読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好日山荘 ガイドコラム

好日山荘契約ガイドによる山のコラム

この夏覚える高山植物VOL.26  「 エゾノハクサンイチゲ」

★加藤智二 山の植物について

「ハクサンイチゲ」は白い花を咲かせる高山植物の中で、群生のボリューム感といい花の大きさといい高山植物の代表選手だと思います。キンポウゲ科です。北海道利尻島、利尻岳にさく「ハクサンイチゲ」は「エゾノハクサンイチゲ」といいます。果柄が本州アルプスのハクサンイチゲに比べて短くずんぐりしているそうです。

f:id:katomoji:20160706132410j:plain

利尻山の頂上にはお花畑が広がります。

f:id:katomoji:20160706133928j:plain

白色の花弁に見えるのはガクです。雪が消え真っ先に咲いた花もあれば今が盛りの花もあります。中心に集まる雌しべと子房を取り囲むように雄しべがあります。

f:id:katomoji:20160706132614j:plain

種は黒く熟しだしています。

f:id:katomoji:20160706132819j:plain

利尻山のエゾノハクサンイチゲの背後には北の海があるのが不思議な感じです。

f:id:katomoji:20160706133227j:plain

一方、北アルプス涸沢のお花畑に音連れる方も多いかと思います。ハクサンイチゲは変種が多く、四国石鎚山にはシコクイチゲという変種もあるそうです。

f:id:katomoji:20160706133052j:plain

f:id:katomoji:20160706133658j:plain

7月になりました。加藤がご一緒する夏のツアーはすべて催行する予定です。16日発の北アルプス最北端 花の名山 朝日岳も催行決定、残席僅少です。

高山植物の開花が早いという情報が入っています。梅雨上げが気になるところですが、たくさんの花と会えるのが楽しみです。

 タカネマツムシソウ センジュガンピ シコタンソウ ウラシマツツジ ミネズオウ キバナシャクナゲ ツガザクラ コイワカガミ コマクサ チングルマ ウルップソウ ミヤマオダマキ ミヤマクワタ ミヤマアズマギク ハクサンコザクラ ゴゼンタチバナ ツマトリソウ マイヅルソウ ミツバオウレン ウメバチソウ ハクサンイチ シナノキンバイ ミヤマキンポウゲ ミヤマキンバイ ミヤマダイコンソウ ミヤマオダマキ アオノツガザクラ キンコウカとリュウキンカ エンレイソウ サンカヨウ ハクサンフウロ タカネマツムシソウ 

☆ 国立登山研修所友の会のホームページ は登山のお役立ち文献「研修VOL.1~VOL.30」が閲覧できるようになっています。最近開催された研修会の様子もアップしました。