のように歩いていても汗が出て不快になることも少ないのでとても気持ちの良い登山が楽しめる季節ですね。

 

そんな素敵な季節の登山に水を差すようなことを言ってしまいますが、この時期(GWや、秋の連休 季節の変わり目)は数年に一度大きな遭難事故がおこっています。

「遭難」というと発生事例割合上位にくる道迷い、滑落、転倒を想像しますがこの時期に怖いのは寒さや雪・雨がもたらす遭難です。発生事例上位の理由により遭難してしまい、その結果ビバークを強いられてしまっての疲労凍死、悪天候による凍死というのが死因になってしまう事故がおこることがあります(しかも複数の人数が一日で)。

 

遭難を防ぐ方法は多くありますが一番簡単にできるのは””保温着を装備に加える””ことです。何かあった時に暖かい服を持っていることで助かるかもしれないという事は勿論ですが、寒いと感じた時点でしっかりと身体を温めてあげることで遭難を未然に防ぐことができるはずです。ツェルト、バーナー、エマージェンシーシート等の危急時装備に合わせて軽量コンパクトなので大きな負担にもならないインナーダウン、フリース等を装備に加えて下さい。

 

また、アンダーウエアも重要です。加藤ガイドがコラムに書いているので合わせてご覧ください。こちら

 

11月4日から始まる好日山荘決算セールページにて各店舗でのお勧め商品を紹介しています。お気に入りのウエアを持って気持ちの良い秋山登山をお楽しみください!!