読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

汗濡れに強いアンダーウェアを選ぶ 冬山準備編 VOL.02

いくら暖冬であるといっても、山の頂にうっすらと雪が付き出す季節です。秋山から冬山、来月11月「文化の日」の連休はどちらにお出かけでしょうか。ダケカンバの葉は散り、山肌に白い樹皮を目立たせると雪が舞い始めますね。

f:id:katomoji:20161028165131j:plain

寒さ対策のベースは何と言ってもアンダーウェアから。私がこの数シーズン手放せないのがファイントラックのドライレイヤーシリーズです。

f:id:katomoji:20161028170244j:plain

山に向かう前、ドライレイヤーを着た瞬間、薄い乾いた空気の層が持つ保温性をまず感じることができるはずです。

下は12月中旬の中央アルプス南駒ケ岳と仙涯嶺

f:id:katomoji:20161028171442j:plain

寒さが厳しさが予測されるとき重要なのが、この上に何を重ね着するかなのです。私の場合はメリノウールの長袖を着ています。汗は重ねて着たニットウェアに吸収されるます。肌に触れるドライレイヤーは汗を含まず、肌はドライに保たれます。

第二層目の性能に大きく保温性は左右されます。吸汗拡散加工を施したポリエステル素材メリノウールとポリエステル素材をハイブリッド加工した優れものも出てきています。

下は1月下旬の南八ヶ岳 赤岳と阿弥陀岳

f:id:katomoji:20161028172654j:plain

かつては海の男が来ていたのもウール!私も冬の山に行くときは必ず来ていたのがウールの下着でした。ゴワゴワ、もったり、チクチクしたものでしたが。

雪の企画のご案内 全て最低催行4名様から実施します。

12/25 雪山歩き in 那岐山  

12/31-1/3 南アルプス / 甲斐駒ヶ岳(2967m)と仙丈岳(3033m) 3泊4日

1/14 雪山歩き in 岩籠山

1/15 雪山歩き in 高見山

1/21-22 伯耆大山/弥山(みせん 1711m)

1/28 雪山歩き in 比良・堂満ルンゼ

2/18 雪山歩き in 野坂山