読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

登山と温泉 VOL.01 「中房温泉」

この一帯は有明花崗岩という岩で覆われています。その特徴は燕岳の稜線の様子は特に有名です。

f:id:katomoji:20160908161042j:plain

北アルプス燕岳の登山口にある中房に湧く温泉はとても熱く、地表には湯気がモウモウと立っています。焼岳のような活火山も無いのに、中房温泉はとっても熱いです。

f:id:katomoji:20160908171420j:plain

露天風呂も内湯もあるので、ちょっと贅沢に登山の行き帰りプラス一日してみてはいかがでしょうか。

f:id:katomoji:20160908171355j:plain

花崗岩の稜線から周囲を見回しても火山は見当たりませんが、超火山[槍・穂高] によればこの温泉の熱源は地下4~5km地下にあるマグマだそうです。花崗岩でできたホットプレートのような岩体の割れ目に染み込んだ水が熱せられて、この一帯に上昇して出てきているそうです。

国指定の天然記念物がここ中房温泉にあるのをご存知ですか。中房温泉敷地内を散策すると・・・

f:id:katomoji:20160908160549j:plain

庭内の焼山周遊路をいくと昭和3年に国の指定天然記念物に指定された「膠状珪酸および珪華」を見ることができます。「コウジョウケイサンオヨビケイカ」と読みますよ。

f:id:katomoji:20160908161934j:plain

公益財団法人 八十二財団の解説に依れば、次のように書かれています。

「膠状珪酸は多様な好熱性の原核生物の集合体であるバイオマットとそれに吸着する含水珪酸である。バイオマットの微生物相は、約20億年におよぶ生命の初期進化の過程をほぼ網羅するほどの多様さを持ち、現在も微生物の活性が高い状態にあり、世界的に見ても稀有なものである。珪華は、温泉水が流下する場所に形成された層状の厚みを持つものと、温泉水を伴わず噴気がある場所に形成される薄い皮膜状のものと2通りがある。このうち、層状の珪華は多糖質で覆われた原核生物のコロニーにシリカが付着して沈殿してできたものであり、その延長、厚みとも大規模で、現在も形成が進んでいる。」

f:id:katomoji:20160908161602j:plain

まさに、現在進行形で作られている鉱物です。現地には解説掲示は無いです。大切にしたいですね。

f:id:katomoji:20160908163754j:plain

北海道の話題ですが、温泉中に棲息する糸状藻類やマンガン酸化細菌などの微生物が二酸化マンガンという鉱物の生成に関与しているとして「オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地」が平成12年に天然記念物に指定されました。ところが、何者かが放った温かいオンネトー湯の滝で生育できる「グッピー」が藻類を食べてしまう事態となりました。最近のニュースで地元の努力が実り、グッピーは何とか駆除できたそうです。

★ 今月24日夕方6時から7時、大阪梅田の好日山荘グランフロント店マウントラボにて海外トレックをご紹介するスライド上映イベントを開催します。加藤がご一緒するネパールパノラマトレックも含まれます。お待ちしています。

f:id:katomoji:20160908173119j:plain

★ 11月3日から6日は屋久島宮之浦岳は募集開始しました。 お早めにどうぞ。

★ 11月19日から28日のネパールパノラマトレックを募集開始しました。好日山荘のバックアップを得て、少人数4名から催行(最大15名)です。世界最高峰「エベレスト」と「アマダブラム」「カンテガ」「 タムセルク」など巨峰を巡るトレッキングです。

★ 六甲山を歩き尽そう!シーズン5の日程が決まりました。近日中に申し込み可能となります。10/19(水)  11/16(水)  12/14(水)  1/18(水)  2/8(水) カレンダーチェックよろしくお願いします。全5回ですが、どの回でも一回のみでもご参加可能です。マイナーなルート、破線ルート、廃道ルートを地図と現場と睨めっこしたり、神戸の夜景を見ながら下山したり、交通の便の良い六甲山だからできる登山ツアーです。

★ 少し早いですが、10/13(木)六甲山でウインターギアに馴れよう!を企画しました。カレンダーチェックよろしくお願いします。アイゼン歩行や前爪の使い方などの基本を体験します。まだ、アイゼンを持っていない方、新品のアイゼンでぶっつけ本番にちょっと不安を感じている方向けです。近日中にアップ予定です。